吉原のニュース

【挑戦!お江戸クイズ】吉原遊びのガイドブックは何と呼ばれた?吉原遊郭に関するクイズ4問

サライ.jp / 2017年05月06日19時00分

四方を高い塀と「お歯黒どぶ」と呼ばれる堀に囲まれ、出入り口は大門だけだった、江戸の吉原遊郭。外界と隔絶された郭内には独自の文化や慣習がありました。今回は、そんな吉原遊郭に関するクイズを「江戸文化歴史検定」(通称・江戸検)の過去問題からピックアップしてみました。最大級の遊郭であり文化の発信地でもあった吉原を、クイズを通じて覗いてみませんか?【クイズ1】江戸の [全文を読む]

酒井法子「異母弟」脅迫逮捕の緊迫一部始終

アサ芸プラス / 2012年04月11日11時00分

「高相の実父に欠けた小指をチラつかせ・・・」酒井法子「異母弟」脅迫逮捕の緊迫一部始終 「取り調べでは釈然としない様子で、『オレはハメられた』と口走っていたそうです」(警視庁詰め記者) 覚せい剤取締法違反で有罪判決を受け執行猶予中の元女優・酒井法子(41)の異母弟、酒井健こと吉原健容疑者(33)=福岡市東区=が、去る3月21日に警視庁に脅迫容疑で逮捕されてい [全文を読む]

【挑戦!お江戸クイズ】吉原の高級遊女「花魁」(おいらん)の語源は?江戸の遊郭雑学クイズ4問

サライ.jp / 2017年02月09日19時00分

江戸の遊郭の代表格といえば吉原。艶やかで美しい花魁がしゃなりしゃなりと練り歩く花魁道中が有名ですが、そのウラ側については知らないことが多いのではないでしょうか。また、幕府公認の吉原以外の遊郭はどうなっていたのでしょう。今回は、「江戸文化歴史検定」(通称・江戸検)の過去問題から、江戸時代の遊郭のウラ事情についてのクイズを集めてみました。吉原といえば艶やかで美 [全文を読む]

憧れだった聖地“吉原”の凋落……起死回生「早朝プレイ」でも男の元気は続かず?

週プレNEWS / 2014年08月20日06時00分

全国を代表する風俗の“性地”といえば吉原。だが最近では知らない若者も増えているらしい。いまだソープ密集地帯として面目躍如なるも、ゴージャスな超高級店は激減、ここ数年は激安店まで台頭し格差サバイバルが熾烈(しれつ)だという。 ■ゴージャスの極み、高級志向が様変わり! 遡(さかのぼ)れば江戸時代の遊郭を発祥とする歴史ある歓楽街。現在その地名は通称で地図にもなく [全文を読む]

酒井法子の弟 逮捕4時間前に姉と18年ぶりに再会していた

NEWSポストセブン / 2012年04月02日07時00分

今秋にも芸能界復帰と囁かれていた酒井法子(41)に、弟・吉原健容疑者(33)の逮捕は大きな影を落とした。 警視庁は3月21日、吉原容疑者を脅迫容疑で現行犯逮捕。酒井の元夫の父が経営するスキーショップ従業員を「姉が逮捕されたのは、元夫の責任」と脅したところを現行犯逮捕されたと報じられている。 本誌は3年前、酒井法子が覚せい剤取締法違反で逮捕された直後、奇し [全文を読む]

こんな秘境に日本人!? インドネシアの山奥で「幻のコーヒー」をつくる日本人に会ってきた!

&GP / 2016年09月04日12時00分

トラジャ在住の吉原聡さん。背景に写っているのはトラジャ族の伝統的な高床式住居「トンコナン」 この日、コーヒー豆の集買をしていたのは日本のキーコーヒーが設立した現地法人トアルコ・ジャヤ社で働く吉原聡さん、今年で42歳。家族を日本に残し、ここトラジャで、単身赴任歴1年5カ月とのこと。日焼けした肌に、爽やかな笑顔が印象的です。 吉原さん(以下省略)「地元の農家 [全文を読む]

【アーユルヴェーダの快眠効果】体質で知る睡眠タイプと快眠術

Fuminners / 2016年05月06日12時13分

ずばり「快眠の鍵を握っている」と語るのが、アーユルヴェーダアドバイザーとして活躍している吉原典子さん。「アーユルヴェーダとは、そもそも自身の状態を知ることで、心身のバランスがとれた健康的な生活を目指そうという考えです。睡眠はそのバランスを整える上で大切なものと考えられてきました」吉原さんによると、「アーユルヴェーダは予防医学をベースにしており、一人ひとりの [全文を読む]

【江戸検合格講座・江戸の遊廓】花魁の語源は?多い客層は?

