木村優子のニュース

「理想の上司」ナンバーワン・水卜麻美の管理職能力は?

NEWSポストセブン / 2017年02月15日07時00分

日テレは過去にも木村優子など女性アナウンス部長の時代もありましたから、後輩から人望の厚い水卜が重要なポストを担うのは自然な流れでしょう」(同前) “理想”が現実になるかもしれない!? ※週刊ポスト2017年2月27日号 [全文を読む]

日テレ・笹崎里菜アナはあっという間に“干されアナ”になる!?

アサ芸プラス / 2015年06月07日09時58分

『アナウンサーの基本はニュースを正確に伝える』という石川さんの意向は、同局最古参女子アナの井田由美、元アナウンス部部長の木村優子らにも引き継がれていきました。それゆえに教育には厳しく、特に女子アナには普段の振る舞いまでも注視されます。そんなお局アナたちからすれば、笹崎アナは正直入社してほしくなかったというのが本音でしょう」(テレビ関係者) また、スポンサー [全文を読む]

男性社員には人気でも……入社早々、社内の意見が二分した話題の日テレ・元ホステスアナ

日刊サイゾー / 2015年04月28日13時00分

今は子会社に出向しているが、前アナウンス部長で長年“女帝”として君臨していた木村優子女史がいれば、なんとしてでも笹崎アナの入社を阻止しただろう」(日本テレビ関係者) そんな状況だけに、笹崎アナの“取り扱い”はかなり難しいようだが、これからが彼女にとっての“正念場”となってくるようだ。 「笹崎アナの言動は局内の注目の的だけに、今後は週刊誌の格好のネタになりそ [全文を読む]

日本テレビの立役者・水卜アナ、絶好調の先に案じられる女子アナ界の「よからぬウワサ」

サイゾーウーマン / 2014年08月12日17時40分

西尾は7年連続で『24時間テレビ』の総合司会を務めたが、おそらく水トも、同じように毎年夏の顔になっていくことでしょう」(芸能ライター) さらに日本テレビのアナウンス部部長で、出世街道を登り詰める存在と思われていた木村優子アナウンサーが、突如として子会社に出向。「女子アナのタレント化」をあまり良しとしなかった木村アナの“左遷”によって、アイドルアナ・水トの黄 [全文を読む]

【ウラ芸能】日テレ「卒業」の木村優子氏が…

NewsCafe / 2014年07月01日18時00分

デスク「最近、日本テレビの風通しがよくなったってな」記者「ああ、先月の人事で長年アナウンス部で権勢を振るった木村優子アナウンス部長(53)が関連会社に飛ばされましたからね」デスク「かつては美人アナで人気があったよな。取材記者の後は広報部にもいて、男の記者には人気あったぞ」記者「今回の人事で、アナウンサーや放送作家を養成する日テレ学院の院長になりました」デス [全文を読む]

日テレ・アナウンス部の女帝が異動に! 再びアイドルアナ路線に回帰

週プレNEWS / 2014年06月29日06時00分

「アナウンス部長だった木村優子さんが、グループ戦略室出向局次長になったんです。それに伴い、日テレイベンツに出向になりました」 彼女は現役時代、報道キャスターとして活躍した実力派。それゆえ、アナウンス部長在任中は“タレント化する女子アナ”に異を唱えていたという。 「木村さんがアナウンス部長に就任するまでは、鈴江奈々アナ、葉山エレーヌアナ、夏目三久アナ(退社 [全文を読む]

田中みな実、退社の背景に“TBSの女帝”による号泣事件?同僚からも嫉妬、嫌悪…

Business Journal / 2014年06月27日20時00分

長峰のTBS内でのポジションは、先日発表された人事異動で、日本テレビのアナウンス部長の職を解かれて子会社へ出向となり話題を呼んだ木村優子のそれと似ている。木村も女子アナのアイドル化に猛反発していたといわれているからだ。 女子アナのアイドル化をめぐっては賛否両論あるが、あるフリー女子アナによれば、2000年あたりからテレビ局におけるアナウンサーの教育方針が激 [全文を読む]

日テレW杯番組の「絶対エース」 水卜麻美アナに関係者苦言

NEWSポストセブン / 2014年06月27日07時00分

本誌前号では、アナウンス部長の木村優子アナ(53)が子会社である日テレイベンツへと出向になったことを報じて話題となった。 「女子アナのタレント化」を懸念していた木村アナが部長を外れたことと関係するかどうかはさておき、日テレでは「好きな女性アナウンサーランキング第1位」の水卜アナへの依存度がサッカー番組でも高まっている。 6月20日の日本対ギリシャ戦では、 [全文を読む]

日テレ“女帝”木村優子アナだけじゃない! “女子アナの壁”を打ち破った「熟女アナ論」

日刊サイゾー / 2014年06月26日16時00分

先日、日本テレビのアナウンス部部長を務めていた木村優子アナ(53)が、子会社に出向になると報じられた。ほかにも同局では馬場典子アナ(40)が6月末で退社を発表。フジテレビでは2011〜12年にかけて異動の嵐が吹き荒れ、木幡美子アナ(47)がCSR推進部、田代優美アナ(47)が総務局法務室、吉崎典子アナ(52)が編成制作局へ、次々とアナウンス室を去っている。 [全文を読む]

「また一人地獄の道に…」 6月退社の馬場典子アナ、フリー転身も芸能プロから無視され前途多難

メンズサイゾー / 2014年06月21日11時00分

この突然の退社発表には、アナウンス部の部長として馬場アナを可愛がっていた木村優子さん(53)の“降格人事”が密接に関係していたようだ。「木村さんはアナウンス部で絶大な権力を持ち、局内で“女帝”と呼ばれるほど上層部も一目置く存在だった。ところが、6月の異動で突如として子会社に出向になり、部長待遇のままではありますが出世コースから完全に外れてしまいました。事実 [全文を読む]

フォーカス