田口智治のニュース

歌のお兄さん逮捕で再燃?すべてを破壊する覚醒剤の恐怖

しらべぇ / 2016年04月16日05時30分

そしてそれから間を置かず、紅白歌合戦にも出場したロックグループ『C-C-B』の元メンバー田口智治容疑者も逮捕された。一時期の危険ドラッグ汚染をようやく克服したかに思えた矢先、今度は再び覚醒剤の存在がクローズアップされている。とくに田口容疑者は執行猶予中の再犯ということもあり、麻薬依存の恐ろしさが一般市民にも再認識される形となった。■知人が逮捕された人の割合 [全文を読む]

清原和博、高知東生、高樹沙耶、ASKA......相次いだ有名人の薬物事件! 彼らはなぜドラッグに?

ヘルスプレス / 2016年12月20日22時37分

4月14日には、元C-C-Bの田口智治が覚せい剤取締役法で逮捕。田口は前年にも同容疑で逮捕されており、懲役1年6カ月、執行猶予3年の判決を受けていた。今年の逮捕では7月に判決が下され、懲役1年6カ月、うち懲役4カ月を保護観察つき執行猶予2年の判決が言い渡された。 そして、元俳優・高知東生が覚せい剤取締法と大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕されたのは6月24 [全文を読む]

覚醒剤再犯者率「65%」どう防げば?…「精神が弱いから」という社会の意識の変化を

弁護士ドットコムニュース / 2016年07月04日09時55分

覚醒剤取締法違反(使用)の罪に問われたロックバンド「C-C-B」の元メンバー田口智治被告人の初公判が6月28日に横浜地裁で開かれた。 報道によると、田口被告人は昨年9月にも同法違反(使用等)の罪で懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受けており、今回、再び覚醒剤を使用したとして、罪に問われている。田口被告人は罪を認め、古い友人から自宅に覚醒剤が送られてきた [全文を読む]

伊勢谷友介は奇行好き? シャブ中は必ずスベる? 岡本夏生は大丈夫?……芸能界“不安”な人々

日刊サイゾー / 2016年04月16日13時00分

で、誰だっけ?記者F 田口智治と杉田光央です。デスクT えーっと、誰だっけ、それ?記者F 田口は元C-C-Bのキーボードで、杉田は1999年から2003年まで『おかあさんといっしょ』に出てた「あきひろお兄さん」ですよ。知らないんですか?デスクT 知らないよ。C-C-Bなんてドラムの人しか知らないでしょ、普通。「長いキッスの~」の人の顔はわかるけど、「フー! [全文を読む]

「C-C-B」に「歌のおにいさん」連続覚せい剤逮捕! 根深い芸能界薬物汚染の「深層」とカラクリ

Business Journal / 2016年04月14日17時00分

14日、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、バンド「C-C-B」の元メンバー・田口智治容疑者(55)が神奈川県警に逮捕された。田口容疑者は昨年7月にも覚せい剤所持で逮捕されており、執行猶予の中にあった。 「またやってしまったか」と田口容疑者の逮捕に世間が耳を傾けたのも束の間、今度はNHKの番組で"歌のお兄さん"として出演していた俳優の杉田光央容疑者が覚醒剤 [全文を読む]

有名熟年女優や二世タレントの名前も!? 麻薬特例法適用で戦々恐々とする芸能人

日刊サイゾー / 2015年07月13日11時00分

覚せい剤事犯では、先日もロックバンド「C-C-B」の元メンバー・田口智治容疑者が逮捕されたばかり。相次ぐ逮捕劇に、戦々恐々としている芸能人は多い。 しかも、今回適用されたのは、国際連合条約を実施するための国内法である麻薬特例法違反容疑。薬物事件に詳しいライターは「覚せい剤事件は現行犯逮捕が基本でしたが、麻薬特例法は現物がなくても、容疑者が薬物を購入した証 [全文を読む]

フォーカス