泉昌之のニュース

「孤独のグルメ」原作者、20年前に「おそ松さん」を描いていた?―ネット公開で話題

3 / 2016年01月19日16時25分

女性ファンを中心にTwitter上を席巻する話題作だが、よく似た設定で、20年も前に描かれたのが泉昌之の「おそ松くん」。初出は「コミック・キュー」という漫画雑誌だ。 この泉昌之というのは原作、久住昌之氏、作画、泉晴紀(現在は和泉晴紀名義)氏の共同ペンネームだそう。久住昌之氏は、人気漫画「孤独のグルメ」の原作を手掛けている。 以上はすべて「マトグロッソ」と [全文を読む]


在日ファンク、メジャー1stシングルの“ぜいたく”なジャケ写を公開

2 / 2015年04月01日17時00分

【その他の画像】在日ファンク今回のイラストを手掛けたのは、泉昌之氏 。タイトルトラック「ぜいたく」がテレビドラマ『食の軍師』の主題歌になったことから、漫画「食の軍師」を手掛ける和泉晴紀氏にオファーしたところ快諾となり今作を手掛けることとなった。泉昌之とは、作画を担当する和泉晴紀と原作を担当する久住昌之の2人からなる漫画家コンビ。タイトル“ぜいたく"に相応し [全文を読む]

【電子書籍ランキング.com】マンガ読み放題サービスで柳沢きみおの『夜に蠢く』を含む3作品、計27巻を追加配信!!

1 / 2017年05月16日16時00分

)≪【電子書籍ランキング.com】3作品配信サービス概要≫■配信開始日:2017年5月16日(火)~■URL:http://bit.ly/2pPvvhY■配信タイトル一覧●『夜に蠢く』全18巻/柳沢きみお●『ダンドリくん』全4巻/泉昌之●『三国志 諸葛孔明』全5巻/横山まさみち、林房雄(全3タイトル)<ランキングの提供について>電子書籍ランキング.comに [全文を読む]

『孤独のグルメ』が支持され続ける理由とは? 淡々と紡がれる物語の魅力を読む

1 / 2015年10月22日09時25分

久住は作画の泉晴紀(現在は和泉晴紀)とコンビを組んで泉昌之というペンネームで81年に月刊誌「ガロ」に持ち込む。デビュー作となった『夜行』はトレンチコートを着た渋い男が、夜行列車の中で、駅弁の幕の内弁当を「どういう順番で食べたら美味しくいただけるか」を、モノローグで淡々と実況する作品だった。いわゆる、ハードボイルド小説のパロディなのだが『孤独のグルメ』でも [全文を読む]

「食の軍師」撮了で津田寛治「踊り狂っていた」

1 / 2015年05月20日19時53分

「食の軍師」は、「孤独のグルメ」(テレビ東京系)などを手掛けた原作者の久住昌之と漫画家・泉晴紀の“泉昌之”コンビによる同名作品が原作。 食事に独特のこだわりを持つ中年男性・本郷(津田)は心の中の“食の軍師”諸葛亮孔明(篠井英介)の進言に従いながら、青年・力石(高岡奏輔)とのくだらなくも楽しい食のバトルを毎話にわたって展開。20日放送の第8話では、ホテルバ [全文を読む]

ニコ・ニコルソン新刊 『ニコ・ニコルソンのオトナ☆漫画』発売

1 / 2013年04月18日10時32分

』きら 『銀牙伝説ウィード』高橋よしひろ 『夏目友人帳』緑川ゆき 『ひまわりっ~健一レジェンド~』東村アキコ 『おやすみプンプン』浅野いにお 『JIN-仁-』村上もとか 『巨娘』木村紺 『ヒストリエ』岩明均 『3月のライオン』羽海野チカ 『町でうわさの天狗の子』岩本ナオ 『アオイホノオ』島本和彦 『百舌谷さん逆上する』篠房六郎 『高校球児ザワさん』三島衛里 [全文を読む]

『孤独のグルメ』『花のズボラ飯』原作者 久住昌之氏の新刊『久住昌之のこんどは山かい!? 関東編』を刊行

1 / 2013年04月05日11時48分

漫画家の和泉晴紀とのコンビ、「泉昌之」名義で多くの話題作を発表。また実弟の絵本作家、久住卓也とマンガユニット「Q.B.B」を組み、『中学生日記』(扶桑社文庫)で文春漫画賞を受賞。著書に、『孤独のグルメ』(原作)、『花のズボラ飯』(原作。『このマンガがすごい! 2012』〔宝島社〕でオンナ編1位)、『野武士のグルメ』など多数。2012年10月~12月まで、『 [全文を読む]

フォーカス