中村仁一のニュース

がんで余命1年の男性 抗がん剤治療やめ普通の生活戻る

NEWSポストセブン / 2016年08月18日07時00分

京都にある特別養護老人ホーム同和園付属診療所所長の中村仁一氏もこう言う。 「“がんは痛む”という先入観が広く浸透していますが、何も治療をしないことで痛みもなく、穏やかな最期を迎えたがん患者を、私は100人近く目にしてきました。“進行の速い老衰死”と言っていいくらい穏やかな最期でした」 手術も同様だ。術後の痛みや体力の低下といったデメリットが、メリットを上回 [全文を読む]

学校では教えてくれない教育『まちがいだらけの教えはいらない ほんとうの宗教とは何か 白の巻』著者ひろさちや(ビジネス社)が、1月21日にキンドル電子書籍ストア比較宗教カテゴリーで1位を獲得

DreamNews / 2016年01月21日18時00分

著書に『死に方上手~しょぼくれ老人のすすめ』『「死は大事な仕事」しっかり死ぬということ』(中村仁一氏との共著 ビジネス社)など多数。キンドルストア電子書籍『まちがいだらけの教えはいらない ほんとうの宗教とは何か 白の巻』 著者ひろさちや ★比較宗教1位 http://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B015H1STQSキンドルストア電 [全文を読む]

キンドル電子書籍『まちがいだらけの教えはいらない ほんとうの宗教とは何か 白の巻』(著者:ひろさちや)をリリース 宗教が苦手な日本人に宗教に関する歴史や変遷、現代の宗教観をわかりやすく紹介

DreamNews / 2015年09月25日18時00分

著書に『死に方上手~しょぼくれ老人のすすめ』『「死は大事な仕事」しっかり死ぬということ』(中村仁一氏との共著 ビジネス社)など多数。 ■まちがいだらけの教えはいらない ほんとうの宗教とは何か 白の巻(ビジネス社)著者:ひろさちやhttp://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B015H1STQS キニナルブックス電子書籍一覧http:/ [全文を読む]

キンドル電子書籍『宗教心を失った日本人のための ほんとうの宗教とは何か 青の巻』(著者:ひろさちや)を9月16日にリリース 宗教の話は一種のタブー。ニセモノ宗教やインチキ宗教など知らないことだらけ

DreamNews / 2015年09月25日18時00分

著書に『死に方上手~しょぼくれ老人のすすめ』『「死は大事な仕事」しっかり死ぬということ』(中村仁一氏との共著 ビジネス社)など多数。■宗教心を失った日本人のための ほんとうの宗教とは何か 青の巻(ビジネス社)著者:ひろさちやhttp://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B015H0778Kキニナルブックス電子書籍一覧http://ww [全文を読む]

人気宗教評論家ひろさちや最新刊が2冊セットで登場『宗教心を失った日本人のための ほんとうの宗教とは何か 青の巻』『まちがいだらけの教えはいらない ほんとうの宗教とは何か 白の巻』

DreamNews / 2015年07月31日10時00分

著書に『死に方上手~しょぼくれ老人のすすめ』『「死は大事な仕事」しっかり死ぬということ』(中村仁一氏との共著 ビジネス社)など多数。(著者)ひろさちや(価格)各 1,000円+税 〈発売日〉2015年7月24日 〈出版元〉ビジネス社 《 お問い合わせ先 》 株式会社ビジネス社 広報担当:松矢 〒162-0805 東京都新宿区矢来町114番地 神楽坂高橋ビル [全文を読む]

がん医療のタブー…効かない抗がん剤、寿命を縮める手術が横行するカラクリ

Business Journal / 2013年02月25日07時05分

がん治療といえば、抗がん剤や外科手術が頭に浮かぶが、慶應義塾大学医学部講師で、昨年10月に『どうせ死ぬなら「がん」がいい』(宝島社新書/中村仁一共著)を上梓した近藤誠氏によると、こうした治療は寿命を縮めるだけではなく、多くの苦痛をもたらすという。 そんな近藤氏に、「がん患者は、がんではなく“がん治療”で苦しむ」「がんの9割に抗がん剤は無意味」「がんの外科手 [全文を読む]

年寄りの役割 自然に穏やかに死んでいく姿見せることと医師

NEWSポストセブン / 2012年05月09日16時00分

京都の社会福祉法人老人ホーム「同和園」の常勤医を務める中村仁一氏だ。これまで数百例の自然死のお年寄りを見送ってきた中村氏から、老人医療の問題点、これからの日本人か持つべき死生観について聞いた。(聞き書き=ノンフィクション・ライター神田憲行) * * * 私は自分が意識不明になったり判断力が鈍くなったときのために、胃瘻(いろう)などの延命措置を一切拒否する事 [全文を読む]

胃瘻は一種の拷問 人間かと思うような悲惨な姿になると医師

NEWSポストセブン / 2012年05月08日16時00分

京都の社会福祉法人老人ホーム「同和園」の常勤医を務める中村仁一氏だ。これまで数百例の自然死のお年寄りを見送ってきた中村氏から、老人医療の問題点、これからの日本人か持つべき死生観について聞いた。(聞き書き=ノンフィクション・ライター神田憲行) * * * いま日本中が全く死ぬことを忘れていますね。90歳代の親の子供たちが70歳前後で、自分たちがいつ死んでも不 [全文を読む]

がんは老化 何も治療しない方が穏やかに死ねる例多いと医師

NEWSポストセブン / 2012年05月07日16時00分

京都の社会福祉法人老人ホーム「同和園」の常勤医を務める中村仁一氏だ。これまで数百例の自然死のお年寄りを見送ってきた中村氏から、老人医療の問題点、これからの日本人か持つべき死生観について聞いた。(聞き書き=ノンフィクション・ライター神田憲行) * * * 医者のくせに「大往生したかったら医療に深く関わるな」というと、みなさん、いぶかられると思います。でもいま [全文を読む]

フォーカス