斎藤明美のニュース

元オウム斎藤明美 平田信に400円以下弁当無言で買い続けた

NEWSポストセブン / 2012年01月22日07時00分

約17年もの間オウム真理教の元幹部・平田信容疑者(46)をかくまい、ともに逃亡してきたとして逮捕された斎藤明美容疑者(49)。1993年3月にオウム真理教に入信し、出家。教団では治療省に属し、オウム付属病院で看護師として活動していた。 その斎藤容疑者が平田容疑者と出会ったのは1994年ごろ。教団が新たに修行場として設けた施設でのことだった。 「当時、平田さ [全文を読む]

大阪府警視「市橋達也は性根の入った逃亡者やった」の感想持つ

NEWSポストセブン / 2012年02月24日07時00分

アレはヤワな窃盗犯や詐欺師と違うて、性根の入った逃亡者やった」 ※週刊ポスト2012年3月2日号 【関連ニュース】手配写真を眺め犯人を追う見当たり捜査 34年間誤認逮捕ゼロ「オウム平田容疑者の洗脳は解けていない」と捜査関係者指摘平田信容疑者の逃亡支援者 逮捕された斎藤明美以外にも存在元オウム真理教平田信と斎藤明美容疑者 仙台生活の実態元オウム斎藤明美 平田 [全文を読む]

元オウム斎藤容疑者 偽名で保険証取れた年金事務所のザル審査

NEWSポストセブン / 2012年01月24日07時00分

偽りの人生は終わりにします」 オウム真理教元幹部で特別手配犯の平田信被告(46)と逃亡生活を続けた斎藤明美容疑者(49)は、出頭に際しこう述べたが、その後発覚した「偽りの人生」の完璧さは、さらに人々を驚かせた。 偽名として使っていた「吉川祥子」の名義で健康保険証を所持していたが、この保険証は偽造ではなく、勤めていた大阪府東大阪市の整骨院が従業員用として申請 [全文を読む]

元オウム幹部 「平田信と斎藤明美は信仰から脱却している」

NEWSポストセブン / 2012年01月20日07時00分

そして同容疑者を17年もの間かくまい、ともに逃亡してきた斎藤明美容疑者(49)。ふたりが出頭した理由は、ともに互いに対する愛だったという―― ふたりの出頭には、日本中が驚いたが、とりわけ元オウム真理教信者には大きな衝撃だった。 「なぜなら、信者は誰かに恋心を抱くことは許されませんから…」 そう話すのは、かつての教団幹部のひとりだ。あらゆる人、物への執着を禁 [全文を読む]

幻の映画デビュー作『母』DVD付き!『高峰秀子 解体新書』を発売

@Press / 2015年01月14日12時00分

株式会社PHP研究所(京都市南区・代表取締役社長 清水卓智)は、2015年1月24日(土)、斎藤明美著『高峰秀子 解体新書』を発売します。 昭和の日本映画を代表する女優高峰秀子(1924年3月27日‐2010年12月28日)は、子役デビューした者は大成しないというジンクスを乗り越え、5歳で映画初出演を果たして以来、数々の名作に携わってきた不世出の女優です。 [全文を読む]

「オウムの迷宮」総力スクープ(1)「高卒後に一気に見違えた」

アサ芸プラス / 2012年01月24日10時56分

続いて出頭した元教団看護師・斎藤明美容疑者と平田容疑者の口からは、2人の17年に及ぶ同棲潜伏生活が徐々に明かされているが、逆にいくつもの謎が浮上している。そんな中、斎藤容疑者がその美貌を武器に、別の周囲の男性を「セックス操縦」していたという激震証言をキャッチした! 「少しタレ目だけど、スラリとした美人だった」──。 去る1月10日に出頭・逮捕された斎藤明美 [全文を読む]

平田信容疑者の逃亡支援者 逮捕された斎藤明美以外にも存在

NEWSポストセブン / 2012年01月14日07時00分

また、平田をかくまった元信者の斎藤明美容疑者(49)も1月10日に犯人秘匿容疑で逮捕された。 斎藤は平田を支えていたのは自分だけだと供述しているが、捜査当局は既に斎藤以外の支援者グループの存在を掴んでいる。 「不眠症に陥り、精神状態が不安定だった平田に睡眠導入剤や抗鬱剤を渡したのは奈良県に住む40代の独身女性だと見られる。彼女は現役の看護師なので、そういっ [全文を読む]

