北大路魯山人のニュース

京都らしさのすべてがある。五感で古都に触れられる花見小路の旅

まぐまぐニュース! / 2017年03月17日01時44分

主に近現代中心の美術品を展示していて、北大路魯山人・村上華岳・山口薫の作品を数多く収蔵しています。散策がてらぶらりと立ち寄ってみると新しい発見があるかもしれません。 今回は桜の時期が近くなってきたので、祇園白川や丸山公園といった中心地の桜の名所にも近い花見小路をご紹介しました。京都へお花見にお出かけの際は是非立ち寄ってみて下さいね! いかがでしたか? 京都 [全文を読む]

12月3日 (土)より1日20食限定、冬季限定佐々木酒造監修「香ばしお揚げと酒粕ラーメン」

@Press / 2016年11月17日13時15分

詳細はこちら プレスリリース提供元:@Press 【関連画像】 [全文を読む]

古き良き時代の温泉文化に浸る!北陸の名湯・山代温泉のレトロな共同浴場【魅惑の温泉案内 Vol.98】

サライ.jp / 2016年07月23日17時00分

のちには与謝野晶子や泉鏡花、さらに食と陶芸の世界で活躍した北大路魯山人も滞在。ゆかりの品も多く遺ります。 温泉地は、共同浴場を中心に旅館が並び、さらにその周辺に商家などが取り囲むという構造です。共同浴場を中心としたこの街並みを「湯の曲輪(ゆのがわ)」と呼びますが、これは北陸独特の呼び方とのこと。 山代温泉には、現在2つの共同浴場があります。地元の方が日常 [全文を読む]

食や芸術に通じた北大路魯山人の文庫未収録の随筆を集めた本

NEWSポストセブン / 2015年09月01日07時00分

【書籍紹介】『魯山人の真髄』北大路魯山人/河出文庫/760円+税 子供の頃から食べ物にやかましかった話、遊ぶ努力をして行なう陶器作り、大嫌いだという茶人という人種、ほかに新渡戸稲造の絵画観を辛辣に批判した一文や交遊録など、様々な世界に精通し活躍した著者による、文庫未収録のエッセイを集めた一冊。 ※週刊ポスト2015年9月11日号 [全文を読む]

【絶品グルメ】今が旬の「ふぐ」!最初に食べたのは、まさかの○○時代の人!

Woman Insight / 2014年11月21日21時30分

【4】三島由紀夫も、北大路魯山人も、大作家たちはふぐを愛していた! 戦後、銀座や赤坂などでも下関や大分の新鮮なふぐが食べられるようになり、高度経済成長とともに高級料理として定着しました。そして三島由紀夫、北大路魯山人、『失楽園』で有名な渡辺淳一など著名な文化人たちがこぞってふぐを愛し、エッセイなどにその魅力をしたためたことから、さらにふぐが“憧れの美食” [全文を読む]

バレエ、オペラ、漫画の分野で人間国宝が認定されない理由は

NEWSポストセブン / 2013年06月18日16時00分

名利を求めない姿勢を貫いた市井の陶芸家・河井寛次郎と、陶芸家として初の文化勲章を受章した板谷波山、そして、美食家としても知られる織部焼の北大路魯山人である。 一方、一芸を極めた人がこの称号を戴くのが基本だが、北村武資氏のように「染織」の「羅」(ら)と「経錦」(たてにしき)で重複して認定された人もいる。また、歌舞伎俳優の故松本白鸚と中村吉右衛門のように、親子 [全文を読む]

フォーカス