吉岡涼のニュース

[MOM2191]東海大熊本星翔MF吉岡涼斗(2年)_“小さな名手”が圧巻4発

ゲキサカ / 2017年08月17日23時54分

登録160cmの“小さな名手”、東海大熊本星翔高MF吉岡涼斗(2年)が得点力の高さを見せつけた。 まずは前半27分、右サイドでMF花田駿(3年)がボールを持つと、「1人目が抜けたら相手がオフサイドかけていたので、(自分が)2人目で抜けたら行けると思った」と豊国学園高のオフサイドトラップを掻い潜ってPAでスルーパスを受ける。そして巧みなターンから右足シュート [全文を読む]

東海大熊本星翔MF吉岡涼斗&MF花田駿は王者相手にテクニック示す(4枚)

ゲキサカ / 2017年07月31日01時35分

(写真協力=高校サッカー年鑑) ●【特設】高校総体2017 [全文を読む]

U-15日本代表候補練習試合、MF工藤蒼生、MF喜田陽、MF吉岡涼斗、MF出口大瑶(4枚)

ゲキサカ / 2015年02月23日08時16分

17年U-17W杯を目指すU-15日本代表候補は22日、G大阪ユース、C大阪U-18と練習試合を行い、G大阪ユースのBチームに3-2で勝利、C大阪U-18のAチームには1-3で敗れた。 [全文を読む]

[adidas Cup福岡]東海大星翔の注目レフティー、MF花田は自信持つ足元プラスアルファを身につける

ゲキサカ / 2017年08月18日00時27分

「FWが斜めに動いて空いたスペースに(吉岡)涼斗が入ってきたので」とMF吉岡涼斗(2年)へ通したパスによって先制点を演出した。 さらに後半9分には、PAへ持ち込むと、シュートこそ打ちきれなかったものの、ゴールを背にキープした花田はDFに後方からファウルを受けてPKを獲得。これを自ら左足で決めて2-0とした。 この日は、後半30分にもPAへの抜け出しから吉岡 [全文を読む]

[adidas Cup福岡]4-1-4-1に再挑戦のインハイ出場校・東海大熊本星翔、中盤で圧倒して勝つ

ゲキサカ / 2017年08月17日22時46分

チームの生命線であるMF花田駿(3年)とMF吉岡涼斗(2年)の2シャドーのコンビネーションや左MF中川大暉(3年)のダイレクトのラストパスでFW渡辺力斗(3年)が抜け出したり、MF末永幹(2年)がインターセプトした勢いで攻め上がったりするなど、相手の守りを崩して決定機を作り出す東海大星翔は前半27分、右サイド後方から花田がスルーパス。2列目から飛び出した [全文を読む]

[ADIDAS CUP 2017 in FUKUOKA]東海大星翔メンバーリスト

ゲキサカ / 2017年08月15日22時28分

ADIDAS CUP 2017 in FUKUOKA 東海大星翔高(熊本県) 予定メンバーリスト ▽GK 1 深松裕太朗(3年) 12 上野拓海(3年) ▽DF 2 加村優輝(3年) 3 中村豪(3年) 4 泉太貴(2年) 8 森本瑠(2年) 15 國岡秀隆(2年) 19 坂口智哉(3年) 20 増野輝人(2年) 25 林風雅(1年) 26 宮田聖士(3年 [全文を読む]

王者・市立船橋は後半に東海大星翔圧倒して初戦突破も…隙、甘さあり、思いは「まだまだ」

ゲキサカ / 2017年07月31日05時46分

近江高(滋賀)との1回戦を2-0で制し、39年ぶりの出場で全国初勝利を果たしている東海大熊本は後方からMF花田駿(3年)やMF吉岡涼斗(2年)を経由してボールを正確に繋ぎ、FW渡辺力斗(3年)とFW一怜哉(3年)の強力2トップへ配球。18分にはオフサイドでゴールにはならなかったものの、花田が左サイド後方から蹴り込んだFKをファーサイドの渡辺がダイビングヘ [全文を読む]

39年ぶり出場の東海大熊本星翔が初出場・近江を下し全国1勝!2回戦で王者・市船に挑戦

ゲキサカ / 2017年07月30日00時55分

前半16分、MF吉岡涼斗(2年)の右FKからFW一怜哉(3年)が右足で先制点。前半を1-0で折り返すと、後半27分にはFW渡辺力斗(3年)が追加点を決めた。 スコアは2-0ながら、シュート数では13本対2本と、全国初出場の近江を圧倒。記念すべき全国初勝利を挙げた東海大熊本星翔は明日30日の2回戦で前回王者の市立船橋高(千葉)に挑戦する。 ●【特設】高校総 [全文を読む]

夏の熊本5連戦勝ち抜く!東海大熊本星翔が旧・東海大二時代の78年以来、39年ぶりの全国へ!!

ゲキサカ / 2017年06月07日12時48分

MF吉岡涼斗、FW渡辺力斗といった選手が効果的に絡むようになると、中央で作って外を突く攻めも出るようになり、試合は拮抗していった。 そして、この均衡していた流れを打ち破ったのはセオリー通り、「ウチの武器」(MF多良聡太郎)であるセットプレー。後半2分、名手・花田が放った左足のCKは「練習していた狙いどおり」(花田)ニアサイドの多良の頭を捉え、待望の先制ゴー [全文を読む]

[国体少年男子]登録16人全員で戦い抜いた東京都が熊本県に1-0勝利

ゲキサカ / 2016年10月02日21時27分

2列目のMF吉岡涼斗(東海大熊本星翔高、1年)らが楔になりながら縦横にボールを動かし、最後の局面をダイレクトのパスで崩そうとする。そして長身の左SB徳永敦優(ルーテル学院高1年)の攻撃参加、左足キックからチャンスも。22分には左クロスを相手DFがクリアミスし、ボールがクロスバーを叩く。29分には右サイドでボールを奪ってからFW林駿平(東海大熊本星翔高2年) [全文を読む]

U-15日本代表候補 トレーニングキャンプ西日本のメンバーを発表

ゲキサカ / 2015年02月23日08時27分

以下、メンバー 【スタッフ】 ▽監督 森山佳郎 ▽コーチ 齊藤俊秀 ▽コーチ(U-18) 内山篤 ▽コーチ(U-18) 木村康彦 ▽GKコーチ 佐藤洋平 【選手】 ▽GK 緒方翔平(スマイス・セレソンU-15) 長江裕真(名古屋U15) 藤元瑞樹(広島ジュニアユース) 谷晃生(G大阪ジュニアユース) ▽DF 徳永悠大(磐田U-15) 福島隼斗(松橋中) [全文を読む]

G大阪ユース、C大阪U-18に「中学生の日本代表」が大善戦。未来への希望を示す!!

ゲキサカ / 2015年02月23日07時57分

そして迎えた後半40分、MF喜田陽(C大阪U-15)の縦パスから、FW日高智也(大分U-15)が粘って、最後はMF吉岡涼斗(ソレッソ熊本)がゴール。見事に勝ち切ってみせた。 そして午後の試合では、U-18年代日本一のチームであるC大阪U-18と対戦。さすがに力の差がある中での戦いであり、立ち上がりから続けざまに決定機を作られるなど苦しい試合となった。だが、 [全文を読む]

フォーカス