大内登のニュース

“ほっしゃん。”星田英利の引退騒動で注目される「引退した芸人」その後の人生

日刊サイゾー / 2016年12月16日21時00分

それがビビるの大内登だ。 「ビビるの大内登は、人気絶頂にあった2002年4月に突如として芸人を引退。はっきりとした理由は明かされませんでしたが、同時期に結婚し、子どもが生まれたため、将来を案じての引退だったともいわれています。引退後、大内は飲食店勤務を経て、テレビ制作会社へ入社。その後、テレビ番組のプロデューサー、ディレクターとして業界に復帰し、現在は映像 [全文を読む]

緊急手術のYOSHIKIだけじゃない!? ヘルニア、背骨骨折……芸能人を襲う“職業病”の恐怖

日刊サイゾー / 2017年05月20日00時00分

相方の大内登も脳挫傷で一時は命の危険もあった。空手ネタでおなじみのずんのやすも、スキー場ロケで腰の骨を折っている。こうした激しいダメージだけでなく、地味に“痛い”職業病もある。 「人気ものまね芸人の原口あきまさは、明石家さんまのものまねで、出っ歯の付け替えを頻繁にしていたところ、歯茎が化膿してしまったそうです。芸人にとって口の炎症は場合によっては致命傷とな [全文を読む]

バカリズムらの“異色ドラマ”主題歌がEMCに決定!

Smartザテレビジョン / 2017年01月20日18時00分

大内登プロデューサーは、彼らの楽曲を起用した理由について「Enjoy Music Clubが歌う日常の仲良しな感じの世界観と、この『住住』の世界観がとても合っていると感じました」とコメント。完成した楽曲についても「期待通りです!」と太鼓判を押す。 何となく集った中で交わされる何げない会話、ドラマチックなことが何も起こらない中でのこの時間こそがとてもハッピ [全文を読む]

二階堂ふみ・バカリズム・オードリー若林“仲良し3人組”誕生のキッカケは?特別シーンで紹介

モデルプレス / 2017年01月20日18時00分

また、大内登プロデューサーはEnjoy Music Clubを起用した理由について「Enjoy Music Clubが歌う日常の仲良しな感じの世界観と、この『住住』の世界観がとても合っていると感じました」と回顧。完成した楽曲についても「期待通りです!」と太鼓判を押した。(modelpress編集部) [全文を読む]

あの“はっぱ隊”の「YATTA!」をアイドルがカバー

Entame Plex / 2017年01月15日09時30分

はっぱ隊は人気番組「笑う犬の冒険」発のユニットで、メンバーは南原とネプチューン(名倉潤・堀内健・原田泰造)、ビビる(大内登・大木淳)の6人組で、彼らがはっぱ1枚のあられもない姿でポジティブな歌詞を元気一杯に歌う姿は当時大きな脚光を浴びた。 バンもん!はこれまでにも「もっと愛しあいましょ」(LINDBERG)、アニメ『さすがの猿飛』オープニングテーマの「恋の [全文を読む]

バンドじゃないもん!のアイドル版「YATTA!」が大反響

okmusic UP's / 2017年01月14日19時00分

はっぱ隊は人気番組「笑う犬の冒険」発のユニットで、メンバーは南原とネプチューン(名倉潤・堀内健・原田泰造)、ビビる(大内登・大木淳)の6人組で、彼らがはっぱ1枚のあられもない姿でポジティブな歌詞を元気一杯に歌う姿は当時大きな脚光を浴びた。バンもん!はこれまでにも「もっと愛しあいましょ」(LINDBERG)、アニメ『さすがの猿飛』オープニングテーマの「恋の呪 [全文を読む]

はっぱ隊ブーム再来か?バンもん!版「YATTA!」に反響続々

dwango.jp news / 2017年01月14日17時02分

はっぱ隊は人気番組「笑う犬の冒険」(フジテレビ)発のユニットで、メンバーは南原とネプチューン(名倉潤・堀内健・原田泰造)、ビビる(大内登・大木淳)の6人組で、彼らがはっぱ1枚のあられもない姿でポジティブな歌詞を元気一杯に歌う姿は当時大きな脚光を浴びた。 バンもん!はこれまでにも『もっと愛しあいましょ』(LINDBERG)、アニメ「さすがの猿飛」オープニング [全文を読む]

フォーカス