林隆三のニュース

林隆三さん ドロ沼離婚から14年…別れた女優妻はいま

WEB女性自身 / 2014年06月19日07時00分

(報道されているような)闘病とか、手術といったような話は、いっさい聞いていませんでした」と語るのは、6月4日に亡くなった林隆三さん(享年70)の親族だ。 葬儀は生前の林さんの意志により密葬で行われた。参会者は50人ほどで、名優の葬儀としては寂しいもので、その会場には林さんの人生を彩った2人の女性の姿もなかったという。元妻で女優の青木一子さん(70)と、元マ [全文を読む]

故・林隆三さん 酒を飲むと子供の話をし朝まで飲み明かした

NEWSポストセブン / 2014年06月14日07時00分

神奈川・横浜の緑豊かな住宅地に、林隆三さん(享年70)の自宅はあった。120坪の広大な土地に建てられた地下1階地上4階建ての豪邸はひとりで暮らすにはあまりに広い家だった。 6月4日、入院先の都内の病院で腎不全のためになくなった林さん。死の直前までこの家で暮らしていたが、玄関脇やベランダの植木は手入れがされておらず、3階の出窓から見える障子の紙もところどころ [全文を読む]

林隆三の地元のフランス料理店 「牛ハラミ肉のステーキ」にぐっさんが興奮!

ぐるなび / 2013年12月09日20時10分

12月7日の「にじいろジーン」(フジテレビ系、毎週土曜午前8時半)の人気コーナー「ぐっさんを連れて行くならこんなトコ!」に俳優の林隆三さんがゲストで登場し、ぐっさんことの山口智充さんとともに川崎市宮前区の「ジャラン ジャラン」を訪れた。 同店は、住んで20年近くになる林さんの地元にあるフランス料理のレストラン。家庭的な雰囲気がお気に入りで、月に2回は必ず訪 [全文を読む]

「CRISIS」のダークな世界観が 「ザ・ハングマン」愛を呼び起こす

CREA WEB / 2017年09月27日12時00分

西島秀俊のニヒルさも初代リーダー・ブラック(林隆三)をどこか思い出させるッ。 中年女性の妄想力とヤンキーのバイクは、一度走りだすと止められないのだ。このまま記憶の波止場までカッ飛ばすぜ……! 煽りに煽る森山周一郎の OPナレーションに悶える! 「ザ・ハングマン6」からモルモット小父さんを演じた稲川淳二。モルモット小父さんは、悪者への制裁方法の実験台になると [全文を読む]

語っていいとも! 第39回ゲスト・元ちとせ「『ワダツミの木』だけじゃない、自分の存在をもっと残していきたい」

週プレNEWS / 2017年04月16日12時00分

繋ぎで切り込んでくる林隆三さんのナレーションもすごくよかったですし。ほんと続けてほしい番組でした。 元 続けたかったんです。もっと知りたかったし、もっとあるでしょうし。 ―まだまだ世界中のね。署名とか集めて嘆願したいぐらいですよ。 元 是非してください(笑)。本当にいい番組だって言ってもらえてよかったんで。 ―では、ここでまずアピールして。奄美の島民から全 [全文を読む]

戦争用語使わない「しんぶん赤旗」はスポーツ報道に向かず

NEWSポストセブン / 2016年09月16日16時00分

林隆三演じる戦中世代の銀行マン紺野が、若い部下の提案してきた「あなたの街に幸福の集中爆撃」と書かれた定期預金の広告コピーに、戦争の記憶が風化していることを嘆くシーンで始まる。 本作は痛烈な戦後風刺だが、と同時に何の意図もない日常にすわ戦争を発見する、戦中世代の杓子定規・滑稽さも描写している。“主砲”は戦争用語だから駄目……。なるほど奇妙な話だが、イチローの [全文を読む]

元祖『問題のあるレストラン』? 70年代に中山千夏主演で超過激な“フェミドラマ“が

リテラ / 2015年03月12日18時00分

劇中では、黒澤明の映画『生きる』などで知られる名優・志村喬が家長の役を務めたほか、志村の孫の五兄弟のうち三男を昨年亡くなった林隆三が、四男を『建もの探訪』(テレビ朝日系)のリポーター役でもおなじみの渡辺篤史が演じた。さらに主役の田の中菊には、子役出身の俳優でタレントの中山千夏が扮している。脚本は佐々木守。彼にとってこのドラマは、ウルトラマンシリーズなどと並 [全文を読む]

