佐川清のニュース

ヤマトと佐川急便の2強が繰り広げる「運賃ダンピング合戦」

NEWSポストセブン / 2015年09月26日16時00分

ある業界関係者は現状を指して、「佐川清(佐川急便創業者)と小倉昌男(ヤマト運輸元社長)という二人のカリスマ亡き後の、ビジョンなきシェア争いの結果だ」という。 佐川清は企業間の荷物に的を絞り佐川急便を急成長させてきた。一方、小倉昌男は個人間の荷物を主戦場と決めて宅急便を成長させてきた。その二強が、通販から出る企業発個人向けの荷物を奪い合い、運賃のダンピング [全文を読む]

【お家騒動】「大塚家具」だけじゃない有名企業の親子バトル

デイリーニュースオンライン / 2015年03月07日09時50分

「佐川急便」創業者の佐川清氏が、経営方針で対立していた大阪佐川社長で、実の息子の栗和田榮一氏を解任(注2)。 2014年。三重県の老舗和菓子製造販売の「赤福」で、浜田典保社長が退任し、後継社長に実の母、77歳の勝子氏がついた。 2015年。ロッテグループの持株会社ロッテホールディングス(HD)は重光宏之副会長について、ロッテ商事の社長など兼務するグループ3 [全文を読む]

「脱法体質」佐川急便、上場で億万長者社員続出か…運転手一斉検挙や暴力団利益供与も

Business Journal / 2017年03月23日06時00分

●筆頭株主は従業員持株会 佐川急便は1957年、故佐川清氏が京都府で創業。「飛脚宅配便」で知られる宅配便事業を全国に展開して急成長した。06年に純粋持ち株会社SGHDを設立、佐川急便はその100%子会社となった。 SGHDの17年3月期の連結決算は、売上高に当たる営業収益が前年同期比2%減の9200億円、営業利益は7%減の500億円、純利益は7%減の315 [全文を読む]

90億円不正流用で海外逃亡中の佐川印刷元役員 逮捕直前手記

NEWSポストセブン / 2016年11月15日07時00分

佐川急便に飛び込み営業をして、創業者の佐川清会長(故人)に気に入られたことを機に急成長し、佐川急便の出資を受けたことから社名を佐川印刷に変更した。 湯浅氏は1983年9月、佐川印刷に中途入社。財務・経理畑を中心にコツコツと勤め上げ、2003年4月に財務・経理部長となり、2012年4月から総務・財務・経理の取締役に就任した。「会社の金庫番とも言うべき立場で、 [全文を読む]

9月は病や不祥事に注意!今月お参りするべき全国の神社23選

まぐまぐニュース! / 2015年09月04日03時00分

なぜ観賞用なのでしょうか? その御神輿は佐川急便の佐川清が神社に奉納したもので、神輿の鳳凰の胸に7カラットのダイヤ、鳳凰の目は4カラットのダイヤ、1対の鳳凰の鶏冠にルビー2,010個、狛犬の目に3カラットのダイヤ、2対隅木の目に1カラットのダイヤ、4対小鳥の目に1カラットのダイヤ、4対の屋根に純金24kg、その他プラチナ、銀、宝石を多数使用しているのです! [全文を読む]

串刺し、サバ読み、2トンのエビアン... 吉本入りしたプリンセス天功を再評価!?

tocana / 2013年11月29日07時00分

当時の後援会長は、「日本一のタニマチ」とも呼ばれた佐川急便創業者の故・佐川清氏であった。アイドル時代のプロフィールによると彼女の現在の年齢は54歳だが、3歳サバを読んでのデビューだったという噂もあり、57歳という説もある。 1995年~96年、米国ではアニメ『テンコー&ザ・ガーディアンズ・オブ・ザ・マジック』(全13話)が放送され、テンコー人形はクリスマス [全文を読む]

日本の社内クーデター史 三越、フジテレビ、エイベックス他

NEWSポストセブン / 2013年06月30日07時00分

【佐川急便】2000年6月:創業者佐川清氏が経営方針で対立していた息子で大阪佐川社長の栗和田榮一氏を解任。ところが次期社長に栗和田氏が再選され、逆に旧経営陣が追放された。 【マイカル】2001年9月:元警察官僚の四方修社長が会社更生法申請を諮ろうとしたところ、取締役会で解任。 【エイベックス】2004年8月:会長兼社長の依田巽氏と、創業者松浦勝人氏の経営 [全文を読む]

フォーカス