小栗康平のニュース

『アメリ』プロデューサーが語る、仕事で成功する方法「何様だ!と言われても、いいと思ったらやる」

ウートピ / 2015年11月24日19時24分

彼女が製作に関わった『FOUJITA』は、フランスで人気を博した日本人画家・藤田嗣治の1920年代パリ時代と、1940年代日本時代を描いた美しい映画です(監督は『死の棘』でカンヌ国際映画祭グランプリを受賞した小栗康平監督)。パリ出身のクローディーさんに、フランス女性の生き方、そして自分らしく生きるコツを聞いてきました。新しい才能との出会いがモチベーション― [全文を読む]

作曲家の真鍋理一郎さんお別れ会。日程は2015年4月18日12時から。(スリーシェルズと東宝ミュージックの共催)

DreamNews / 2015年03月19日15時30分

発起人は、助川敏弥(作曲家)、貝山知弘(映画プロデューサー)中野昭慶(映画監督)小栗康平(映画監督)山本純ノ介(作曲家)和田薫(作曲家)奥平一(音楽家)。(以上敬称略)作曲家 真鍋理一郎さん「お別れの会」のご案内 株式会社スリーシェルズは、東宝ミュージックと共催で、2015年1月29日に亡くなった作曲家の真鍋理一郎(眞鍋理一郎)のお別れ会を行う。真鍋と親し [全文を読む]

満島ひかりの歌声が儚い恋模様を彩る「海辺の生と死」予告編

映画.com / 2017年05月09日12時00分

小栗康平監督によって映画化もされた島尾敏雄氏の私小説「死の棘」に、同氏の妻である島尾ミホ氏の小説「海辺の生と死」や敏雄氏による短編小説「島の果て」などの内容を織り交ぜて実写映画化。奄美のカゲロウ島で暮らす国民学校の教師・大平トエ(満島)と、突然海軍の特攻艇隊隊長に任ぜられた朔中尉(永山絢斗)が惹かれあっていく様を描く。トエはミホ氏、朔は敏雄氏をモデルにし [全文を読む]

【書評】狂っていたのは夫か妻か──伝説を覆す評伝文学の傑作

NEWSポストセブン / 2016年12月19日16時00分

『死の棘』は「私小説の極北」(奥野健男)と評価されるなどして数々の文学賞を受賞し、小栗康平が監督した映画もカンヌ映画祭で審査員グランプリを受賞した。そうした過程で、著名な評論家や作家により、作品は「究極の夫婦愛」を描いたもので、ミホは「純粋無垢ゆえに狂気に至った聖女」であると位置づけられるようになった。 だが、著者はそれは「神話」だとして、丁寧に事実を拾い [全文を読む]

名匠・小栗康平監督が描く、『FOUJITA』が見た日本

Movie Walker / 2015年11月30日07時00分

小栗康平監督が、映画の中に流れる「空気」について話してくれた。■フジタ(藤田嗣治)が見た日本1886年(明治19年)に生まれたフジタの時代を今の私たちが想像するのは、実は難しいのかもしれません。そもそも油絵、油画というものは、江戸の末期までこの日本社会にはありませんでした。西洋由来の“近代”として新しく入ってきたものです。江戸までの日本はむしろ「用の美」を [全文を読む]

オダギリジョー「自分でも美しく見えた」主演映画に手応え

モデルプレス / 2015年11月14日16時03分

14日、都内にて行われた映画『FOUJITA』の初日舞台挨拶に、中谷美紀、小栗康平監督とともに出席。客席の男性ファンから飛んだ「オダギリさーん」という声援を受けたオダギリは「黄色くない声援ありがとう(笑)」と感謝を述べた。 ◆出来栄えに自信「自分の良さを引き出してもらった」 撮影は約1年前、パリで1ヶ月、日本で3ヶ月かけて行ったといい、オダギリは「もうそれ [全文を読む]

オダギリジョー、自分史上「最も美しいオダギリジョー」と断言!

Movie Walker / 2015年11月14日14時18分

日本人画家・藤田嗣治の半生を描いた映画『FOUJITA』の初日舞台挨拶が11月14日に角川シネマ有楽町で開催され、オダギリジョー、中谷美紀、小栗康平監督が登壇。オダギリが「今までの、どの自分の演じている姿よりも美しく見えた。小栗監督のご指導のもと、あそこまでの自分の良さを引き出していただいて本当にうれしく思っている」と新境地に挑んだ完成作について、感無量の [全文を読む]

親の本音は子どもの言葉として表れる…? 固定観念を壊す魔法とは【心屋仁之助 塾】

Woman.excite / 2015年11月10日12時00分

日仏合作映画『FOUJITA』 左)製作プロデューサー/クローディー・オサール 右)監督/小栗康平デコルテラインが美しいニットに真っ赤なネイル、ほのかに香るパフィームを身にまとってインタビュー会場に訪れたクローディーさん。わたしたちがイメージする“いくつになってもカッコイイフランス女性”をまさに体現しているクローディーさんに、仕事でのモチベーションの保ち方 [全文を読む]

オダギリジョー「心を入れ替えないと」改心を誓う

モデルプレス / 2015年11月04日19時34分

4日、都内で行われた映画「FOUJITA」(11月14日公開)のイベントに中谷美紀・小栗康平監督と出席した。試写を見終わった美大生から、「監督へ俳優は抵抗しないのか?」と聞かれると、「僕は結構反抗的です。偉そうなんですが…自分にまかせてくれ、理解している、と思っている」と正直な想いを吐露。しかし今回は「ゼロ反抗でした」と明かし、その理由を「監督の脳みそが面 [全文を読む]

オダギリジョー、反抗児から改心「心を入れ替えなきゃダメかな」

Movie Walker / 2015年11月04日16時16分

日本人画家・藤田嗣治の半生を描いた映画『FOUJITA』(11月14日公開)の美大生向けティーチイン試写会が11月4日に都内で開催され、オダギリジョー、中谷美紀、小栗康平監督、神奈川県立近代美術館・水沢勉館長が出席。小栗監督の現場を経験したオダギリが、「今回、まったく監督に反抗をしなかった」と役者としての大きな心境の変化を明かした。 美大生からの質問に答え [全文を読む]

フォーカス