佐藤春夫のニュース

【書評】米国何するものぞ。国を思う文士・阿川弘之の憤慨録

まぐまぐニュース! / 2017年02月22日12時52分

佐藤春夫は「日本は戦争に勝ったんだ、戦闘に負けただけだ」と主張する。 佐藤説によれば「日本は確かに戦闘には負けた、しかし、日本の戦争目的は植民地にされているアジアの国々を独立させることだったんだ、それならこんにち、フィリピンもインドネシアもインドもビルマも、みな独立したじゃないか、あの戦争があってようやく独立出来た、つまり、日本の戦争目的が達成されたわけで [全文を読む]

長崎訓子が描く、奇妙でカワイイ名作文学『MARBLE RAMBLE 名作文学漫画集』刊行

ダ・ヴィンチニュース / 2015年08月20日17時30分

【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら 同書は夏目漱石、佐藤春夫、海野十三、向田邦子など、日本が誇る作家・文豪たちの名作短編を中心にマンガ化。しかし、古今東西、奇妙奇天烈な作品を扱っているため、おかしく、かわいらしく、そして恐ろしい内容となっている。 例えば、『阿修羅のごとく』『寺内貫太郎一家』など、シナリオライターとしても知られる向田邦子の「鮒」。家族 [全文を読む]

長崎訓子が描く、奇妙でカワイイ名作文学『marble ramble 名作文学漫画集』刊行のお知らせ

PR TIMES / 2015年08月18日12時02分

夏目漱石、佐藤春夫、モーパッサン、梅崎春生、海野十三、向田邦子、横光利一など収録。[画像2: http://prtimes.jp/i/12505/62/resize/d12505-62-789262-5.jpg ][画像3: http://prtimes.jp/i/12505/62/resize/d12505-62-880684-4.jpg ][画像4: [全文を読む]

「私を忘れないで下さい」新たに発見された太宰治の芥川賞懇願の手紙、その人間らしさに驚きの声

ダ・ヴィンチニュース / 2015年09月11日17時30分

同氏が若き日に作家・佐藤春夫に宛てて書いた手紙が、2015年9月7日(月)に新たに発見された。何の因果か、又吉が獲得した「芥川賞」を懇願する手紙の内容、そしてその想いの強さに世間からも注目が集まっている。 【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら 明治42年、現在の青森県五所川原市に生まれた太宰は、10代より作家を志望し、同人雑誌『蜃気楼』や『細胞文芸』を [全文を読む]

暑い夏にオススメ! 初心者でも楽しめる怪談本ランキング

ダ・ヴィンチニュース / 2013年08月11日07時20分

関連情報を含む記事はこちら【1位】『私は幽霊を見た 現代怪談実話傑作選』 佐藤春夫、遠藤周作、水木しげる、新倉イワオ、稲川淳二ほか/著 東 雅夫/編 メディアファクトリーMF文庫ダ・ヴィンチ 730円佐藤春夫、遠藤周作、水木しげる、新倉イワオ、稲川淳二といった面々が放った名作怪談を厳選。昭和期の日本を恐怖させた、怪談のスタンダードを知ることができる定番の一 [全文を読む]

『文豪とアルケミスト』ファンが「赤旗」紹介記事に「小林多喜二を政治利用するな」! 君たち、多喜二のこと知ってる?

リテラ / 2017年03月22日14時31分

これは、イケメンの二次元キャラになった近代文学の文豪たちを戦わせるゲームで、登場人物には、太宰治、芥川龍之介、宮沢賢治といった超有名作家から、佐藤春夫、中野重治、徳田秋声といった渋いラインナップまで取り揃えているのだが、そのなかでも人気キャラなのが小林多喜二である。 スマートな体型にフード付きのロングコートが映え、ロン毛をなびかせながら剣を操る姿も格好いい [全文を読む]

「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」、第III期いよいよ刊行開始!最新刊は太平洋戦争前夜までを描いた超絶技巧の作家たちの傑作・名作ぞろい!

PR TIMES / 2017年03月10日14時24分

」 【『近現代作家集 I』収録作家・作品一覧】 久生十蘭「無月物語」 神西清「雪の宿り」 芥川龍之介「お富の貞操」 泉鏡花「陽炎座」 永井荷風「松葉巴」 宮本百合子「風に乗って来るコロポックル」 金子光晴「どくろ杯(抄)」 佐藤春夫「女誡扇綺譚」 横光利一「機械」 高村薫「晴子情歌(抄)」 堀田善衞「若き日の詩人たちの肖像(抄)」 岡本かの子「鮨」 【書誌 [全文を読む]

掘り起こしたくない黒歴史、あなたは持っていますか?

