赤木春恵のニュース

校長役がもっとも似合う俳優は?トップに選ばれたのはあの大物

しらべぇ / 2017年03月18日08時00分

赤木春恵・中尾彬・名古屋章・井上順・黒木瞳谷原章介・ふせえり・マキタスポーツ・戸田恵子・高橋克実■栄えある1位は...『3年B組金八先生』君塚校長役の赤木春恵結果、1位に輝いたのは『3年B組金八先生』で君塚校長役を演じた赤木春恵で225票。(画像は赤木春恵 所属事務所「オフィスのいり」公式サイトのスクリーンショット)1979年から2011年までの32年にわ [全文を読む]

ギネス認定の赤木春恵さん「ありのままの私で生きています」

NEWSポストセブン / 2015年01月03日16時00分

これまで出演した作品は映画だけで130本以上に及ぶ赤木春恵さん(90才)。83才の時に乳がんを患ったが手術を受け、見事克服。2013年公開の映画『ペコロスの母に会いに行く』では俳優人生73年にして初の主演を果たし、史上最年長主演女優としてギネスに認定された。赤城さんはその特別試写会に車いすで出席した。 「足の関節を痛めているんです。ドクターからは、『あな [全文を読む]

女優、赤木春恵さんが語る「自らの介護体験」

PR TIMES / 2014年12月05日11時16分

12月号の表紙を飾るのはテレビドラマ「3年B組金八先生」「渡る世間は鬼ばかり」にご出演の赤木春恵さん。 88歳にして「最高齢での映画初出演女優」のギネス認定を受けるなど、年齢を重ね、ますます深みのある演技をみせ、2013年11月に全国公開の『ペコロスの母に会いに行く』では 認知症を持った家族を抱える家族の日常を、シリアスかつユーモラスに演じられている赤木さ [全文を読む]

89歳で映画初出演… 赤木春恵「40歳で花開くと信じていた」

WEB女性自身 / 2013年04月28日07時00分

『渡る世間は鬼ばかり』のキツイ姑役などの脇役で注目された赤木春恵さん(89)。そして40歳を軽く越えて、33年ぶり、89歳でつかんだ映画初主演。認知症の母を介護する息子を描く感動作『ペコロスの母に会いに行く』。事務所の仕事もする娘の介助を受けながら、赤木さんは車椅子で前を向いて歩み続ける。「母のトラヨは80歳を過ぎて関節リウマチにかかり、転んだことが原因で [全文を読む]

『ペコロスの母』を演じた女優赤木春恵さん「自らの介護体験」を語る

認知症ねっと / 2014年12月10日14時39分

排泄に関わるケア公益社団法人日本認知症グループホーム協会東海北陸ブロック静岡県支部では、2015年1月18日、認知症ケアに関わる人を対象に、「『気持ちよい排泄』を支えるケア」のセミナーを開催する。人間にとって、毎日の生活に欠かせないものは、食べることと排泄すること。排泄に関わるケアは、本人にとっても介護する側にとっても、心身の負担が大きく、在宅での介護を継 [全文を読む]

一青窈が話題の映画「ペコロスの母に会いに行く」主題歌を担当

okmusic UP's / 2013年06月06日12時00分

物語の舞台である長崎出身の森﨑東が監督を務め、岩松了、赤木春恵、原田貴和子、加瀬亮、竹中直人ら豪華キャストが出演する。 プロデューサーの熱烈なラブコールを受けた一青窈は、映画のために新曲「霞道(かすみじ)」を書き下ろした。霞がかった道を母親の車椅子を押して進む息子の姿、そして二人の進む先を明るく照らしだす感動的な楽曲となっている。 今回のタイアップを記念し [全文を読む]

今年も「渡鬼」が帰って来る!見どころは嫁姑問題?

Smartザテレビジョン / 2017年05月12日17時01分

思い返せば「渡鬼」は最初、キミ(赤木春恵)と五月のギクシャクが物語の中心でした。その立場が今、変わろうとしています。家族のドラマというのはつくづく奥が深いとも思います。最新作をぜひお楽しみ。 [全文を読む]

今年も「渡鬼」が帰ってくる! 「新しい“嫁姑問題”が起きてきそう」

CinemaCafe.net / 2017年05月11日17時30分

これがきっかけで新しい“嫁姑問題”が起きてきそうです」と今回の内容について明かし、「思い返せば『渡鬼』は最初、キミ(赤木春恵)と五月のギクシャクが物語の中心でした。その立場がいま、変わろうとしています。家族のドラマというのはつくづく奥が深いとも思います。最新作をぜひお楽しみに」と語っている。 [全文を読む]

『渡鬼』今年も放送 “嫁姑問題”は次世代へ…

ORICON NEWS / 2017年05月11日11時54分

「思い返せば『渡鬼』は最初、キミ(赤木春恵)と五月のギクシャクが物語の中心でした。その立場が今、変わろうとしています。家族のドラマというのはつくづく奥が深いとも思います」と“嫁姑問題”もキミ&五月から五月&貴子へ…? 石井プロデューサーは「最新作をぜひお楽しみに」と呼びかけている。 [全文を読む]

『渡る世間は鬼ばかり』今年も放送! 新装幸楽や眞夫婦の子育て描く

マイナビニュース / 2017年05月11日11時40分

「思い返せば『渡鬼』は最初、キミ(赤木春恵)と五月のギクシャクが物語の中心でした。その立場が今、変わろうとしています。家族のドラマというのはつくづく奥が深いとも思います。最新作をぜひお楽しみに」と呼びかけている。 (C)TBS [全文を読む]

フォーカス