藤沢里菜のニュース

藤沢里奈三段、山下敬吾九段にどこまで食らいつけるか

NHKテキストビュー / 2016年12月07日15時00分

第64回NHK杯2回戦 第3局(2016年8月21日放送)は、山下敬吾(やました・けいご)九段(黒)が、藤沢里菜(ふじさわ・りな)三段(白)を迎え撃った。内藤由起子さんの観戦記から、序盤の展開をお伝えする。* * *楽しみな一戦だ。トップ棋士山下敬吾九段に、1回戦で王銘琬九段を破った藤沢里菜三段がどこまで食らいつけるか注目だ。対局前の控え室は和やかな雰囲気 [全文を読む]

15歳女流棋士・藤沢里菜さん 気になるプロ生活と賞金の使途

NEWSポストセブン / 2014年07月21日16時00分

15歳、史上最年少で「会津中央病院杯」に優勝し、タイトルを獲得した囲碁棋士、藤沢里菜さん。囲碁界に誕生したニューヒロインとして、一気に注目されている。 進学していれば高校1年生だが、高校には行っていない。はてさて、毎日何をやって過ごしているのだろうか。囲碁棋士の生活とは? その素顔に迫ってみよう。 プロになって4年目の里菜さん。ようやく最近、プロの世界がわ [全文を読む]

16歳大西竜平二段、新人王戦に初出場で歴代最年少優勝

NHKテキストビュー / 2017年02月14日08時00分

「今、世界には強い若手がたくさんいるので、そういう人たちと勝負がしたいです」1回戦で孫喆四段─芝野虎丸二段、寺山怜四段─藤沢里菜三段等の好カードが組まれた本戦。孫と藤沢が勝利を収めたが、藤沢は2回戦で敗退。孫は準決勝で谷口徹二段に敗れ姿を消した。谷口は本因坊戦最終予選に進出するなど、最近力をつけている20歳。一方の大西は、藤沢を破った稲葉貴宇三段を準決勝で [全文を読む]

女流棋士受難のシリーズ? タイトルホルダー同士の戦い

NHKテキストビュー / 2017年02月11日08時00分

藤沢里菜三段は山下敬吾九段に、鈴木歩七段は余正麒七段にそれぞれ討ち取られた。そして本局だ。女流陣最後の砦(とりで)の謝依旻女流本因坊(対局時は女流本因坊のため、本文は女流本因坊で表記)の相手は張栩NHK杯(肩書は2016年10月20日現在)。張と山下はともに一時代を築き、今でも打倒井山裕太棋聖を期待されているベテランだ。余は秋の王座戦で初の番碁出場を果たし [全文を読む]

伝説の棋士の孫娘が囲碁のヒロインに 中卒選択は迷いもせず

NEWSポストセブン / 2014年07月20日16時00分

藤沢里菜二段、15歳。「第1期会津中央病院杯・女流囲碁トーナメント」で見事優勝を果たし、女流棋戦最高額の賞金700万円を手にした。15歳9か月でのタイトル獲得によって、謝依旻女流名人が17歳1か月で樹立した最年少記録を大きく塗り替えるおまけもついた。 優勝してから半月ほどたったが、「まだ実感がわいていません。とにかくどの碁も苦しい戦いで、ほとんど逆転勝ちば [全文を読む]

フォーカス