徳川家宣のニュース

NHK「忠臣蔵」に時代劇研究家も仰天 「大奥」まで登場

NEWSポストセブン / 2016年12月13日07時00分

なんと、きよは「やがて、将軍の生母、月光院となる」のだ! なにっ!? 月光院といえば、六代将軍徳川家宣の側室で七代将軍家継の生母。過去の作品では、2006年の映画『大奥』で妖艶に微笑んでいた井川遥を思い出す人も多いのでは。月光院は大奥に君臨し、家宣の正室天英院と勢力争いを繰り広げたすごい女子と描かれることも多い。天英院側の側室が生んだ男子が次々亡くなったの [全文を読む]

大河ドラマのあのシーンも…? 江戸時代に「脱藩」なんて言葉はなかった!? 間違いだらけの時代劇

ダ・ヴィンチニュース / 2015年03月25日11時30分

そもそも「藩」の初出は、六代将軍・徳川家宣の侍講として幕政を実質的に主導した新井白石が書き著した家伝・系譜書『藩翰譜』が初めて。そして、一般的に言われるようになったのは明治維新以降の「廃藩置県」のとき。「脱藩」という言葉は明治時代になるまで存在しないのだから言うわけない、「逐電(ちくでん)」「出奔(しゅっぽん)」「欠落(かけおち)」「逃散(ちょうさん)」な [全文を読む]

精力増強、セックスレス解消も!? 性の悩みに心強い「客人大権現」

サイゾーウーマン / 2012年11月01日09時00分

■ご神体に男根の形をした陽石がまつられている!? そもそも「葛西の客人大権現」と呼ばれ、江戸中にその名が広まったのは、六代将軍徳川家宣公の側室左京の局が、葛西の客人大権現の信仰によって七代目家継公を授かったという言い伝えからだといわれています。その話を聞いた人々が子授や子宝祈願を願って訪れていたのだとか。ところで精力増強、性病予防などのご利益は、どこからき [全文を読む]

精力増強、セックスレス解消も!? 性の悩みに心強い「客人大権現」

ハピズム / 2012年11月01日08時00分

■ご神体に男根の形をした陽石がまつられている!? そもそも「葛西の客人大権現」と呼ばれ、江戸中にその名が広まったのは、六代将軍徳川家宣公の側室左京の局が、葛西の客人大権現の信仰によって七代目家継公を授かったという言い伝えからだといわれています。その話を聞いた人々が子授や子宝祈願を願って訪れていたのだとか。ところで精力増強、性病予防などのご利益は、どこから [全文を読む]

「川」に隠れた深層心理とは? コミュニケーション下手にオススメ簡単心理テスト

サイゾーウーマン / 2012年10月30日09時00分

■ご神体に男根の形をした陽石がまつられている!? そもそも「葛西の客人大権現」と呼ばれ、江戸中にその名が広まったのは、六代将軍徳川家宣公の側室左京の局が、葛西の客人大権現の信仰によって七代目家継公を授かったという言い伝えからだといわれています。その話を聞いた人々が子授や子宝祈願を願って訪れていたのだとか。ところで精力増強、性病予防などのご利益は、どこからき [全文を読む]

フォーカス