福永洋一のニュース

あの日を境に停滞した武豊騎手の『日記』。武邦彦さんの「生前の言葉」として最後に綴られた内容が猛烈に切ない

Business Journal / 2016年08月19日08時00分

福永祐一騎手の父にして「天才」といわれた福永洋一騎手のライバルとしてTTG時代の競馬を彩り、調教師としても数々のビッグタイトルを勝利した武邦彦さん。そして何よりも、武豊、幸四郎の兄弟騎手や、弟弟子の河内洋現調教師を世に送り出した功績は測り知ることができないものだけに、我々のような末端の競馬ファンにとっても残念でならないという気持ちは未だ収まるものではない。 [全文を読む]

競馬界「カワイイ女性騎手」誕生に色めき立つも、「元祖」女性騎手の末路が悲惨すぎて心配......

Business Journal / 2016年02月25日18時00分

父が元祖天才騎手福永洋一という福永祐一。そして、G1ジョッキーとして今も活躍する古川吉洋、和田竜二と非常に個性的な面々が揃っていた。 その中で、競馬学校卒業時にもっとも優秀な卒業生として表彰される「アイルランド大使特別賞」を獲得するなど、将来を嘱望されて卒業。デビュー1年目に9勝をあげ女性騎手の中でもトップの成績を記録した。 「マッキー」の相性とその美貌は [全文を読む]

武豊も福永祐一も“既定路線”だった? 実力だけで成功できない騎手の世界は「芸能界」そのもの

日刊サイゾー / 2016年01月16日23時30分

福永祐一騎手の父親は、かつて「天才」といわれた福永洋一氏。つまり、「ブラッドスポーツ」といわれる競馬において、いわゆる“良血”が活躍するのは、何も馬だけの話ではないということだ。 鮫島克駿騎手の兄・良太もJRAで活躍する騎手。さらに父・鮫島克也は、地方競馬を代表する騎手で、全国の地方競馬に所属する騎手の年間最大のタイトルNRA(地方競馬全国協会)グランプリ [全文を読む]

「落馬多い」「勝負弱い」「私生活ユルすぎ」落馬負傷の福永祐一騎手“本当の評判”とは?

日刊サイゾー / 2015年11月06日23時30分

父は元祖天才ジョッキーと呼ばれた福永洋一氏。落馬負傷で引退を余儀なくされたが、父の背中を見て育った福永祐一は自然と騎手を目指すようになったという。デビューから順調に勝ちを伸ばし、今や競馬界のトップランナーにまで成長したのだが……。 そもそも、福永騎手は“落馬が多いジョッキー”と競馬ファンから揶揄され、大手ポータルサイトの検索で「福永祐一」と書き込むと、落 [全文を読む]

「女遊びを我慢できればいいのだが……」フジ・松尾翠アナをゲットした福永騎手のチャラすぎる女性遍歴

日刊サイゾー / 2013年03月28日09時00分

局としても、松尾アナが寿退社したところで、それほど影響はない」(テレビ関係者) 福永騎手は父が現役時代「天才」と言われた元騎手の福永洋一氏という、まさに競馬界の“サラブレッド”。デビューした96年にJRA賞最多勝利新人騎手、昨年まで4回のJRA優秀騎手賞、1回のJRA賞(最高勝率騎手)を獲得するなど実力に加え、競馬界きってのイケメンだが、派手な女性関係でも [全文を読む]

武一族「天才騎手のスパルタDNA」(3)100通りの展開を考えた

アサ芸プラス / 2013年02月06日09時59分

現在のフリー騎手全盛の先駆者であり、ライバルだった福永洋一が(落馬事故で騎手生命を断たれる前の)元気な頃、「騎手の東西の垣根を払ってくれたのが邦チャン。どんなに感謝しても感謝しきれません」と言っていたことがあるほどだ。調教師免許を取った84年に引退宣言、騎手としての最後は翌85年2月、京都競馬場でのレースだった。 通算1163勝は引退当時の史上5位。GIは [全文を読む]

フォーカス