浜田幸一のニュース

「たけしを突き飛ばしたことも」わが道を行った"稀代の破天荒"浜田幸一さんを偲ぶ

日刊サイゾー / 2012年08月13日08時00分

5日に急性心不全のため亡くなった「ハマコー」こと、浜田幸一さんの武勇伝は数知れず。政治家時代は"政界の暴れん坊"と呼ばれたが、そのプライドの高さでも有名だった。 生前の浜田さんを取材したジャーナリストの片岡亮氏によると「例えばテレビ番組の出演依頼も、ほかのゲストの出演料を聞いて、自分が一番高くないと出ないと、ご本人が言っていたほど」だという。「それで近年の [全文を読む]

【書評】たけしと走り続けた高田文夫が描く大衆芸能史

NEWSポストセブン / 2017年05月12日07時00分

もひとつおまけにヨイショの達人で、四谷三丁目の料理屋で偶然会ったハマコーこと浜田幸一先生をほめまくり「夜明けは近い」とはげまされた話が痛快だ。 たけしとの出会いでばりばりと表現する力技をみがいた。「足立区のたけちゃん」はいまや「世界の北野」となり、「渋谷区の高田親分」は「芸能界の水戸黄門」として、新人発掘のドラゴン光線を発射しつづけるのです。 ※週刊ポスト [全文を読む]

社会学者・古市憲寿が小沢一郎を怒らせた騒動の構図

東京ブレイキングニュース / 2016年07月14日19時00分

いきなり「小沢さん、再婚の予定は」という空気の読めなささ質問は、言った側が例えば、亡き浜田幸一氏や田原総一朗氏のような百戦錬磨・修羅場をくぐっている人間の言葉だったら、もしかしたら小沢氏も苦笑レベルで済んだのかもしれない。「ハマコーさんならしょうがないないな」と。 が、古市氏はその態度から(これは少し同情するのだが)可哀想にも、「生意気」がそもそもそ前提に [全文を読む]

舛添要一前知事 出演時代劇で「潔く引退すべき」の名台詞

NEWSポストセブン / 2016年06月29日07時00分

本人のこだわりだったのか? 元政治家のドラマ出演といえば、大女優八千草薫と夫婦役で連ドラ主演したり、『新・科捜研の女』にゲスト出演を遂げたハマコーこと浜田幸一の先例もある。はっきり言って、前知事の勝海舟の演技は微妙だったが、俳優チャレンジの価値はある。特に最近、悪役の席は空いてます! 調べたところ、舛添前知事の勝海舟ドラマは8月2日にCSで放送される。歯に [全文を読む]

内政問題だったはずの「靖国問題」を中韓に焚きつけたのは誰か?

まぐまぐニュース! / 2015年12月08日20時00分

ちなみにこの田邊誠と言えば、ハマコー(浜田幸一)さんいわく、南京虐殺記念館の資金調達まで支援したと噂される人物である。 もちろん、この話のどこまでが信ぴょう性のある話なのかは分からないが、これら多くの根底には、日本側から発せられた情報に端を発することが少なくないという点にある。だから、私も必要以上に「中国が」とか、「韓国が」と一方的に非難するのがあまり好き [全文を読む]

<民主党議員が自民党女性議員を羽交い締め>法律の制限が及ばない「国会」は罵詈雑言と暴力が横行する無法地帯

メディアゴン / 2015年09月20日12時00分

今思うと、ハマコーこと浜田幸一氏は、乱闘の中もおもろいパフォーマンスを見せていたなぁ、と思う。生前、テレビで何回か一緒になったが、意外に頭のいい人だったので感心した記憶がある。しかし、放送では、本質をついた発言が、すべてカットされていた。ハマコー氏は、「日本はアメリカの植民地なんだよ。」とも言っていた。「へ〜、この人、ちゃんとそういうことを理解して自民党議 [全文を読む]

中曽根康弘氏 歴代自民党総裁の中で「一番画になった」の評

NEWSポストセブン / 2015年07月24日16時00分

案内を買って出たのはハマコーこと浜田幸一氏だ。中曽根氏の印象について、岡崎氏はこう語る。 「元祖パフォーマンス宰相で一番画になった方です。時間には正確でした」 写真■岡崎勝久(自民党初代写真室長) ※週刊ポスト2015年7月31日号 [全文を読む]

ヤクザと政治家の醜聞 ほめ殺し事件で竹下登が円形脱毛症に

NEWSポストセブン / 2015年03月03日16時00分

竹下の総裁指名工作をしていた金丸信は、小渕恵三、森喜朗、梶山静六、浜田幸一らを使って街宣を止めようとしたが、稲本は取り付く島もなかった。金丸が“手打ち金”として用意した30億円も『カネの問題ではない』と突き返されています」 そう語るのは、『稲川会極高の絆 二人の首領(ドン)』著者で政界と裏社会を取材してきたジャーナリスト・大下英治氏だ。 「頭を抱えた金丸は [全文を読む]

ハマコー氏 「土井たか子は清廉潔白」と自民の野次を抑えた

NEWSポストセブン / 2014年12月28日07時00分

貧乏だってご存じだから、デザイナーの先生が同情して、随分協力してくださったわ」(五島さん) “自民党の暴れん坊”と呼ばれた故・浜田幸一衆院議員(当時)は「国会で本当に清廉潔白なのは土井たか子だけだ」と著書に記した。「ハマコーさんね、土井さんが代表質問をするときに、他の自民党の議員が野次るのを抑えてくださるんです。あのかた自身が大声で野次を飛ばすことで有名で [全文を読む]

日本にカジノが誕生すれば億万長者が続出する?

週プレNEWS / 2013年10月31日10時00分

かつて国会議員だったハマコーこと浜田幸一氏(故人)が約4億6000万円負け、最近では大手製紙メーカーの会長(当時)が約106億円をつぎ込み、危険なゲームの代名詞となったバカラ(トランプゲーム)もテラ銭はたったの1.17~1.36%。 そして、さらにテラ銭が少ないのがクラップスというゲーム。 「2007年のハリウッド映画『オーシャンズ13』で、ブラッド・ピ [全文を読む]

勘三郎、地井武男、山口美江…2012年著名人物故者を偲ぶ

NEWSポストセブン / 2012年12月31日07時00分

中村勘三郎 宮史郎 三宅久之 桜井センリ 小沢昭一 藤本義一 桑名正博 若松孝二 山田吾一 大滝秀治 アンディ・ウィリアムス ニール・アームストロング 内藤武敏 浜田幸一 津島恵子 三木睦子 山田五十鈴 地井武男 伊藤エミ 遠藤太津朗 中原早苗 日暮修一 小野ヤスシ 三笠宮寬仁殿下 三崎千恵子 尾崎紀世彦 新藤兼人 邱永漢 ホイットニー・ヒューストン 安 [全文を読む]

フォーカス