中村敦夫のニュース

『木枯らし紋次郎』演じなかったから上手くいったと中村敦夫

NEWSポストセブン / 2013年08月03日16時00分

元参議議員、キャスター、作家、脚本家と様々な顔を持つ中村敦夫氏だが、彼が世間に知られる存在となったきっかけは、1972年に市川崑監修のテレビ時代劇『木枯し紋次郎』で主役に抜擢された俳優としての顔だった。俳優・中村敦夫が振り返る初めてのテレビ時代劇の思い出を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏が綴る。 * * * 中村敦夫の代表作といえばなんといっても、197 [全文を読む]

俳優間の“演技の間”について中村敦夫氏「サッカーに近い」

NEWSポストセブン / 2013年07月25日07時00分

『木枯し紋次郎』で一斉を風靡した中村敦夫氏、8月30日から9月1日まで朗読劇『山頭火物語』の公演を予定している。俳優以外にもキャスターや参院選への出馬など、精力的に活動を続けてきた中村敦夫の演技観について、映画史・時代劇研究家の春日太一氏が綴る * * * 中村敦夫は俳優としてはもちろん、情報番組キャスター、政治家、作家、脚本家と多岐にわたって活躍してきた [全文を読む]

中村敦夫「キャスターも政治家の街頭演説も演技技術を扱う」

NEWSポストセブン / 2013年08月16日07時00分

1972年のテレビ時代劇『木枯し紋次郎』で主役に抜擢され、俳優として世に出た中村敦夫は、その後キャスターに転身、さらに後には参議院議員にもなった。なぜ、さまざまな顔を持つに至ったのか振り返る中村の言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏が綴る。 * * * 中村敦夫がこれまで演じてきた役柄は代表作『木枯し紋次郎』をはじめ、体制のカウンターに身をおく人物が多 [全文を読む]

中村敦夫氏「今の選挙はプータローの就活戦線になっている」

NEWSポストセブン / 2013年01月10日07時00分

人気俳優から1998年に政界入りし、「みどりの会議」(2002年に「さきがけ」から改名)で日本初の環境政党を目指した中村敦夫氏(72)もそのひとり。昨今の政界を“木枯し紋次郎”が斬った。 * * * 総選挙はとんでもない結果になりました。4割の得票で7割の議席を獲るなんて、民意を反映しているとはとてもいえません。 経験も見識もなく、漢字も読めないような候 [全文を読む]

阿藤快「名優・名監督が鍛えた“犯人専門”の怪演技」

アサ芸プラス / 2013年03月08日10時00分

ただ最後に中村敦夫さん(73)に「役者やらないか」って言われて、最後だからと思ってやってみたら、これが難しくて!それが「もっと表現してみたいな」って自分のやる気に火をつけたんですよ。 中村敦夫、仲代達矢(80)、市原悦子(77)など、スターぞろいだった当時の俳優座。その中でも阿藤と堅い絆で結ばれていたのが原田芳雄だった。 芳雄さんにはかわいがってもらいまし [全文を読む]

三上博史、ほえる!

Smartザテレビジョン / 2017年04月07日13時53分

また、既に発表されている北乃きいの他に、シャーロット・ケイト・フォックス、小市慢太郎、渡辺いっけい、中村敦夫、南沢奈央、原日出子、笹野高史、田中泯、岸部一徳の出演も明らかになった。 [全文を読む]

上條恒彦 もうちょっと下手に歌えないかと頼まれた理由

NEWSポストセブン / 2016年04月09日07時00分

髭を生やした大声の男がドジをやるものだから、スタッフも中村敦夫もみんな笑っちゃって撮影が止まるんですよ。当時は『失敗して苦しんでいるのに、なんて冷たいんだ』と思いましたが、実は僕をリラックスさせようとしてくれていたんだと思います」 本格的な俳優仕事は、山田洋次脚本の1973年の連続ドラマ『遥かなるわが町』(TBS)だ。「小樽が舞台のドラマで、僕は倍賞千恵子 [全文を読む]

ネタ切れか、苦肉の賭けか!? 人気緑茶「伊右衛門」最新CMに強い「違和感」が......

Business Journal / 2016年03月17日14時00分

ゲスト的な登場人物はこれまで濱田岳に夏八木勲、奥田瑛二に中村敦夫に三國連太郎とかなり豪華。伊右衛門自体が季節によって味を変えるように、京都を舞台にした情緒あふれる、まるで時代劇のような描写が評判のCMだった。 ただ、今年2月29日にオンエアが開始された同CM「春の歌」篇だけは、正直なところ違和感が拭いきれないという意見がチラホラとある。 「春の歌」篇は、本 [全文を読む]

西田敏行、加山雄三ら大御所 CMやTVでのおとぼけぶりが話題

NEWSポストセブン / 2015年12月16日16時01分

朝ドラ『まれ』には、中村敦夫と田中泯、重鎮ふたりが出演。輪島塗のベテラン弥太郎(中村)は物語の中盤、自作の展示会のため横浜に乗り込む。その横にはなぜか塩づくりの名人元治(田中)の妻で口が悪い文(田中裕子)が。弥太郎は「文ちゃんとディナーや、ほなら!」と超ご機嫌。一方、「弥太郎さんと旅に出ます」と置手紙された電気もつけない部屋でがっくり。芸能界のW強面重鎮 [全文を読む]

「まれ」圭太との恋が成就し11週ぶりに視聴率20%超

Smartザテレビジョン / 2015年06月29日16時21分

そんな中、地元・能登で輪島塗を修業中の幼なじみ・紺谷圭太(山崎賢人)が、輪島塗展示会のため祖父で師匠の紺谷弥太郎(中村敦夫)らと共に横浜へやってくる。輪島塗とケーキのコラボ展示が企画され、その担当者として久しぶりに共に行動することになった希と圭太は、相手の仕事への情熱に触れ、再びお互いへの思いを募らせていく。 26日放送の第77回で、悩んだ末に希は「ほかに [全文を読む]

フォーカス