元オウム真理教平田信と斎藤明美容疑者 仙台生活の実態

NEWSポストセブン / 2012年01月13日16時00分

また、平田をかくまった元信者の斎藤明美容疑者(49)も犯人秘匿容疑で逮捕された。 二人は1995年11月からは仙台で過ごした。斎藤が仙台市内の割烹店で働き、店が借り上げているアパートで暮らした。 1996年2月、捜査員はようやくこのアパートの存在を突き止めたが、部屋に踏み込んだ時、斎藤の姿も平田の姿もそこにはなかった。ドアの上の磨りガラスには白い紙が貼られ [全文を読む]

えっ意外!夫婦・恋人が「いつまでもラブラブ」でいるため必要なコト2つ

BizLady / 2016年05月29日23時00分

斎藤明美著『高峰秀子 夫婦の流儀』からの一節です。 <高峰と松山は互いに、決してぞんざいな物言いや乱暴な言葉遣いをしなかった。> <松山は日常的に「ありがとう」をよく使った。> 強い信頼関係で結ばれながらも、お互いに礼儀と感謝の気持ちを忘れない。そんな夫婦関係って素敵ですよね。 長い年月を一緒に過ごすと、良くも悪くも“慣れ”や“甘え”が生じてしまうもの。 [全文を読む]

目黒5才児窒息ゴミ袋殺害の母親 東大目指すも挫折しセレブ婚

NEWSポストセブン / 2012年09月15日16時00分

※女性セブン2012年9月27日号 【関連ニュース】「オウム平田容疑者の洗脳は解けていない」と捜査関係者指摘高橋克也容疑者 麻原への強い信仰心背後に菊地直子との別れ手の平返し社説を堂々と掲載の新聞社を上杉隆氏「厚顔無恥」元オウム斎藤明美 平田信に400円以下弁当無言で買い続けた乳児置きざりデリヘル嬢 5年前にも子供をトイレに放置していた [全文を読む]

元オウム鹿島とも子 食うため息子と日給6000円のビラ配りも

NEWSポストセブン / 2012年06月19日07時00分

※女性セブン2012年6月28日号 【関連ニュース】オウム事件 1週間に40~50時間も各局から報道されていた元オウム女性幹部 NHK特番の放送後、認識の甘さ思い知る1か月で50冊読破の芦田愛菜 「今年は300冊読みたいな」水嶋ヒロの姉は「キレイなお姉さん」だった元オウム幹部 「平田信と斎藤明美は信仰から脱却している」 [全文を読む]

元オウム女性幹部 NHK特番の放送後、認識の甘さ思い知る

NEWSポストセブン / 2012年06月17日16時02分

被害者のかたがたの思いはもちろん、元信者の実情もフラットに見つめることに心を砕きました」 ※女性セブン2012年6月28日号 【関連ニュース】元オウムNo.2の女性幹部 突然、アレフ本部に現れ狂乱するオウム事件 1週間に40~50時間も各局から報道されていた元オウム幹部 「平田信と斎藤明美は信仰から脱却している」オウム「はぐれ残党」再武装化と「麻原奪還計画 [全文を読む]

逃亡犯のサングラスバレやすい 眉毛カット有効と捜査関係者

NEWSポストセブン / 2012年06月12日07時00分

犯人がジョギングスタイルでいたら見逃してしまう」 ※週刊ポスト2012年6月22日号 【関連ニュース】「オウム平田容疑者の洗脳は解けていない」と捜査関係者指摘菊地容疑者逮捕の懸賞金 同居人の親族通報で不払いの可能性元オウム真理教平田信と斎藤明美容疑者 仙台生活の実態日本のプロファイリングのレベルはかなり高いと専門家指摘大阪 「オレオレ詐欺」被害少ないが「還 [全文を読む]