北野武「公開までに死なないで!」平均年齢72歳の新作『龍三と七人の子分たち』の“ハラハラ”度

日刊サイゾー / 2015年02月05日13時00分

ところが、その菅原さんも難しいということで、次に候補に挙がったのが林隆三さんなんです。本当に偶然なんですが、みなさんお亡くなりになって……。それで『公開までに死なないでくれよ! お蔵入りになるから』とコメントしたんです。あれは冗談でもなく、こういった経緯があったので、本当にみなさんのことを心配して言ったんです」(映画関係者) 確かに平均年齢72歳のキャスト [全文を読む]

【追悼】2014年に逝去した日本の俳優、映画人

Movie Walker / 2014年12月28日19時05分

【トライワークス】 淡路恵子(女優・享年80)…代表作『女が階段を上る時』(60)『男はつらいよ 知床慕情』(87) 高橋昌也(俳優、演出家・享年83)…代表作「北の国から」『メゾン・ド・ヒミコ』(05) 加藤精三(声優、俳優・享年86)…代表作「巨人の星」星一徹役『クレヨンしんちゃん ブリブリ王国の秘宝』ブリブリ魔人役(94) 永井一郎(俳優、声優・享年 [全文を読む]

喪中でも年賀状「欲しい」55.4% 喪中見舞や年始状のマナー

NEWSポストセブン / 2014年12月25日16時00分

やしきたかじんさんや蟹江敬三さん、林隆三さん、淡路恵子さん、山口淑子さん、土井たか子さん、“6人めのTOKIO”と親しまれた三瓶明雄さん、また昭和の映画史を代表し多くの人々を魅了した高倉健さんに菅原文太さん……そのほかにも数多くの著名人が、2014年に亡くなった。その時折々の追悼番組だけでなく、年末に1年を振り返る番組の中には、こうした人たちの在りし日の姿 [全文を読む]

【TBSオンデマンド】ドラマNEO「ダークシステム 恋の王座決定戦」1月22日(水)よる11:00より見逃し配信スタート!!

PR TIMES / 2014年01月23日15時45分

その他、弓削智久、板尾創路、伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)、林隆三ら個性豊かな俳優陣が顔を揃えます。 見逃した方も、もういちど見たい方も、ぜひTBSオンデマンドでお楽しみください!ダークシステム 恋の王座決定戦【出演】八乙女光(Hey! Say! JUMP)、玉城ティナ、弓削智久、伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)、板尾創路、林 隆三 ほか [全文を読む]

夏八木勲 俳優座「花の十五期生」として三年間で気づいたこと

NEWSポストセブン / 2013年04月11日07時00分

この時の同期生には他に原田芳雄、林隆三、地井武男、村井国夫、前田吟、小野武彦、高橋長英、太地喜和子、栗原小巻といった後に映画演劇界を担う若者たちが顔を揃えていて、「花の十五期生」と呼ばれることになる。 「俳優座の養成所は三年間あって、それが大きかったと思います。一年じゃあ、短すぎる。三年間も四十人くらいの若者が芋を洗うみたいにゴロゴロしているわけですから、 [全文を読む]

名作ドラマ&漫画「最終回のヒミツ」(5)究極の時代劇ベスト5

アサ芸プラス / 2013年03月15日09時54分

奉行所で拷問を受けた政吉(林隆三)は、仲間をかばって自害してしまう。政吉ファンとしての私は、その時点で号泣! 仕事屋の元締め・おせい(草笛光子)は告白していないけど、実は政吉の産みの母親なんです。それで復讐を誓ったおせいは命をかけて、敵に挑む‥‥。だけど、もう1人残った稼業の半兵衛(緒形拳)が「残った人間はみっともなくても生きていかなくてはダメだ」と説得。 [全文を読む]

映画「グスコーブドリの伝記」キャラクター原案の ますむら・ひろし氏に単独インタビュー!

PR TIMES / 2012年07月11日12時07分

ますむら・ひろし氏インタビューはこちら http://www.creativevillage.ne.jp/cafe/masumura01.html 7月7日(土)丸の内ピカデリーほか 全国ロードショー 『グスコ-ブドリの伝記』 原作/宮沢賢治 監督・脚本/杉井ギサブロー (『銀河鉄道の夜』『あらしのよるに』) 主題歌/小田和正「生まれ来る子供たちのために [全文を読む]

映画「グスコーブドリの伝記」公開記念 ホルダー付きフレーム切手新発売!

PR TIMES / 2012年06月25日09時35分

声の出演には、主人公ブドリを小栗旬、ブドリの妹ネリに忽那汐里、ブドリの両親に林隆三と草刈民代、その他ブドリが出会う人物たちを佐々木蔵之介、林家正三、柄本明が演じるなど、豪華キャストの競演が実現しました。 ブドリの愛と勇気、映画の感動を忘れないために、ぜひこの切手をお手元に置いておかれることをお勧めします。 切手名称:「グスコーブドリの伝記」ホルダー付きフ [全文を読む]

フォーカス