尾崎しのぶのニュース

謎のスー女述懐 大麻騒動で角界を去った白露山の思い出

1 / 2017年06月22日07時00分

「謎のスー女」こと尾崎しのぶ氏が、現在相撲コラムを週刊ポストで執筆中。前回に引き続きロシア出身の白露山と師匠の二十山親方(元大関・北天佑/故人)について尾崎氏が綴る。 * * * 二十山親方の死から二週間後、北の湖部屋に移籍して七月場所の土俵に上がった白露山。気丈に「二十山親方の教えを胸に」と語ったが、その悲しみは身体を見ればわかった。十キロも減り、もとも [全文を読む]

スー女が述懐 白露山と元大関・北天佑の二十山親方のこと

1 / 2017年06月14日16時00分

「謎のスー女」こと尾崎しのぶ氏が、現在相撲コラムを週刊ポストで執筆中。今回は、ロシア出身の白露山と師匠の二十山親方について尾崎氏が綴る。 * * * 力士の顔の見分けがつかなかったころ、まず覚えたのが白露山だった。丸顔に青い瞳、細く長い脚。とりわけ目立ったのは、ライトブラウンの極小のリボンのような大銀杏。他の力士と見間違うわけがなかった。白露山には面長の、 [全文を読む]

スー女が述懐 「朝青龍が1勝もできなかったライバル」

1 / 2017年06月05日16時00分

「謎のスー女」こと尾崎しのぶ氏が、現在相撲コラムを週刊ポストで執筆中。今回は、一時代を築いた大横綱・朝青龍が1勝もできなかったライバルについて尾崎氏が綴る。 * * * 朝青龍の十両昇進は二〇〇〇年九月、普天王は初土俵からたった三場所目の二〇〇三年五月。華々しい出世劇であった。すでに横綱、小結となっている二人が、二〇〇七年十二月の天草巡業ではじけるような笑 [全文を読む]

大相撲好き女子が解説 「切符のモギリ」もチェックせよ

1 / 2017年05月30日07時00分

そこで、「謎のスー女」こと尾崎しのぶ氏は現在相撲コラムを週刊ポストで執筆中。今回は親方衆が担当する「切符のモギリ」の楽しみ方について尾崎氏が語る。 * * * 週刊ポストの先々週号に手をたたいてしまった。百三十八ページの「独占入手! これが『5月場所・木戸番シフト』だ」。さっそく私が国技館に行く日時の担当を確認する。ほう、E親方とO親方か。 モギリのときど [全文を読む]

スー女が目撃 E-girlsライブに参戦した力士の恥じらい

1 / 2017年05月28日07時00分

そこで、「謎のスー女」こと尾崎しのぶ氏が相撲コラムを執筆。今回は彼女が実際に街中で目にした力士たちのプライベートにまつわるエピソードを紹介する。 * * * 丸ノ内線に乗ると、貴ノ岩を思い出す。八年前の夏。居眠りをしていると、甘いにおいがしてきた。見回すと、車両の遠くに浴衣の男がいた。おお、力士だ、と目が覚める。丸ノ内線を利用すると思われるのは、南阿佐ヶ谷 [全文を読む]

相撲史上最高齢の新幕下昇進・駿馬が踊った「恋ダンス」

1 / 2017年05月18日16時00分

そこで、「謎のスー女」こと尾崎しのぶ氏が相撲コラムを執筆。今回は小兵力士・駿馬(しゅんば)の「恋ダンス」について紹介する。 * * * 二〇一〇年の五月場所。国技館前を車椅子がゆっくりと進んでいた。よく見ると間垣親方だった。脳梗塞により左半身が不自由になったことは知っていた。現役時代には「美剣士」「五月人形」とたたえられた若三杉、二代目・若乃花の間垣親方。 [全文を読む]

時天空の巨大遺影と、無名時代の朝青龍「1万円」エピソード

1 / 2017年05月12日07時00分

そこで、「謎のスー女」こと尾崎しのぶ氏が短期的に相撲コラムを執筆。今回は「時天空の巨大な遺影」について、紹介する。 * * * 両国駅に置かれた回向院への案内の看板には「間垣家」の文字があった。モンゴル出身、四股名は時天空、帰化して本名もまた時天空慶晃の間垣親方は今年一月三十一日、悪性リンパ腫により死去した。享年三十七。 葬列の中に同じ一門でもモンゴル人で [全文を読む]

フォーカス