菊地直子容疑者 逃亡中に平田信に対する性欲をノートに綴った

NEWSポストセブン / 2012年06月09日16時00分

※女性セブン2012年6月21日号 【関連ニュース】逃亡中の菊地直子 ノートに男性信者たちとの性生活記録した酒飲むと明るくなる菊地直子 カップ麺のこだわり語ることも平田信容疑者の逃亡支援者 逮捕された斎藤明美以外にも存在元刑事 オウム菊地は「ミャンマーで尼になっていた」と語る海老蔵殴打のリオン容疑者 10年前に傷害致死事件で逮捕歴が [全文を読む]

逃亡中の菊地直子 ノートに男性信者たちとの性生活記録した

NEWSポストセブン / 2012年06月08日07時00分

※女性セブン2012年6月21日号 【関連ニュース】酒飲むと明るくなる菊地直子 カップ麺のこだわり語ることも海老蔵殴打のリオン容疑者 10年前に傷害致死事件で逮捕歴が元刑事 オウム菊地は「ミャンマーで尼になっていた」と語る13歳少女暴行霊能歯科医 一橋大構内で後に妻となる信者獲得平田信容疑者の逃亡支援者 逮捕された斎藤明美以外にも存在 [全文を読む]

いま話題の出来事を「弁護士ドットコム」独自の法的観点から解説するニュースコンテンツ『弁護士ドットコムトピックス』が待望のスマートフォン版を提供開始

PR TIMES / 2012年04月23日11時47分

■詳細提供開始日:2012年4月23日(月)URL: http://www.bengo4.com/sp/topics ≪現在掲載中の記事≫・もし北朝鮮のミサイル被害を受けたらhttp://www.bengo4.com/sp/topics/9 ・NHK受信料不払い 給料の差押えもhttp://www.bengo4.com/sp/topics/8 ・京都祇園で [全文を読む]

政治・経済・スポーツ・エンタメなどいま話題の出来事を「弁護士ドットコム」独自の法的観点から解説するニュースコンテンツ『弁護士ドットコムトピックス』の提供を開始

PR TIMES / 2012年04月12日11時09分

≪「コラム」掲載記事例≫・巨人の契約金超過問題の関係者は違法行為を問われるのか・オウム平田信被告を隠匿した斎藤明美被告はなぜ執行猶予にならなかったのか・企業は社員の入れ墨の有無を調査できるか・ネット上で大地震がくると煽る行為は違法か・日本弁護士連合会の会長選挙の行方 「弁護士ドットコム」は今後も、“インターネットで法律をもっと身近に、もっと便利に。”を理念 [全文を読む]

生活保護を偽名で受給できる場合アリと区役所担当者が認める

NEWSポストセブン / 2012年01月26日16時00分

オウム真理教元幹部の平田信被告(46)と逃亡生活を続けた斎藤明美容疑者(49)が偽名で正規の健康保険証を取得していたことが話題になったが、健康保険証以外では、生活保護も偽名で受給できてしまう。 2010年3月、豊島区役所で架空の名義で生活保護を申請し、生活保護費を詐取した暴力団組員が逮捕された。 「一般的には身分証で本人確認をしますが、ホームレスの方などは [全文を読む]

架空名義で国民健康保険者証入手する方法存在と厚労省認める

NEWSポストセブン / 2012年01月24日16時01分

オウム真理教元幹部の平田信被告(46)と逃亡生活を続けた斎藤明美容疑者(49)が偽名として使っていた「吉川祥子」の名義で正規の健康保険証を所持していたことで衝撃が走った。 斎藤の場合は、本人が意図せず偶然に会社の健康保険証を手に入れたようだが、この「なりすまし天国」は、すでに大きな社会問題を引き起こしている。 わざわざ偽名で会社に勤めたりせず、しかも架空の [全文を読む]

元刑事 オウム菊地は「ミャンマーで尼になっていた」と語る

NEWSポストセブン / 2012年01月15日07時00分

菊地はそれより先に、偽造パスポートを使って空路でバンコク入りしていて、3人はバンコクで合流し、陸路で国境を越えてミャンマーにはいったというのです」 すでに明らかになっているように、平田は、教団元信者の斎藤明美容疑者にかくまわれ、福島、宮城、青森を経て、15年以上は大阪府内に潜伏していたとされるが、このいずれかの期間に、高橋、菊地とともにミャンマーに潜伏して [全文を読む]

フォーカス