佐田啓二のニュース

日本映画界の巨匠・木下惠介監督作品を動画配信サービス「TBSオンデマンド」にて、明日12月1日(土)より配信開始!!

PR TIMES / 2012年11月30日16時15分

「木下惠介 生誕100年プロジェクト」(12月)------------------------------------------------動画配信サービス「TBSオンデマンド」にて配信■TBSオンデマンド ホームページ http://tod.tbs.co.jp/《12月1日(土)配信開始作品(9作品)》1.『カルメン故郷に帰る』(1951年・松竹) [全文を読む]

ご存知ですか? 3月24日は「桜田門外の変」の日です

文春オンライン / 2017年03月24日07時00分

ちなみに、同作で金吾に扮した中井貴一の父・佐田啓二は、大河第1作『花の生涯』において、直弼が師事した国学者・長野主馬(しゅめ)を演じている。 その政治のやり方から、強権的なイメージの強い直弼だが、はたしてその実像はどうだったのか。そもそも彼は11代藩主の十四男にすぎず、兄たちが次々と亡くなりさえしなければ、藩主にはなっていなかった。まったくもって運命のいた [全文を読む]

中井貴一が語る武田信玄という因縁

NEWSポストセブン / 2016年10月29日16時00分

ちなみに、大河第一作『花の生涯』は、父・佐田啓二が主演している。 「『信玄』は26作目なんですが、綺羅星のごとく素晴らしい俳優さんが出てきた中で、26名しか主役を演じた人はいないわけですよね。その最初を父がやり、26本目に話をもらったということだけで光栄な気がしました。しかも、父は山梨の韮崎で亡くなっているのですが、その父が亡くなった土地の武田信玄という役 [全文を読む]

中井貴一 父の職業・役者は最も遠い商売だった

NEWSポストセブン / 2016年10月10日07時00分

* * * 中井貴一の父親は往年の映画スター・佐田啓二だ。佐田は1964年に交通事故で死去、中井がまだ二歳の時のことだった。「家には祖母と母と姉がいましたが、キャッチボールをする相手がいなかったり、男というものの存在が分かりませんでした。それでも家長として教育されて、物心ついた時は親父が座っていた席に僕が座らされていました。 父親の映画をガキの頃から観に [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】中井貴一、「俳優をやりながら親父との思い出を作っている」。柳葉敏郎との共演は「心のアドリブで」。

TechinsightJapan / 2015年01月07日21時25分

名優・佐田啓二を父にもつ中井貴一は、自身が2歳の時に父を亡くしたことから「直接、父親との思い出はない」と語りながらも「親父がいなかったから俳優をやっている。俳優をやりながら今、親父との思い出を作っている」と亡き父への思いを明かした。一方で2人の子供の父親となった柳葉は「一緒に妖怪ウオッチやっています」と目を細め、「親の気持ちが最近分かるようになってきた。 [全文を読む]

中井貴一&工藤阿須加、偉大な父は「一生、超えられない存在」

Movie Walker / 2015年01月07日17時59分

俳優の佐田啓二を父に持つ中井は「親は幹で、子どもは枝葉」と口火を切り、「子どもが親に勝てることは多分、一生ないと思う。親に近づいていこうと努力するけれど、そこには大きな壁があって、子どもは跳ね返されながら一生懸命に向かっていくもの」とじっくりとコメント。 ソフトバンク・工藤公康監督の長男で、若手俳優の工藤は「親は憧れであり、超えられない壁」と中井の意見に同 [全文を読む]

フォーカス