真壁幸紀のニュース

9月29日(くっつく)=“接着の日” スリーボンド「Bonding Innovation(ボンディングイノベーション)」イベント “時ノカケラ”特別上映会&トークショーを開催

@Press / 2014年10月03日11時30分

上映会はこれを記念して行われたもので、上映後には国際短篇映画祭SSFF&ASIAを主宰する俳優の別所哲也さんをスペシャルゲストに迎えて、真壁幸紀監督と松本ゆりふぁプロデューサーの3人による“時ノカケラ”トークショーも行われ、別所さんがショートフィルムにかける熱い思いを語ると真壁監督らが賛同するなど大いに盛り上がりました。※「接着の日(2010年3月に日本 [全文を読む]

映画『ボクは坊さん。』の独占先行配信を「プレミアムGYAO!」にて開始

PR TIMES / 2016年08月08日15時16分

■キャスト 伊藤淳史 山本美月 溝端淳平 渡辺大知 遠藤雄弥 ■スタッフ 監督 真壁幸紀 原作 白川密成 脚本 平田研也 製作統括 加太孝明、志賀司 ▼「プレミアムGYAO!」概要 映像配信サービス「GYAO!」の定額見放題プランです。本プラン向けに特選されたコンテンツ(映画、ドラマ、アニメ、ライブ映像など)が見放題となるほか、「GYAO!」の無料映像を [全文を読む]

伊藤淳史、山本美月の花嫁姿は「キラキラしていた」

Movie Walker / 2015年10月24日14時42分

主演の伊藤淳史、山本美月、イッセー尾形、主題歌「Today, Tonight」を歌った吉田山田、原作者の白川密成、真壁幸紀監督が舞台挨拶に登壇した。 主演の伊藤は「お坊さんというと、大切な人との別れの場面でお世話になる存在だと思っていて、身の引き締まる思いでしたが、それだけじゃなく、1人の人間で日常があって、時には羽目を外すこともある。生死に真摯に向き合っ [全文を読む]

吉田山田、映画完成披露試写会で初披露した主題歌「Today,Tonight」が感動を誘う

okmusic UP's / 2015年10月01日17時00分

【その他の画像】吉田山田この日の完成披露試写会には、出演者の伊藤淳史、山本美月、溝端淳平、濱田岳、松田美由紀、イッセー尾形をはじめ、真壁幸紀監督、原作者の白川密成という豪華なラインナップが登壇。そんなキャストと集まった観客の前で、吉田山田が主題歌の「Today,Tonight」を初披露すると、会場中は温かさに満ち溢れた。なお、主題歌「Today,Tonig [全文を読む]

伊藤淳史、山本美月&溝端淳平に「気遣いがない」とクレーム!?

Movie Walker / 2015年09月30日20時12分

』(10月24日公開)の完成披露試写会が9月30日にユナイテッド・シネマ豊洲で開催され、伊藤をはじめ、山本美月、溝端淳平、濱田岳、松田美由紀、イッセー尾形、原作者の白川密成、主題歌を担当した吉田山田、真壁幸紀監督が登壇。幼馴染の仲間を演じた伊藤、山本、溝端が、劇中同様に仲睦まじいやりとりを見せて会場を盛り上げた。 幼馴染の仲間を演じた三人だが、実年齢は伊藤 [全文を読む]

吉田山田、映画『ボクは坊さん。』主題歌「Today,Tonight」を配信リリース

okmusic UP's / 2015年09月25日11時00分

この原作を映画化するために『ALWAYS』シリーズのベテラン勢が結集し、真壁幸紀監督により映画化が実現した。今年は、高野山開創1200年という記念の年でもあり、お坊さんを主人公とした、笑って泣けて、心癒されるエンタテインメント作品である本作も注目を集めそうだ。 そんな同映画の世界観に吉田山田の書き下ろし楽曲「Today,Tonight」が華を添える。映画 [全文を読む]

吉田山田、映画『ボクは坊さん。』主題歌に書き下ろしの新曲を提供

okmusic UP's / 2015年06月27日13時00分

『ALWAYS 三丁目の夕日』のスタッフが結集し、真壁幸紀監督により映画化が実現。今年は高野山開創1200年という記念の年でもあり、お坊さんを主人公とした笑って泣けて、心癒されるエンタテインメント作品がここに誕生した。 そしてこの映画の世界観に華を添えるのが、吉田山田の書き下ろし楽曲「Today, Tonight」。なお、「Today, Tonight」 [全文を読む]

“9月29日(月) = 接着の日”にあわせて 映像作品「時ノカケラ」の特別上映をはじめ、様々な来場者参加型イベントが満載のスリーボンド「Bonding Innovation(ボンディングイノベーション)」を開催 日時:9月28日(日)11:00~19:00・29日(月)10:00~19:00 会場:BA-TSU ART GALLERY(渋谷区神宮前)/入場無料

@Press / 2014年09月12日14時30分

「時ノカケラ/A piece of Dogu」は、クリエーターズボンディングをプラットフォームに、若き才能あふれる映画監督:真壁幸紀氏と、アーティスト:松本ゆりふぁ氏の2人をくっつけて創造力を相乗効果的に活性化。縄文時代を代表する遺物である“土偶”という謎が多いモチーフを軸に、友情・恋愛・郷愁など普遍的な要素を持ち込むことで、新鮮だけど共感を得られる、そ [全文を読む]

フォーカス