安倍寛のニュース

日米首脳会談でも岸信介のモノマネ...じいさんコンプレックスの塊・安倍首相が抹殺した父親ともうひとりの祖父の物語

リテラ / 2017年02月11日23時00分

父方の祖父である安倍寛だ。安倍首相は岸への敬愛をことあるごとに自慢げに語ってきたが、安倍寛についてはほとんど口にしないどころか、まるで"隠蔽"するかのような態度を貫いている。 その理由は何か。それは安倍寛が、母方の祖父の岸や安倍首相自身とは真逆の反骨心を持った、極めて真っ当な"反戦政治家"だったからにほかならない。 そんな安倍寛を基軸とし、息子・晋太郎、そ [全文を読む]

安倍首相は地元でも評判最悪! 安倍家発祥の地で憲法学者・小林節が行った安保批判講演に人口の10分の1がつめかけた

リテラ / 2015年09月12日21時30分

山口県北西部、日本海に面したこの小さな町は10年ほど前に同県長門市に吸収合併されたが、晋三の父方の祖父・安倍寛の生家のあった場所で、父親の晋太郎も幼少期をここで過ごしてる。今も父・晋太郎の墓所はここにあり、晋三もここに事務所をおいている。 そんな町でまさか、と思うかもしれないが、これは事実だ。 この知られざる地元事情について指摘したのは、「AERA」(朝 [全文を読む]

安倍晋三首相のもうひとつの系譜

プレジデントオンライン / 2017年02月18日11時15分

安倍寛の息子」 おそらく、岳父である信介氏の威光もあったはずである。早くから自民党の“プリンス”と持ち上げられ、50歳で農林相として初入閣してからは、官房長官、外務大臣、党幹事長と要職を歴任する。だが、総理総裁の座を目前にして病に斃れてしまう。そんな晋太郎氏は常々、周囲の者に「オレは岸信介の女婿じゃない。安倍寛の息子なんだ」と漏らしていた。事実、言葉通りの [全文を読む]

安倍首相の根深い学歴コンプレックスを父親の番記者と大学の恩師が暴露! 何の勉強もせず保守主義を叫んで...

リテラ / 2015年12月02日20時00分

これまで本サイトでは、安倍首相の政治姿勢やその背景にある母方の祖父・岸信介への妄信、逆に反骨の政治家だった父方の祖父・安倍寛への無関心ぶり、幼少期からの嘘つきなど、様々な角度から批判、検証を行ってきた。 そんな中、安倍首相に関する興味深い本が出版され話題となっている。それは、元共同通信記者で政治ジャーナリストの野上忠興による『安倍晋三 沈黙の仮面』(小学館 [全文を読む]

岸信介と真逆...安倍晋三が一切触れない“もう一人の祖父“は反戦政治家だった!

リテラ / 2015年05月24日08時00分

父方の祖父・安倍寛。岸と同時代に生きた政治家だ。しかし晋三は、インタビューや周辺の証言からは意図的にその存在を拒否している感じさえする。 なぜか? その理由が解き明かされているのが「週刊ポスト」(小学館)5月22日号で始まった、政治ジャーナリスト・野上忠興による連載「安倍晋三『沈黙の仮面』」だ。野上は安倍首相の父・晋太郎の番記者を長く務めた人物で、連載はそ [全文を読む]

首相と旧知の議員 「晋ちゃんは東大出とエリート官僚が嫌い」

NEWSポストセブン / 2015年05月20日07時00分

安倍の祖父である岸信介(元総理大臣)は東大法学部で我妻栄(日本の民法学の権威として知られる法学者)と首席を争った秀才で、大叔父の佐藤栄作(元総理大臣)、父方の祖父の安倍寛(元衆議院議員)、父の安倍晋太郎(元外務大臣)も東大法学部出身だ。 安倍3兄弟のうち、2歳年上の兄・寛信(現・三菱商事パッケージング社長)と晋三は成蹊小、岸家に養子に行った5歳下の弟・信 [全文を読む]

5歳の安倍晋三氏 デモ隊まね「アンポハンターイ」繰り返す

NEWSポストセブン / 2015年05月15日07時00分

2つ上の兄・寛信(現・三菱商事パッケージング社長)が父方の祖父・安倍寛と母方の祖父・岸信介から1字ずつ受け継いだのに対し、安倍は父の「晋」の字をもらったものの、次男なのに晋三と名付けられた。母の洋子に、なぜ晋三なのかと聞いたことがある。「主人も私も女の子を欲しかったが、2人目も男の子だった。父(岸)は喜んでいましたが。名前の由来はよく聞かれますが、晋二より [全文を読む]

母親に弟より愛されたい! 安倍首相の岸信介、改憲への拘りは「マザコン」の現れ!?

リテラ / 2015年04月01日18時00分

「総理の安倍晋三は祖父・岸信介の面影はことある事に口にしても、もう一人の祖父・安倍寛(元衆院議員)についてほとんど触れることはない」「晋三は祖父である岸信介の足跡は事あるごとに口にしても、それに比して晋太郎の生涯を口にすることは乏しい。ましてや、晋太郎に連なる安倍家の家系についての発言はほとんどない」 [全文を読む]

“愛国者”安倍首相がタイム誌の表紙に 日中関係は「明らかに問題」と語るも、対話姿勢強調

NewSphere / 2014年04月18日17時00分

また、同様に政治家であった父の故・安倍晋太郎氏、母方の祖父の故・岸信介元首相、父方の祖父の故・安倍寛氏といった先代達からは、ときに政治家は孤独な決断をしなくてはならないことを学んだと語る。とりわけ、激しい批判に晒されながらも日米安保改定に導いた岸信介元首相の話を挙げ、現在憲法改正について受けている批判に対しても、先代同様断固立ち向かう姿勢であることを訴え [全文を読む]

フォーカス