NEWSポストセブン / 2012年10月04日07時01分

【問1】吉原は江戸で幕府が営業を許可していた唯一の遊廓です。吉原では格の高い遊女を「花魁」と呼んでいましたが、その語源といわれているのは、どれでしょう? (い)妹分の遊女たちが「おいらの姉さん」と呼んでいたのが縮まった (ろ)ベテランで年齢のいった「老いらく」の遊女だったから (は)ポルトガル語の「女神」を表わす言葉が訛った (に)オランダ語の「天国」を [全文を読む]

恐喝だけじゃ済まない!? 酒井法子、実弟が抱える“爆弾”の存在

サイゾーウーマン / 2012年04月05日08時00分

酒井の実弟こと吉原健容疑者は先月21日、酒井の元夫である高相祐一氏の父親がオーナーを務める「スキーショップジロー」を訪れた。報道によると吉原容疑者は高相氏と話をするため上京したものの居場所がわからず、辿り着いたスキーショップでは父親が対応すらしないことに激昂。従業員に対して「姉が逮捕されたのは高相の責任だ」などと脅したが、その間にスキーショップ側は警視庁 [全文を読む]

元祖風俗ライターが棲んだ街 #3

文春オンライン / 2017年03月26日17時00分

淀橋太郎と会長(筆者注:吉村)との対談〉 最終回の第100回記念公演は3日間連続で開催され、野坂や竹中労の講演や、吉原芸妓連中の木遣りとお座付き、内海桂子・好江の漫才など吉村がこれまでに抱いた興味、人脈の集大成的なものとなっている。 「生涯居候」 吉村の「浅草ふきよせ乃会」が終わった翌85年、すでに50歳になった熊谷の体調が徐々に悪くなっていった。連続飲酒 [全文を読む]

風俗、東京五輪で壊滅危機か…梅毒など性病増加が深刻化、高齢者の風俗店利用増も原因

Business Journal / 2017年02月15日06時00分

「男一度は伊勢と吉原」――かつては伊勢神宮参拝と並び称され、「一度は行かないと男になれない」といわれた遊郭の街は、現在はソープランド街として国際的にも知られた存在となっている。 時代の流れとともに姿を変えてきた東京・吉原だが、最近はさらに様子が変わってきているという。 たとえば、「吉原のソープ嬢の間で梅毒が増えている」という噂を聞いたことがあるだろうか。こ [全文を読む]

80年代黄金ヒロインたち 西川峰子

アサ芸プラス / 2012年05月18日10時54分

かつては吉原でも「中梅楼の御職」につく売れっ子だったが、無理がたたって女郎としての職を失ってしまう――。 87年に公開された「吉原炎上」(東映)は、峰子の代表作と自他ともに認めている。 「日本中どこに行っても、あの『吉原炎上』の最後の場面がすごかったって言われるのよ」 90年代半ばにテレビの官能描写が厳しくなるまでは、何度となく地上波でオンエアされた。そ [全文を読む]

ボイメン47都道府県ツアー愛知県第1部ライブレポ!

Walkerplus / 2017年06月04日19時25分

今回は5月3日(水)、愛知県Zepp NAGOYAで本田剛文、勇翔、平松賢人、土田拓海、吉原雅斗の誠メンバーで行われたライブの模様をレポート!ライブ前に「声出して行くぜ!」と影アナの平松賢人が客席を煽り盛り上がったところで、「YAMATO☆Dancing」からスタート!続いての「Fight&Fire」では『名古屋、ただいま~』(吉原)、『名古屋といえば何? [全文を読む]

50才公務員女性が120万円のお墓を「衝動買い」

NEWSポストセブン / 2016年12月07日16時00分

* * * 「私は小さなお墓を衝動買いしました」と話してくれたのは、東京都町田市に住む公務員、吉原聡美さん(50才、仮名)。 三男だった父が亡くなった3年半前のことだ。病院で未明に息を引き取り、家族、親戚への連絡や葬儀社の手配などに慌ただしく、夜が明けた。遺体となった父が寝台車で葬儀会館に運ばれるのを見送り、いったん家に帰るため、夫の車の助手席に乗った。 [全文を読む]

