岡崎聡子のニュース

「酒井法子もやめられない……」6度目逮捕の岡崎聡子容疑者が語った“シャブセックス”の恐怖

日刊サイゾー / 2013年02月26日11時00分

覚せい剤取締法違反で6度目の逮捕となった元五輪体操選手の岡崎聡子容疑者(52)が、逮捕前に知人に「たぶん、のりピー(酒井法子)もシャブはやめられない」と話していたことが分かった。 岡崎容疑者と飲み友達だったという知人女性によると、容疑者が以前「私はもうやめられない。女がシャブセックスを味わったら、やめるのは無理。たぶん、のりピーも同じ。彼女もシャブセックス [全文を読む]

高知東生の更生は不可能?芸能人”薬物事犯”の異常な再犯率

デイリーニュースオンライン / 2016年07月03日08時07分

岡崎聡子(55) 体操選手としてモントリオール五輪(1976年)に出場した岡崎聡子は、2013年までに大麻所持や覚せい剤所持により、少なくとも7度逮捕されている。女性の有名人ではおそらくトップだろう。証拠不十分も含めると逮捕は10回を超えるとされている。 ■岡村靖幸(50) ミュージシャンの岡村靖幸は、2008年までに覚せい剤取締法違反で3度逮捕されて [全文を読む]

「どっちでもいい」の声も...元五輪選手・岡崎聡子容疑者は7か月ぶり7度目ではなく、13度目の逮捕だった!?

東京ブレイキングニュース / 2013年09月20日13時00分

Written by 東堂玄介 Photo by Alexandros "Ishkandar" Raskolnick [全文を読む]

ASKA「お茶すり替え」に“ネタ元”が? アウトローコミック原作者が指摘

日刊サイゾー / 2017年01月07日09時00分

こういう薬物捜査の捜査段階のミスは、実は珍しくなくて、逮捕されて不起訴になったことがある岡崎聡子や小向美奈子も似たようなケースだったと思われます」(同) 漫画内の話では、女性が出所後も売人たちから覚せい剤を売られそうになる場面があり、日常生活でも危ない誘いから逃げにくい現実もしっかり描かれてはいるのだが、影野氏は「もしASKAさんが私の漫画を読んでいたなら [全文を読む]

歌のお兄さん逮捕で再燃?すべてを破壊する覚醒剤の恐怖

しらべぇ / 2016年04月16日05時30分

清水健太郎、田代まさし、岡崎聡子、そして先述の田口智治など、同じ過ちを繰り返してしまう有名人は多く存在する。それは「本人の意志が弱い」という問題ではなく、「それだけ薬物には強烈な依存性がある」ということがようやく一般市民の共通認識となり始めた。依存患者の治療と更生も、そうした視点から考えなければならない。■消えゆく友人薬物依存治療の専門家が異口同音に言うの [全文を読む]

【日本人と覚せい剤】なぜ芸能人は薬物を使うのか

東京ブレイキングニュース / 2015年02月20日20時00分

ここ数年でいうと田代まさし、押尾学、清水健太郎、岡崎聡子、ASKA,そして小向美奈子等である。実は、現在、日本は第三次薬物乱用時期と言われている。 第一次は戦後の混乱期の1945年から1957年、これは俗にヒロポンと言われる覚せい剤が出回った時期だ。次が1970年から1994年と言われる。この時期は覚せい剤では無く、有機溶剤が主流である。つまり暴走族が多く [全文を読む]

ASKA被告の薬物「暴力団ルート」に多数の芸能人が関与か

東京ブレイキングニュース / 2014年08月27日17時00分

本サイトでも何度も報じている元オリンピック選手の岡崎聡子受刑者も逮捕前、今回関係する組織事務所に頻繁に出入りする姿が目撃されていた。 また、このY容疑者の「芸能人自慢」では、ASKA被告以外の芸能人の名前も多数挙がっていたとも言われ、今回の両容疑者逮捕で怯えている芸能関係者も多いという。さらに元大物暴力団関係者の関与も囁かれ、ASKA被告周辺で次々と逮捕者 [全文を読む]

ASKA容疑者“精液ティッシュ”に陽性反応……「脳に鳥肌立つくらい気持ちいい」シャブセックスの恐怖

日刊サイゾー / 2014年05月22日20時30分

“シャブセックス”の中毒性とは、どの程度のものなのだろうか? 「覚せい剤使用容疑で7度逮捕されている元五輪体操選手の岡崎聡子容疑者は、飲み友達に『私はもうやめられない。女がシャブセックスを味わったら、やめるのは無理』と話し、記者による獄中の面会インタビューでも、『刑務所では、内心また薬をやるつもりでも、表向きは“二度としません”と反省の態度を示せば仮出所で [全文を読む]

ASKAだけじゃない!? 芸能界・薬物汚染ルートの大物売人に接触「事務所とも取引が...」

東京ブレイキングニュース / 2013年09月21日11時00分

最近では清水健太郎や岡崎聡子らの「常連」による覚せい剤、脱法ドラッグなどでの騒動により、「やはり芸能界とドラッグは切り離せないのか」と思った方も多いだろう。週刊文春による一連の「シャブ&ASKA」報道も記憶に新しい。 芸能界の薬物汚染は以前から噂されているが、なかなかその実態は見えてこない。そこで都内で活動する、ある「売人」に接触を試みた。この男は元指定暴 [全文を読む]

フォーカス