軍事演習のニュース

中国軍が2万人規模の軍事演習実施 北朝鮮意識かとの指摘も

7 / 2014年11月03日07時00分

中国人民解放軍の瀋陽軍区は10月下旬に2万人の兵力を動員した大規模軍事演習を実施した。中国軍がこれほどの兵力を演習に投入するのは今年初めて。演習開始の10月25日は中国軍が朝鮮戦争(1950~1953年)に参戦した64周年記念日で、今回の演習目的は「朝鮮半島有事に備えるため」とされており、このところ中朝関係が悪化していることから、本当の狙いは「北朝鮮威嚇」 [全文を読む]

第2次朝鮮戦争で“北の特殊部隊”が起こす壮絶ゲリラ戦「今秋と来年3月に緊張が高まる」

6 / 2015年09月10日09時55分

しかし、今回は裏金のやり取りはありません」(ジャーナリスト・近藤大介氏) では、北朝鮮が「停戦」を持ちかけた理由は何か──それは8月17~28日に行われる予定の「米韓軍事演習」にあったという。 これまで北朝鮮は、米韓演習への対抗策として軍事演習を行っていた。しかし現在は軍事費と燃料が枯渇して演習が行えないのだ。「北朝鮮は軍事演習と称して、いきなり米韓が攻撃 [全文を読む]

中国軍、今月に南シナ海で軍事演習を行う予定=米国ネット「日本は今すぐ再軍備すべきだ」「シリアが空爆を受けている間、中国は…」

5 / 2016年05月05日15時10分

2016年5月4日、ロイター通信は新華社の報道を引用し、中国軍が今月、南シナ海でさらに軍事演習を行う計画であると報じた。 新華社は4日、中国軍が今月、南シナ海で高度な軍艦や潜水艦の活動も含めた軍事演習を行う計画であると報じた。軍事演習が行われる具体的な場所については伝えていないが、定例の軍事演習として今年に実施することが予定されていたものだと述べている。中 [全文を読む]

無慈悲な核攻撃宣言。北の「オオカミ少年」が無視できなくなってきた

5 / 2016年03月10日19時00分

先日、米韓の合同軍事演習を激しく非難し、続けるならば「核攻撃」も辞さないとの警告を発した北朝鮮ですが、日本ではあまり話題になっていません。これまでの北朝鮮の度重なる「口だけ攻撃」に不感症とも言える状態になっているのかも知れませんが、無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者・北野幸伯さんは、世界情勢は最近大きく変化しており、決して楽観視できる状態ではな [全文を読む]

スウェーデン核攻撃を想定、ロシアが軍事演習

5 / 2016年02月05日16時30分

ロシア空軍はスウェーデンへの核攻撃を想定して軍事演習を行っている――。先週NATO(北大西洋条約機構)が発表した年次報告書で明らかになった。 2013年3月にロシアがスウェーデンのストックホルム群島の東端で実施した軍事演習は、各メディアが強い関心を示した。スウェーデンのメディア報道の中には、演習内容がスウェーデンへの空襲を想定している、という憶測も見られた [全文を読む]

あまりに美しい「美人鬼教官」が「これはずるい」と嫉妬心を燃やす

5 / 2013年09月07日17時00分

軍事演習の経験があまりない日本人にとってはなかなか理解し難いのですが、担任の先生が美人教師だったらテンションが上がるような感覚だろうか。ー海外の反応・美しい教官に夜教えてもらいたいです!・美しすぎるだろう・・・・軍事演習どころではない。・特別な授業を教えてもらいたい・なぜ我々のインストラクターは男なんだ・白い日焼けしていない!なぜなんだ・興奮して軍事演習[全文を読む]

竹島めぐる日韓対立再び激化、関係改善は望み薄か―中国メディア

4 / 2017年03月28日07時50分

日本政府はこのほど、韓国が竹島周辺で実施した軍事演習に抗議。韓国は日本の教科書検定で竹島を日本固有の領土と明記した教科書が合格したことに強い不満を示した。 韓国軍は27日、竹島周辺の日本海で軍事演習を実施。岸田文雄外相は「わが国が竹島の主権を持っている。(軍事演習は)受け入れがたく、遺憾だ」と述べた。韓国軍は毎年2回、竹島周辺で軍事演習を行っている。昨年1 [全文を読む]

北朝鮮を攻撃すればソウルで100万人が死ぬ トランプ政権の「先制攻撃」は絵に描いた餅だ

4 / 2017年03月06日17時10分

3月1日から始まった過去最大規模の米韓合同軍事演習に反発し、北朝鮮が6日朝、ミサイル発射を強行した。北朝鮮は、昨年の米韓合同軍事演習の際も対抗措置として、新型中距離弾道ミサイル「ムスダン」を発射するなどしている。今回も同じような挑発行為に出た格好だ。ただ、今年は様相が違う点がある。今年の場合は、北朝鮮だけが強硬姿勢に傾いているわけではなく、米政権も強硬姿勢 [全文を読む]

米軍が撤退したフィリピン 本当に自主防衛できているのか?

4 / 2016年07月29日16時00分

私が基地跡を訪れた6月上旬、スービック湾の周辺海域では比米合同軍事演習が5日間行われ、双方合わせて約1400人が参加した。演習の表向きの理由は「両国関係の強化」だが、この背景には、南シナ海南沙諸島の領有権をめぐって実効支配を強める中国をけん制する狙いがあった。 フィリピンでは1999年に訪問米軍地位協定(VFA)が批准されたのを契機に、両軍による軍事演習 [全文を読む]

「南シナ海付近でロシアと合同軍事演習を行う可能性はある」―中国国防部

4 / 2016年07月01日15時40分

2016年7月1日、環球時報によると、中国国防部の呉謙(ウー・チエン)報道官は先月30日、今年行うロシアとの海上軍事演習に関し、「南シナ海付近で実施する可能性がある」と語った。 中ロが2012年に始めた海上軍事演習は年1回のペースで実施されており、両国が行う合同軍事演習としては最大規模。12年は中国・青島(山東省)付近の黄海、13年はロシア・ウラジオストク [全文を読む]

フォーカス