金子マリのニュース

【エンタがビタミン♪・番外編】石田長生さんの訃報にKenKenがコメント。「あなたまで逝ってしまうのですか」

TechinsightJapan / 2015年07月09日11時11分

亡くなった父親のジョニー吉長はドラマーで、母親の金子マリは今も歌手を続けており、KenKenは子ども時代からミュージシャンに囲まれて育った。石田さんにもずいぶん可愛がられたことが分かる。 石田長生さんは1975年に、山岸潤史、北京一らそうそうたるメンバーでブルースバンド、ソー・バッド・レビューを結成して日本のブルースロックの先駆けとなった。その後、80年に [全文を読む]

【エンタがビタミン♪・番外編】天国のシーナさんにRIZE・KenKenが伝言頼む。「ジョニーによろしく伝えてね」

TechinsightJapan / 2015年02月15日13時55分

彼は鮎川家の子どもたちと同じ小学校に通っていた頃に、母親の金子マリとシーナさんが横断歩道で緑のおばさんをやっていた光景を振り返って懐かしんだ。 ロックバンド、シーナ&ロケッツのシーナさんが2月14日に都内の病院で子宮頸がんのため亡くなった。61歳だった。 ベーシストのKenKenこと金子賢輔が『金子賢輔(kenken_RIZE) ツイッター』でシーナさんを [全文を読む]

伝説のロックバンド・外道が豪華ゲストを多数迎えたニューアルバムをリリース

okmusic UP's / 2015年01月07日20時00分

さらに加納秀人曰く「突如として天から舞い降りて来たメロディ」を外道の盟友とも言いえる、PANTA(頭脳警察)、金子マリ(スモーキー・メディスン、金子マリ&バックスバニー)、ROLLY(すかんち、THE卍)、エルトン永田、といった豪華ゲスト陣が参加し、外道サウンドを進化させ、楽曲の魅力をさらに引き出している。 まさに外道祭り、ロックンロールの祭典ともいえる [全文を読む]

小坂忠、デビュー50周年を記念した初の洋楽カヴァー・アルバムを発売

okmusic UP's / 2016年07月10日17時00分

■「小坂忠50周年アニバーサリー×70'sバイブレーションスペシャル」Facebookページhttps://www.facebook.com/70svibration/■アルバム『Chu Kosaka Covers』2016年9月5日発売 CRCP-40477/¥3,000+税 <収録曲> ( )内オリジナル・アーティスト Amazing Grace Y [全文を読む]

Charの原点!世代問わずギターキッズ必聴の1stアルバム『Char』

okmusic UP's / 2015年05月07日18時00分

■怖れ知らずのチャレンジ精神とクールな頭脳で自ら道を切り開いてきたChar 小学生の時からバンドを組んで活動していたCharは数々のバンドを経て、17歳の時に鳴瀬喜博、佐藤準、藤井章司、金子マリと伝説のスモーキー・メディスンを結成。シーンの話題を集めるが、バンドは長くは続かず、Charはソロのためのメンバーを探すために単身、渡米。1976年の6月にシングル [全文を読む]

シーナ&ロケッツ、シーナの追悼ライヴを下北沢にて開催

okmusic UP's / 2015年03月13日20時00分

出演メンバーはシーナ&ロケッツを中心に、80年代のロックの時代の到来をともに切り開いたRCサクセションの仲井戸'CHABO'麗市、 「ユーメイドリーム」、「スイートインスピレーション」をはじめ多くの詩を提供しているサンハウスの盟友でもある、柴山'菊'俊之、ウエストロード・ブルースバンドから今日まで日本のブルースシーンを牽引している永井'ホトケ'隆、ニューウ [全文を読む]

上田正樹とサウス・トゥ・サウスのベーシスト 藤井裕が逝去

okmusic UP's / 2014年10月16日15時45分

【その他の画像】藤井は上田正樹とサウストゥサウスをはじめ、VOICE&RHYTHMや金子マリとMAMA等のメンバーとして活躍し、忌野清志郎のリトルスクリーミングレビーやラフィタフィにも参加。その後はFUJIMASA、石田長生BAND及びいろいろなセッションやソロ、自身がリーダーのバンド「華たかだか」など、精力的に活動していた。 今年5月中旬に体調不良のため [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】『RIZE』・KenKenが音楽を担当。ドコモCM『UFO』篇の“1人レコーディング”に反響。

TechinsightJapan / 2014年06月25日21時00分

『RIZE』でドラムを叩く金子ノブアキは彼の兄であり、父親はドラマーのジョニー吉長で母は歌手の金子マリという音楽一家に育った。『RIZE』でギター・ボーカルを担当するJESSEの父親、Charは、“ジョニー・ルイス&チャー”でジョニー吉長と活躍した関係でもある。 KenKenがベースはもちろん、ギターやドラムも見事にこなすのはそんな背景を持つからだろうか。 [全文を読む]

フォーカス