山田正紀のニュース

小説偏愛者のみなさんへ 講談社より、新小説レーベル『講談社タイガ』、本日刊行!

PR TIMES / 2015年10月21日10時00分

<執筆予定者> 相沢沙呼/アイダサキ/青崎有吾/青柳碧人/秋田禎信/浅井ラボ/あざの耕平/雨木シュウスケ/天祢涼/天野頌子/彩坂美月/綾崎隼/石川宏千花/一穂ミチ/大沼紀子/荻原規子/恩田陸/上遠野浩平/北山猛邦/京極夏彦/紅玉いづき/最果タヒ/榊一郎/三田誠/篠田真由美/周木律/白河三兎/城平京/須賀しのぶ/杉井光/高里椎奈/凪良ゆう/七尾与史/西尾維 [全文を読む]

忍術対決の極致!『バジリスク』の新章を見逃すな!!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年02月27日09時00分

そして昨年、その新章である『桜花忍法帖 バジリスク新章』(山田正紀/講談社)が刊行された。【詳しくはこちら】ダ・ヴィンチニュースへ これほどまでに愛され続ける『甲賀忍法帖』。その魅力は一体どこにあるのだろうか?『甲賀忍法帖』は、憎しみ合う甲賀と伊賀の忍者たちが10対10の敵味方に分かれ、超人離れした術技で死闘を繰り広げ、どちらが勝利するのかを競うという、 [全文を読む]

SFの巨匠・小松左京 生誕85周年、没後5年企画『虚無回廊』初電子化!

PR TIMES / 2016年01月26日14時47分

【電子オリジナル企画】 ・生賴範義カバー原画2点 ・加藤直之イラストレーション「SF アドベンチャー」連載第1回 ・小松左京・直筆原稿 ・小松左京ライブラリによる解説 【特別収録】 ・堀晃 × 山田正紀 × 谷甲州 特別座談会(司会:大森望) 【配信書店】 ■Kindle http://amzn.to/1lMvqbD ■楽天Kobo http://bit [全文を読む]

講談社タイガ『期間限定創刊試し読み冊子』を店頭無料配布! Amazonでも電子版を配布開始

ダ・ヴィンチニュース / 2015年09月11日17時30分

森博嗣、西尾維新、野崎まど、野村美月、綾崎隼、山田正紀、天野頌子、似鳥鶏など、多くのファンに支持される執筆陣の作品の一部を期間限定で試し読みしよう! ■講談社タイガ『期間限定創刊試し読み冊子』 著者:森博嗣、西尾維新、野崎まど 他 配信開始日:2015年9月11日(金) 価格:0円 出版社:講談社 ■「講談社タイガ」 A6判型・全点新作 2015年10月2 [全文を読む]

すべての小説を愛する人たちへ 新小説レーベル「講談社タイガ」創刊!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年07月27日17時30分

相沢沙呼 アイダサキ 青崎有吾 青柳碧人 秋田禎信 浅井ラボ あざの耕平 雨木シュウスケ 天祢涼 天野頌子 彩坂美月 綾崎隼 大沼紀子 荻原規子 恩田陸 上遠野浩平 北山猛邦 京極夏彦 紅玉いづき 最果タヒ 榊一郎 三田誠 篠田真由美 周木律 白河三兎 城平京 須賀しのぶ 杉井光 高里椎奈 七尾与史 西尾維新 西澤保彦 似鳥鶏 二宮敦人 野崎まど 野村美 [全文を読む]

押井守でも『攻殻機動隊』の世界観は壊せなかった......? 日本を代表するSFマンガが切り開いた道

おたぽる / 2014年11月27日01時00分

星新一か小松左京から入って、筒井康隆、山田正紀、平井和正あたりを読み、そのまま海外に流れて、ロバート・A・ハインラインだのジェイムズ・ティプトリー・Jr.だのをザクザク読みあさる。マンガでは大友克洋の『AKIRA』......と見せかけて、『童夢』をこれ見よがしに読んでみたり。「俺ってこんな難しい本読んじゃって特別~!!」なんて思っていたけれど、実に一般 [全文を読む]

ビートたけしなどの著書を集めた“有名人の話題作セット”、仕事に役立つ“ビジネスに効く売れ筋セット”など祥伝社人気作品がセット特別価格で30%OFF

PR TIMES / 2014年05月15日12時36分

」』山田真哉、花輪陽子 『仕事に効く教養としての「世界史」』出口治明 これが現実の世界ではないと言い切れますか? <SF世界で遊ぼう> 通常価格 合計 1,890 円(税抜) ⇒ セット特価 1,323 円(税抜) 『出張の帰途』眉村卓 『人間狩り』半村良 『0番目の男』山之口洋 『アイ・アム I am.』菅浩江 『日曜日には鼠(ラット)を殺せ』山田正紀 [全文を読む]

25歳のダメ男が美少女と怠惰な日々を過ごす...俊英・森田季節が「完全に趣味で書いた小説」

おたぽる / 2014年04月08日13時00分

現時点で、アニメ化作品やベストセラーこそないが、2011年に出版された書評家・大森望選の書き下ろし短編SFアンソロジー『NOVA 4』(河出書房新社)では、京極夏彦や山田正紀といった錚々たる顔ぶれと並んで原稿を寄せるほどの、知る人ぞ知る"実力派"作家だ。 [全文を読む]

フォーカス