清河八郎のニュース

新選組「最強の剣士」は結局、誰だったのか? 「二刀流、剣術、生き様…」総合力はこの剣士だ

東洋経済オンライン / 2017年06月08日11時00分

母体は、清河八郎が幕府に提案して各地の浪人を募集して創設された「浪士組」で、幕末の討幕運動が高まる京都での、治安維持の強化と将軍警護が目的でした。彼らの活動により、明治維新が1~2年は遅れたとする指摘もあります。 [全文を読む]

【江戸クイズ】松下村塾で学んでいないのは誰?幕末に関するクイズ4問

サライ.jp / 2017年06月02日21時00分

)(い)武市半平太(ろ)清河八郎(は)芹沢鴨(に)山岡鉄舟【クイズ4】開国に際して西洋式の近代的軍隊に刺激された幕府は、教育・演習施設として講武所を開設しました。佐倉藩中屋敷を上地にして敷地を確保したのですが、その場所として正しいのは次のうちどこでしょう?(い)石川島(ろ)越中島(は)筋違門外(に)築地以上、4問です。いかがでしょうか?解答は次のページで発 [全文を読む]

舛添要一前知事 出演時代劇で「潔く引退すべき」の名台詞

NEWSポストセブン / 2016年06月29日07時00分

表の顔は町奉行所の同心、裏の顔は許せぬ悪を金ずくで抹殺する仕事人・中村主水(藤田まこと)は、結成されたばかりの浪士隊に潜入入隊して、リーダー格清河八郎(滝田栄)の行動を内偵することになった。 主水を信用した清河は、五人の盗人を雇って、異人屋敷から「ペーパー」を盗み取ってほしいと依頼。そのペーパーは、幕府上層部と異人商人の不正の証拠なのだった! さすがバブル [全文を読む]

ドキュメンタリー「女たちの赤紙」とドラマ「女たちの赤紙」を同じ日に見て。

メディアゴン / 2015年08月06日07時10分

藤沢さんは「たそがれ清兵衛」のような歴史小説も書くが、「回天の門 草莽崛起の人 清河八郎」等の時代小説も書く。「創作ばかりしていると淡々と事実を書きたくなる」のだそうだ。もう一人、筆者の大好きな作家は山田風太郎である。時代伝奇小説作家というくくりでどうだろう。山田さんは史実をきちんと背景として用いて「実在の人物たちが、もしも、意外な場所で出あっていたら」と [全文を読む]

【半額】学研リレーSALE 『花燃ゆ』を楽しむ幕末関連タイトル半額セール開始!

PR TIMES / 2015年02月20日18時44分

掲載人物:近藤勇、土方歳三、芹沢鴨、伊東甲子太郎、山南敬助、沖田総司、永倉新八、斎藤一、井上源三郎、藤堂平助、原田左之助、大石鍬次郎、清河八郎販売価格(税抜):通常価格300円→SALE価格150円 [全文を読む]

『世に棲む日日』『翔ぶが如く』など 司馬遼太郎さんの歴史小説5作品の電子書籍版、11月28日より予約開始!

@Press / 2014年11月28日09時30分

清河八郎、吉田東洋など12の暗殺事件を描いた短篇連作『幕末』。土佐の山内容堂、薩摩の島津久光ら幕末賢侯の実像を司馬さんならではの歴史眼で浮き彫りにした『酔って候』。いずれも司馬ファン、歴史小説ファンのみならず楽しめる傑作揃いです。「江戸時代が終焉する瞬間まで、日本という文明は特異すぎた。その体制が、一朝、爆(はじ)けるような唐突さで崩壊し、国際社会に入ると [全文を読む]

フォーカス