西川剛史のニュース

冷凍食品のスペシャリスト:西川剛史さんに聞く! セレクトショップ「Vefroty」のこだわり

Entame Plex / 2016年05月31日21時00分

そこで今回、東京都世田谷区松原にある冷凍食品セレクトショップ「Vefroty(ベフロティ)」を訪問し、代表であり冷凍生活アドバイザーの西川剛史さんに冷凍食品の動向を聞いた。 西川さんは、自書の「もっとおいしくなる超・冷凍術」(洋泉社)で、家庭で使える食品の冷凍テクニックなどを解説するなど、いわば業界の第1人者。こちらの“冷凍食品セレクトショップ”も日本で [全文を読む]

食材の冷凍保存の常識、寄生虫は死ぬが菌は死なない

NEWSポストセブン / 2017年08月20日07時00分

気になる疑問の答えを、冷凍生活アドバイザーの西川剛史さんに聞いた。 まず、冷凍保存袋ではなく、薄手のポリ袋でもよいのだろうか? 「冷凍用の保存袋は厚めで、確実に密封できるように作られています。使い捨てがもったいないなら、冷凍用保存容器を利用して。食材を入れ、表面にラップしてからふたを閉めれば乾燥や酸化を防げます」(西川さん、以下同) 続いて、牛乳も冷凍でき [全文を読む]

冷凍麺 「ひと手間」加えて美味しくするアレンジ4選

NEWSポストセブン / 2017年06月03日16時00分

歯ごたえの変化が楽しめます」 ◆卵で「釜玉うどん」に 冷凍生活アドバイザーの西川剛史氏は、こんなアレンジ方法を紹介する。 「レンチンうどんを丼に移し、溶き卵と醤油をかけるだけで、釜玉うどんになります。鰹節をプラスしたり、醤油をめんつゆに替えれば、違った風味を楽しめます」 ◆うどんにサバ味噌缶 「レンチンうどんにサバ味噌の缶詰をかけて混ぜるだけ。それにマヨネ [全文を読む]

冷凍焼きおにぎりのアレンジ術 卵かけご飯、だし茶漬けなど

NEWSポストセブン / 2017年06月02日16時00分

冷凍生活アドバイザーの西川剛史氏が紹介する。 「焼きおにぎりをお椀に移し、顆粒の和風だしを耳かき3杯程度、振りかけてお湯をかければ出来上がりです。焼きおにぎりをほぐすと、香りとだしのうまみが混ざり合って絶妙な味になります」 和風だしの代わりに温かい緑茶をかけて、お茶漬けにするのもおすすめだ。 ◆カルボナーラ風リゾットに 意外な“変身方法”を提案するのは、冷 [全文を読む]

冷凍炒飯が旨くなる「神の一手」 マスタード、レモン汁など

NEWSポストセブン / 2017年06月01日16時00分

◆ウスターソースで「昭和の味」に 冷凍生活アドバイザーの西川剛史氏は、冷凍チャーハンを「男性好みの味」に変える方法を紹介する。 「レンジアップしたチャーハンにウスターソースをかけて混ぜます。ソースの風味とコクに加えて甘味も出ます」 コロッケにドバドバとウスターソースをかけて食べていた世代は懐かしさを感じる“昭和の味”かもしれない。 ◆チャーハンにメープル [全文を読む]

冷凍NGと思い込み泣く泣く捨てていたあの食材、実は!

WEB女性自身 / 2016年06月06日06時00分

また、逆に冷凍することで、生の状態よりもうま味が増す食材もあるんです」 そう語るのは『もっとおいしくなる超・冷凍術』(洋泉社)の著者で、冷凍生活アドバイザーの西川剛史さん(33)。では、どんな食材が冷凍してもOKなのか?西川さんに解説してもらった。 【レタス】「ざっくりと手でちぎって、水気をしっかりと拭き取って冷凍しましょう。使用するときは解凍せず、凍った [全文を読む]

フォーカス