藤沢秀行のニュース

「チクン、百万円持っているか!」──豪放で繊細だった藤沢秀行先生の思い出

NHKテキストビュー / 2016年11月05日08時00分

10月号では藤沢秀行名誉棋聖との忘れ難い思い出を綴ります。* * *思い出話を聞いてください。読者の皆さんは、恐らく豪快なイメージを抱かれていると思います。豪放らいらくというのかな? 棋風もそんなふうに捉えられることが多いようです。思い出はたくさんあります。あるとき電話がかかってきて、いきなりこう聞かれました。「チクン、百万円持っているか!」。そのころはま [全文を読む]

NHK杯優勝経験者どうしの闘い

NHKテキストビュー / 2016年10月03日08時00分

安藤武夫七段門下の依田は、若いころ、合宿などで藤沢秀行名誉棋聖からも薫陶を受けており、藤沢門下の三村とはともに修業した仲だ。二人とも子どもたちの育成にも尽力し、塾・道場を開いているという共通点がある。この日、依田は特に気合いが入っていた。対局前の控え室では、厳しい顔をしてひと言もしゃべらない。大先輩の依田が話さないと、三村も口を開くタイミングを失う。控え室 [全文を読む]

「囲碁の皇帝」が伝える、生き抜くための勝負哲学『世界最強の囲碁棋士、曺薫鉉(チョ・フンヒョン)の考え方』8月9日発売

PR TIMES / 2016年08月09日11時15分

1963~72年、日本での修行生活を送り、瀬越憲作、藤沢秀行という最上の師から薫陶を受ける(瀬越憲作門下)。1972年、兵役のために韓国へ帰国。その後韓国を中心に活躍を続ける。日本の棋士との交流は長く深く、その名を囲碁界で知らぬ者はいない。1989年の第1回応氏杯で、日・中の名だたる棋士を次々と撃破し、優勝。曺薫鉉の名を世界にとどろかせ、韓国の囲碁が躍進す [全文を読む]

販売するつもりのなかった商品、なぜヒット?町工場の型破りの開発&資金調達

Business Journal / 2015年01月31日06時00分

それが同社の二代目社長・藤沢秀行氏が操作する姿をフェイスブックに掲載したところ、「面白い」「社長はドヤ顔だ」と評判を呼び、販売しないのかとの問い合わせが寄せられ、発売に至った経緯がある。「無駄にかっこいい」をキャッチコピーに掲げ、人気に火がついた。「話題となってメディアに相次いで取り上げていただき、売れ行きが加速しました」と語る藤沢氏がスマホを使い始めたの [全文を読む]

伝説の棋士の孫娘が囲碁のヒロインに 中卒選択は迷いもせず

NEWSポストセブン / 2014年07月20日16時00分

ところで、「囲碁棋士」で「藤沢」といえば、故藤沢秀行名誉棋聖をご存じのかたもいるだろう。棋聖や名人など23ものタイトルを獲得した大棋士だっただけでなく、門下や国境を超えて若手を育成し、囲碁界に大きな足跡を残した。 また、私生活では、酒・ギャンブル・借金・女性関係などの破天荒ぶりも有名で、アルコール依存症の禁断症状と闘いながら対局を重ね、癌を3回も克服する [全文を読む]

フォーカス