マイナビ進学U17 / 2016年09月23日00時16分

彼は芥川賞に並々ならぬ執着心を抱いていて、生前、芥川賞選考委員で作家の佐藤春夫に書簡3通を送っています。そのうちの1通は、芥川賞の受賞を懇願する内容でした。「第二回の芥川賞は、私に下さいまするやう、伏して懇願申しあげます」「佐藤さん、私を忘れないで下さい。私を見殺しにしないで下さい」など、長さ約4メートルの巻紙に毛筆でしたためられていました。黒歴史とは少し [全文を読む]

ミサワホームグループと京セラで共同実証エネルギー自家消費型住宅の実証実験を開始

@Press / 2015年09月24日14時30分

○電気やガスを遮断した状態で、自家発電エネルギーによる生活継続が可能かを検証○京セラの新製品「マルチDCリンクタイプ」蓄電システムをモデル住宅に採用○ミサワホームが提唱する防災・減災ソリューション「MISAWA-LCP」の一環として実施ミサワホーム株式会社(本社 東京都新宿区/代表取締役社長執行役員 竹中宣雄)、株式会社ミサワホーム総合研究所(本社 東京都 [全文を読む]

太宰治が川端康成に逆ギレの真実は? 芥川賞の歴史を解く

ダ・ヴィンチニュース / 2015年08月09日06時30分

その後の太宰は選考委員であり、太宰を支持した佐藤春夫の家に通い親しくなるとともに、芥川賞懇願の手紙を送っている。しかし、第2回は候補になることもなく、第3回には大悪党とまで罵った川端康成に宛てて、長さ4メートルに及ぶ芥川賞懇願の書簡を送りつけ芥川賞を切望するが、とうとう受賞できず願いが叶うことはなかった。●芥川賞だけが新人賞ではない 芥川賞をとらなかった [全文を読む]

愛ゆえに自ら針で目を突き、盲目となったことが人生最大の喜び! 谷崎潤一郎『春琴抄』| 連載最終回

ダ・ヴィンチニュース / 2015年08月08日06時30分

美少女を薬で眠らせて背中にコッソリ大きな蜘蛛の入れ墨を彫ったことが悪女誕生のきっかけとなる『刺青』、遊びがエスカレートし、まだ10歳の少年がドMへの扉に手をかける『少年』、堅物のサラリーマンが「リアル美少女育成ゲーム」で大失敗(ある意味では大成功?)してしまう『痴人の愛』、普通の刺激に飽きた男が女装にハマる『秘密』、複雑に入り組む男女関係の上に猫様が君臨す [全文を読む]

"文豪女子”必見!『文豪ストレイドッグス』漫画家・春河35氏描き下ろし「谷崎潤一郎&妹・ナオミ」のキャラ絵を特別展示!~谷崎潤一郎の新資料発見で~

PR TIMES / 2015年05月01日09時25分

今月、自身の一人娘に宛てた大量の手紙や、作家で詩人の佐藤春夫に宛て人妻との恋を打ち明けた手紙、「細雪」などの創作ノートを撮影した印画紙が新たに発見されたことが発表され、急速に注目が集まっている文豪、谷崎潤一郎。このニュースを知った『文豪ストレイドッグス』漫画家の春河35(はるかわさんご)氏より、県立神奈川近代文学館とのコラボを激励する、本作のキャラクター「 [全文を読む]

【変人ばっかり】童貞? 風呂嫌い? あの文豪たちの知られざる意外な一面とは

しらべぇ / 2015年02月14日08時00分

続く、第2回でも芥川賞落選となり、今度は選考委員・佐藤春夫と騒動になっているのだから、もう目も当てられない。 ■姪と「関係」→それをネタに小説を書いた男:島崎藤村 画像出典:Amazon http://www.amazon.co.jp/%E3%80%8E%E5%B3%B6%E5%B4%8E%E8%97%A4%E6%9D%91%E5%85%A8%E9%9B% [全文を読む]

五感で自然を堪能できる癒しの地、青森県の奥入瀬渓流に行ってみた

GOTRIP! / 2015年02月09日05時21分

かつて高村光太郎、佐藤春夫などの明治の文人・芸術家に絶賛されたこの地、名前は聞いたことある、写真は見たことがある人は多くとも、かつては現地までのアクセスが大変だったからか、実際に足を運んだことがある人は少ないらしいとのこと。そこで、奥入瀬渓流の成り立ちから少しお話してみます。 おおよそ20万年もの前に始まった火山活動、大噴火などを経て、山の一部が陥没。こ [全文を読む]

猫の舌のようにざらりとした読後感…《猫》短篇集『猫は神さまの贈り物』<小説編>&<エッセイ編>4月29日2冊同時発売!

PR TIMES / 2014年04月10日13時57分

……………………………………………………………………………………………◆4月29日、<小説編><エッセイ編>2冊同時発売!『猫は神さまの贈り物』<小説編>◆収録作家(掲載順)森茉莉『黒猫ジュリエットの話』、吉行理恵『雲とトンガ』、室生犀星『猫のうた』『愛猫』、佐藤春夫『猫と婆さん』、小松左京『猫の首』、梅崎春生『大王猫の病気』、宮沢賢治『どんぐりと山猫』、 [全文を読む]

フォーカス