人妻の素人女性が「売春」をする「地獄」とは!? 知られざる江戸時代の性事情

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月09日18時00分

そもそも、「江戸時代の遊里」というと、「吉原」しかないと思っていないだろうか。江戸の「売春場所」は吉原だけではなく、江戸四宿、岡場所もあり、また幕府に認められている公娼から、非公認の私娼まで、様々な場所、立場で存在した。本書は有名な吉原だけではなく、今まであまりスポットライトを浴びていなかった、その他の遊女や、遊女以外の売春事情についても詳しく言及されて [全文を読む]

セクシーノ合同会社の紫乃は10月1日オープンのGADPA吉原(写真家浜田鷹史氏の3階建て 屋上付き ハウススタジオ)の広告モデルを務めた。

DreamNews / 2015年09月25日10時30分

セクシーノ合同会社の紫乃は10月1日オープンのGADPA吉原(写真家浜田鷹史氏の3階建て 屋上付き ハウススタジオ)の広告モデルを務めた。浜田鷹史氏は、セクシーノ 紫乃のCD「プテラノドン」(奥村慎也作曲 野島茂朗作詞)http://www.tunecore.co.jp/artist/sexyshino.com のジャケット写真他、紫乃を被写体としたグラビ [全文を読む]

【赤羽、福生、吉原、四ツ木…】ベタな東京観光に飽きた人のためのDEEPな東京観光入門

しらべぇ / 2015年09月24日18時00分

◆台東区千束(通称・吉原)まだ吉原をソープ街と思ってるんですか?女性ライターが行く吉原名物カフェ5店こちらも玉ノ井・鳩の街と同様にかつて赤線地区だったエリアだ。現在は高級ソープランドが建ち並ぶ場所として知られる吉原だが、最近では本格スイーツを提供するカフェが進出している。一度足を運べば、ステレオタイプに語れがちな吉原のイメージが更新されることだろう。◆葛飾 [全文を読む]

出版社ディスカヴァー・トゥエンティワンが創立30周年記念事業としてエンタメ小説新人賞「第1回 本のサナギ賞」大賞受賞作品を発表、架空のキャラが文壇デビューする小説レーベル「NOVELiDOL」立ち上げ

@Press / 2014年12月19日18時00分

<受賞作品一覧>作品名:滔々と紅(トウトウトベニ)著者 :志坂圭(シザカケイ)結果 :大賞作品名:はるなつふゆと七福神(ハルナツフユトシチフクジン)著者 :賽助(サイスケ)結果 :優秀賞作品名:稲荷山誠造 明日は晴れか(イナリヤマセイゾウ アシタハハレカ)著者 :香住泰(カスミタイ)結果 :優秀賞作品名:ダンスパーティー著者 :草花由(クサカユウ)結果 : [全文を読む]

安達祐実が初ヌードで濡れ場に挑戦! 花魁役の新境地で子役イメージからの脱皮に自信

週プレNEWS / 2014年09月02日15時00分

遊郭…といえば吉原吉原…といえば花魁(おいらん)。花魁…といえば安達祐実!? そのココロは? 1日、主演映画『花宵道中(はなよいどうちゅう)』で花魁(おいらん)を演じる安達祐実が、舞台となった吉原と程近い吉原神社を参拝、ヒット祈願を行なった。 主人公の朝霧(あさぎり)は、体が火照(ほて)ると肌に“花”のような赤い斑点が浮かぶことで有名な遊女。この日は、そ [全文を読む]

ボイメン47都道府県ツアー最終の三重公演をレポート!

Walkerplus / 2017年06月04日19時45分

今回は5月4日(木)、三重県M'AXAにて開催されたツアーファイナルの様子をレポート!ツアーファイナルを飾るメンバーは水野勝、田中俊介、田村侑久、本田剛文、吉原雅斗。影アナの吉原からの「ツアーファイナル47県目を〆るのはあなたたちです!」という呼びかけに約150名の観客はボルテージが一気にUP!キラキラとサイリウムが輝く中、メンバー5名が登場し、「YAMA [全文を読む]

フォーカス