菅原一秀のニュース

「蓮舫が帰化して泣いた」デマを拡散した自民党・菅原一秀議員の愛人へのグロテスクなハラスメント

リテラ / 2016年06月19日12時00分

自民党の菅原一秀衆議院議員が6月17日、都知事選をめぐる党会合の場で、こんな発言をしたのだ。「自分が日本人に帰化したことが悔しくて悲しくて三日三晩泣いた、と自らブログに書いている。人気があるからといって選ぶような都民はいないと思うが、選挙はえてしてそういうものだ」 だがこれ、もちろん蓮舫議員のブログにそんな記述はなく、元ネタはネット右翼が根拠もなくばらまい [全文を読む]

TRFのSAMが、キッズから高齢者まで幅広い層にダンスを普及するための活動団体として「一般社団法人ダレデモダンス」を設立

@Press / 2016年06月09日18時00分

■一般社団法人ダレデモダンス概要名称 : 一般社団法人ダレデモダンス設立 : 2016年2月17日代表理事: SAM(TRF)理事 : 石川 勝(東京大学 特任研究員/ 株式会社シンク・コミュニケーションズ代表取締役) 蝦名 大也(釧路市長) 菅原 一秀(衆議院議員) 千葉 茂(学校法人片柳学園・日本工学院専門学校 学校長) 古川 俊治(参議院議員/医師/ [全文を読む]

「子供を産んだら女じゃない」 愛人が文春でモラハラ告発! 保育園ヤジ議員は自民党“ネトサポ“の親玉だった

リテラ / 2016年03月31日08時30分

2月29日の衆院予算委員会で、民主党・山尾志桜里議員がこのブログを取り上げた際、「誰が書いたんだよ」「匿名だよ、匿名」「ちゃんと本人を出せ」「うざーい」「やめろよ、やめろ」などとヤジをとばした自民党議員は、平沢勝栄、石田真敏、衛藤征士郎、菅原一秀、石原宏高、白須賀貴樹、関芳弘ら。 その中の1人、菅原一秀衆議院議員の元愛人が今日、3月31日発売の「週刊文春 [全文を読む]

都知事選不出馬は民進党代表狙い? 蓮舫氏の母を直撃

NEWSポストセブン / 2016年06月28日07時00分

この「帰化」をめぐっては、自民党の菅原一秀・衆院議員が“デマ”を流したとして大炎上したばかりである。菅原氏は、蓮舫氏の都知事選出馬がまだ取り沙汰されていた17日に、 「(蓮舫氏は)五輪に反対で、『日本人に帰化をしたことが悔しくて悲しくて泣いた』と自らのブログに書いている。そのような方を選ぶ都民はいない」 と発言。その後、「ネットで流れていた情報だった」と訂 [全文を読む]

こんな政治なら自分が立候補? 選挙に出るのにマジでお金はいくらかかるのか

週プレNEWS / 2014年11月27日06時00分

自民党の選挙対策副委員長・菅原一秀(すがわらいっしゅう)衆議院議員が語る。 「選挙にかかるお金でいえば、供託金はほんの一部です。衆院選の選挙期間は12日間で、公営ポスター掲示板に張る選挙用ポスターは枚数が決まっています。しかし、自分の訴えていることを広く有権者に知ってもらうためには、日常の政治活動用ポスターを数千枚刷って個人宅の壁に張らせてもらうなどの活 [全文を読む]

低姿勢で売り込め!? エイベックスがELTやTRFの“再生計画”を猛烈進行中

日刊サイゾー / 2013年03月02日12時00分

SAMと菅原一秀・経産副大臣が元ダンス仲間といった小ネタをメディアに提供し、着実に“再ブレイク”路線を進めている。 「TRFの場合は5年ほど前から復活プロジェクトが進んでいましたが、ボーカルのYU-KIの“劣化”が著しく、今ひとつ波に乗れない状態が続いてきました。そこで、同社ではSAMやDJ KOOの年齢不詳ぶりや天然っぽいキャラを前面に押し出す方針に転換 [全文を読む]

フォーカス