出口汪のニュース

「公道を裸で歩くようなもの」社会で損をする、論理力がない人の振る舞いとは

ウートピ / 2016年01月18日12時00分

現代文講師・出口汪さんのインタビュー後編。前編では、論理とは何なのかをテーマにお話を伺いました。感情のままに喋るのは赤ちゃんが泣くのと一緒。人間が社会で大勢の人と接するためには、考えを“論理”で出力しなければならないと出口さんは説きます。後編では、社会で論理力が活きる、具体的な場面について伺います。【前編はこちら】女は感情的、男は論理的は本当なのか? 人気 [全文を読む]

女は感情的、男は論理的は本当なのか? 人気現代文講師に“論理力”を聞く

ウートピ / 2016年01月15日15時00分

東進ハイスクールの現代文講師であり、著書を多数出版されている出口汪さんは、「論理力に男女の別はない」と断言します。しかし同時に、「男女は関係ないけれど、“論理的に物事を考えられている”人間はかなり少ない」とのこと。現代文の読解のスペシャリストである出口さんに、ビジネスに役立つ論理力についてお話を伺いました。問題なのは、性別ではなく“言葉”――一般論として「 [全文を読む]

Twitter、Facebookで赤っ恥をかかないための文章術 何より「論理的であれ」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年01月06日06時30分

たとえば感情的な言葉をネット上に書き込む行為にしても「大勢の人が道行く往来で、大声で怒鳴っているのと同じ」――そんな指摘をするのは、感覚ではなく論理で日本語を理解する画期的指導法により「現代文のカリスマ」として受験生にあがめられている出口汪氏だ。日頃からメールやネットに書き込まれた文章に危機意識を持っていたという氏は、このたび最新の著書『出口汪の「最強!」 [全文を読む]

出口汪、矢野香、高野秀敏、豪華執筆陣によるビジネス入門書、 「どうぶつ教室」シリーズの第2弾・新作3タイトルがリリース!

PR TIMES / 2014年04月14日15時42分

●ブログ「ビバ☆電子書籍! 出版社の大挑戦せきらら日記」: http://qb.impress.jp/●Facebookページ: https://www.facebook.com/impress.QuickBooks●Twitter: https://twitter.com/Imp_QuickBooks [全文を読む]

違いを受け入れ、学び合う 映画「みんなの学校」上映会を全国の教育系大学で開催するためのクラウドファンディングを朝日新聞社「A-port」にてスタート!

PR TIMES / 2016年11月08日16時05分

株式会社クリックネット(代表:丸山剛)は、大空小の教育こそ、今日本で求められる教育だと深く共感し、この映画のような「みんなの学校」が日本に一つでも増えればと強く願い、2つの大学での上映会に協賛するとともに、大空小の教育を解説した「不登校ゼロ、モンスターペアレンツゼロの小学校が育てる 21世紀を生きる力」(木村泰子/出口汪共著、水王舎)の企画・構成を担当しま [全文を読む]

【年末年始は電子書籍半額】フォレスト出版がKindleストア(Amazon)ですべての電子書籍を期間限定で半額! さらにプレゼント付き!「キンドル半額キャンペーン」を開催!

PR TIMES / 2015年12月18日10時05分

さらに抽選でプレゼントもご用意! まとまった時間が取れる年末年始の読書を応援します! <特設サイト> http://www.forestpub.co.jp/kindle/201512/ [画像1: http://prtimes.jp/i/9347/60/resize/d9347-60-947113-3.jpg ] 電子書籍184作品がキンドルにて半額! 神 [全文を読む]

ダ・ヴィンチおすすめ本、ファミマ店頭で一番売れたのは『天が味方する「引き寄せの法則」』

ダ・ヴィンチニュース / 2015年12月04日06時30分

『「めんどくさい」がなくなる本』(鶴田豊和/フォレスト出版) 『なぜ一流の男の腹は出ていないのか?』(小林一行/かんき出版) 『ゴルフは科学でうまくなる—理論のツボを知れば、スコアは必ず縮まる!』(ライフ・エキスパート:編集/河出書房新社) 『出口汪の論理的に話す力が身につく本』(出口 汪/SBクリエイティブ) 『ポジティブの教科書―自分も周りの人も幸運 [全文を読む]

人気現代文講師が教科書で論理力・読解力を鍛える方法説く本

NEWSポストセブン / 2015年02月01日16時00分

【書籍紹介】『やりなおし高校国語 教科書で論理力・読解力を鍛える』出口汪/ちくま新書/780円+税 論理力や思考力、記述力の有用性は経験を積んだ社会人なら必須だとわかるはず。人気現代文講師の筆者はその力を鍛えるのに「国語」ほど最適な教材はないと断言。教科書定番の名文である森鴎外や漱石、丸山眞男の評論などを大人に向けて明快に講義する。 ※週刊ポスト2015年 [全文を読む]

「もって生まれたもの」がない人の文章上達に役立つ名著紹介

NEWSポストセブン / 2015年01月25日16時00分

「やりなおし高校国語–教科書で論理力・読解力を鍛える」(出口汪著・ちくま新書)だ。 出口氏について「カリスマ国語教師」程度の認識しかなかった私がこの本を手に取ったのは、丸山眞男の名論文「『である』ことと『する』こと」が教材に上げられていたからである。学生時代に感銘を受けたこの文章をもう一度、きちんと読み直してみたい欲求に駆られた。 [全文を読む]

フォレスト出版、Kindleストア(Amazon)で電子書籍の販売を開始! さらに、電子書籍100冊半額! 超豪華プレゼント付き! 「キンドル100冊キャンペーン」も同時開催!

PR TIMES / 2014年08月29日13時25分

<特設サイト> http://www.forestpub.co.jp/kindle/100/ ◆電子書籍100冊がキンドルにて半額! 神田昌典氏、本田健氏、苫米地英人氏、井上裕之氏、里中李生氏、横山信弘氏、出口汪氏、岩田松雄氏、辻秀一氏、松尾知枝氏、石田淳氏、嶋津良智氏、潮凪洋介氏、野呂エイシロウ氏など、ベストセラー著者の作品を中心に100冊リリース。期 [全文を読む]

フォーカス