三河武士のニュース

【真田丸】関ヶ原の勝敗を分けた「関ヶ原の外」の戦いとは

しらべぇ / 2016年08月28日05時30分

三河武士の鏡関ヶ原の遥か東方、上田城で真田昌幸・幸村の親子が籠城した「第二次上田城合戦」。この戦いで真田軍は、徳川秀忠の大軍をその場に釘付けにした。もし秀忠の部隊が上田城を無視して素直に西へ向かっていたら、家康はもっと有利な条件で関ヶ原を戦うことができたはずだ。だがじつは、秀忠以上のミスを西軍の将が何度もやらかしてしまっている。つまり「戦略上無意味な拠点 [全文を読む]

道路交通法:歴史の途上:真田幸村のアナザーフィクション

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2016年11月09日09時00分

さすがは三河武士だなぁ。愛知県の企業と結び付きが強いと見るわぁ。して、肝心の家康殿は何のクルマで出陣だ? <佐助> トヨタ・スポーツ800です。 <幸村> バリバリのクラシックカーだな。あの野郎、趣味のクルマで戦いに来るとは不届き至極。この場で成敗してくれるわ。 <佐助> ノリノリのところ申し訳ありませんが、さきほど運転免許の試験結果通知が届いたようです。 [全文を読む]

真田丸『第22話』解説。北条家は秀吉に「勝つ」ためにどんな準備をした?

まぐまぐニュース! / 2016年06月05日13時00分

役者が一枚上手だった #真田丸 — 呉紋@おっさん (@gomonz) 2016年6月5日 北条「沼田は我々のもの」真田「いや沼田は我々が自力で奪い取ったもの」徳川「北条どのはご自由に奪い取りなされ」 神奈川「町田は神奈川のもの」町田「いや町田はもともと東京のもの」東京「神奈川どのはご自由に」#真田丸 — はつゆき (@HatsuyukiBlue) 201 [全文を読む]

日本の思想と手法を活かし、時代を切り開く企業家育成塾「21世紀義塾」4月23日(土)開講

@Press / 2016年03月11日10時00分

その源流にあるのは江戸時代の「三方良し」の思想「四民日用」を書いた三河武士出身の僧侶、鈴木 正三です。そして兵法「五輪書」の宮本 武蔵も鈴木 正三と同じ戦国時代から江戸時代初期の思想家です。「編集工学」を体系化している現代の思想家、松岡 正剛先生を模倣して古今東西のマネジメントの知を編集すると「日本」という手法には時代を超えた21世紀の普遍的な道具となる可 [全文を読む]

ひとづくり・ものづくり日本のルネッサンスを目的とし『株式会社21世紀ものづくり日本』を設立&日本再興プロジェクト始動

@Press / 2015年05月29日13時00分

その思想は江戸時代初期に近江商法に影響を与えた三河武士出身の僧侶、鈴木 正三の士農工商の仕事の哲学「四民日用」の思想と重なります。~米国流MBA~ 「欧米流の株主資本主義に日本の経営者は洗脳されている」と指摘する米シリコンバレーで活躍するベンチャーキャピタリストの原丈人氏は米国流MBA教育批判者です。「MBAは会社を滅ぼす」で有名なカナダの経営学者ヘンリー [全文を読む]

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」が「日本刀」と奇跡的なコラボレーション!『ヱヴァンゲリヲンと日本刀展』愛知県岡崎市にて12月1日(土)より開催

@Press / 2012年11月28日10時30分

“全国の刀匠たちが挑んだヱヴァンゲリヲンの世界”― 作品に登場する槍や刀剣、さらに作品からインスピレーションを受けたオリジナルの一振りなど、刀剣界がその伝統の技を惜しみなく注いで製作した数々の新作刀剣類を展示する『ヱヴァンゲリヲンと日本刀展』が、三河武士と徳川家康を育んだ地、愛知県岡崎市にて12月1日(土)から2月17日(日)まで開催されます。 「ヱヴァン [全文を読む]

フォーカス