宇野千代のニュース

工藤美代子が語る 宇野千代は100年程時代を先駆けた人

NEWSポストセブン / 2015年05月17日16時00分

【話題の著者に訊きました】『恋づくし――宇野千代伝』(工藤美代子・著/中央公論新社/1863円) 「2年半ほど前に、知り合いの女性編集者が大失恋したんですね。生きるか死ぬかの大騒ぎだったので、宇野さんの随筆にあるように、『泣くだけ泣いたら、綺麗にお化粧して一番いい服を着て、誰でもいいから会いに行きなさい』と彼女に本をすすめたんです」(工藤さん・以下「」内同 [全文を読む]

90歳の美肌に学ぶ!白いモチ肌をつくる「オリーブオイル美容」

LBR - Life & Beauty Report / 2015年02月07日12時00分

90歳を超えても白い絹のような肌の持ち主だったという、作家・宇野千代さんをご存知ですか? 恋多き女性として有名だった彼女は、独特な恋愛観と美しい肌で多くの男性を虜にしたのだとか。その宇野千代さんが長年続けていたのが、ここ数年流行しているオイル美容。美肌美人は、すでに昭和から取り入れていたようです。今日は宇野千代さんが長年愛用していた「オリーブオイル」にスポ [全文を読む]

離婚を恐れない生き方 いい男は昔の男を忘れ去った頃にやってくる

ウートピ / 2016年08月24日20時00分

宇野千代(『恋愛作法 愛についての448の断章』集英社)そんななか、買ったことを忘れていた本が、書棚から出てきた。それこそが私の傷口を少しずつ、やさしく埋めてくれた一冊『恋愛作法 愛についての448の断章』だ。作家で実業家、デザイナーなどさまざまな顔を持ち、大正から平成まで時代をまたいで98歳で亡くなるまで、活躍を続けた宇野千代先生。作家の尾崎士郎氏や画家 [全文を読む]

GWにぜひ!歌川広重が描いた浮世絵をたどって旅行に出てみませんか?

Woman Insight / 2015年04月14日08時00分

そして、岩国出身の作家、宇野千代の生家にも足をのばしたら、今夜の宿泊地であり、次なる広重浮世絵ポイント、安芸の宮島を目ざして16時すぎに岩国を出発! フェリーを乗り継いで17時には、宮島の名旅館「岩惣(いわそう)」に到着。ここの離れには、数多の著名人が宿泊したことでも有名です。そして、広重の名作ふたつめの厳島神社大鳥居にも出合えます。 ↑(上段/右)岩国 [全文を読む]

NHK朝ドラ「花子とアン」聖地巡礼ガイドの決定版! 『「花子とアン」のふるさとから』 馬込文士村散策マップ&文士人名解説つき!

PR TIMES / 2014年10月31日11時10分

<<目次>>一の章 ドラマ『花子とアン』の魅力を語り尽くす“重症”朝ドラマニアが見た『花アン』の魅力/あえて疑問点をさがすと…/韓流演出をうまく咀嚼した中園脚本/(人名解説)村岡花子/柳原燁子=百蓮/片山廣子/吉高由里子/中園ミホ/村岡恵理二の章 三島由紀夫はなぜ、馬込に居を構えたのか?環七は「谷中通り」だった/自決の日、馬込界隈にて/意外と付き合いの良か [全文を読む]

仕事に生きて暮らしを愛す 現代女性が憧れる「昭和の女性」

anan NEWS / 2016年10月01日20時00分

恋多き女として知られる宇野千代や瀬戸内寂聴などの姿に、自分の情熱や欲望に素直に従う大切さを教えられます。 ※『anan』2016年10月5日号より。イラスト・村上テツヤ [全文を読む]

「嫌いな男の砂糖より、好きな男の塩がいい」こじらせてばかりいないで素直になれる”恋する女の深い言葉”【マリリン・モンロー、乙羽信子、マツコ・デラックス…】

ダ・ヴィンチニュース / 2016年04月15日11時00分

揺るぎない生涯の愛を掴んだ彼女にしか言えない名言ではないだろうか? その他、ココ・シャネル、エディット・ピアフ、瀬戸内寂聴、ダイアナ元イギリス皇太子妃、松田聖子、宇野千代、川島なお美、オノ・ヨーコ、大竹しのぶ、桃井かおり、マドンナなど、恋する女(ひと)は錚々たる顔ぶれだ。 名声を得て、同世代にとって憧れの存在であったある彼女たちが、ひとりの女性として悩みな [全文を読む]

人には言えない?「失恋のストレス」から立ち直る驚愕の手段

しらべぇ / 2016年04月08日18時00分

そうした弱い心にけじめをつけるために、独自の儀式をして決別しているのだろうか?多くの恋愛遍歴を持ち『恋愛作法 愛についての448の断章』など失恋バイブルを数多く執筆した作家の故・宇野千代さんは、 「失恋体操」と名付け、ひとりで布団にくるまり絶叫、号泣することでケロッと「失恋の虫」が落ちたと生前に語っている。失った恋を忘れるためには、体力が必要なのかもしれな [全文を読む]

【書評】「言」と「行」の狭間から浮かぶ中曽根康弘氏の実像

NEWSポストセブン / 2016年03月01日07時00分

【書評】『中曽根康弘 「大統領的首相」の軌跡』/服部龍二・著/中公新書/900円+税 【評者】平山周吉(雑文家) 『私何だか死なないような気がするんですよ』とは九十八歳まで生きた宇野千代最後の本のタイトルだが、九十七歳の「風見鶏」、いや「大勲位」の鼻息は、いまだ現役政治家である。“高論卓説”が節目節目に、新聞や雑誌を飾ることおびただしい。 「棺を蓋いて事定 [全文を読む]

日本酒情報検索アプリ『Sakenomy(サケノミー)』日本酒情報検索アプリの有料会員向けサイト『Sakenomy Club』を開始

PR TIMES / 2015年10月01日13時22分

収録予定誌・書籍: 「一個人」(KKベストセラーズ・第2号から)「酩酊女子」(ワニブックス)他(順次追加予定) [画像2: http://prtimes.jp/i/2943/276/resize/d2943-276-405924-2.jpg ] ■表紙題字は、書家 山本一遊(「獺祭」ラベル・宇野千代文学碑 他) 【2】会員限定クーポン ■日本酒がおいしい [全文を読む]

フォーカス