佐田啓二のニュース

日本映画界の巨匠・木下惠介監督作品を動画配信サービス「TBSオンデマンド」にて、明日12月1日(土)より配信開始!!

PR TIMES / 2012年11月30日16時15分

「木下惠介 生誕100年プロジェクト」(12月)------------------------------------------------動画配信サービス「TBSオンデマンド」にて配信■TBSオンデマンド ホームページ http://tod.tbs.co.jp/《12月1日(土)配信開始作品(9作品)》1.『カルメン故郷に帰る』(1951年・松竹) [全文を読む]

結婚詐欺師役ディーン・フジオカ「魅力的なキャラクターになれば」 貫地谷しほりからは「ディーンの魅力満載」

エンタメOVO / 2017年06月09日11時41分

ディーンを「昔の市川雷蔵さんや佐田啓二さんのような地に足がついた役者さん。会うたびに成長していて、この作品も難易度が高かったんですけど、見事にクリアされて感動しました」と賛辞を送り、ディーンを喜ばせた。 映画は6月24日より全国公開。 [全文を読む]

完璧男ディーン・フジオカの「弱点は耳」と共演の萬田久子が暴露!?

Movie Walker / 2017年06月09日04時00分

未知数な部分も多々ありますが、市川雷蔵さんや佐田啓二さんのような、一本通っている、地の足のついた役者というのは滅多に会えないんですけど、彼は会うたびに成長されていて、今回は難易度の高い芝居を見事にクリアされていて感動しました」と言葉を贈る。 監督の言葉にディーンも「ありがとうございます」と頭を下げ、最後に担当した主題歌について「作品の一部になるよう、かつ楽 [全文を読む]

野村萬斎、市川猿之助、佐藤浩市…“浅からぬ縁”の連鎖!『花戦さ』応援者が次々名乗りをあげる“不思議”な映画

dmenu映画 / 2017年06月05日07時00分

二人の父親は、ともに松竹の主演俳優だった佐田啓二と三國連太郎(のちに移籍)。佐田は37歳と若くに亡くなっているので意外な気もするが、三國のほうが3つ年上。佐田と三國は松竹の専属俳優時代、『海の花火』『命美わし』(ともに1951年)『本日休診』(1952年)で共演している。主演級の俳優である中井、佐藤が共演するのは珍しいが、これまでもあった。しかしそれは父の [全文を読む]

中井貴一が語る武田信玄という因縁

NEWSポストセブン / 2016年10月29日16時00分

ちなみに、大河第一作『花の生涯』は、父・佐田啓二が主演している。 「『信玄』は26作目なんですが、綺羅星のごとく素晴らしい俳優さんが出てきた中で、26名しか主役を演じた人はいないわけですよね。その最初を父がやり、26本目に話をもらったということだけで光栄な気がしました。しかも、父は山梨の韮崎で亡くなっているのですが、その父が亡くなった土地の武田信玄という役 [全文を読む]

中井貴一 父の職業・役者は最も遠い商売だった

NEWSポストセブン / 2016年10月10日07時00分

* * * 中井貴一の父親は往年の映画スター・佐田啓二だ。佐田は1964年に交通事故で死去、中井がまだ二歳の時のことだった。「家には祖母と母と姉がいましたが、キャッチボールをする相手がいなかったり、男というものの存在が分かりませんでした。それでも家長として教育されて、物心ついた時は親父が座っていた席に僕が座らされていました。 父親の映画をガキの頃から観に [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】中井貴一、「俳優をやりながら親父との思い出を作っている」。柳葉敏郎との共演は「心のアドリブで」。

TechinsightJapan / 2015年01月07日21時25分

名優・佐田啓二を父にもつ中井貴一は、自身が2歳の時に父を亡くしたことから「直接、父親との思い出はない」と語りながらも「親父がいなかったから俳優をやっている。俳優をやりながら今、親父との思い出を作っている」と亡き父への思いを明かした。一方で2人の子供の父親となった柳葉は「一緒に妖怪ウオッチやっています」と目を細め、「親の気持ちが最近分かるようになってきた。 [全文を読む]

中井貴一&工藤阿須加、偉大な父は「一生、超えられない存在」

Movie Walker / 2015年01月07日17時59分

俳優の佐田啓二を父に持つ中井は「親は幹で、子どもは枝葉」と口火を切り、「子どもが親に勝てることは多分、一生ないと思う。親に近づいていこうと努力するけれど、そこには大きな壁があって、子どもは跳ね返されながら一生懸命に向かっていくもの」とじっくりとコメント。 ソフトバンク・工藤公康監督の長男で、若手俳優の工藤は「親は憧れであり、超えられない壁」と中井の意見に同 [全文を読む]

フォーカス