任天堂のニュース

「Nintendo Switch」は、待ちに待った任天堂復活の起爆剤

18 / 2017年06月03日11時00分

Inc:任天堂の株価に火がついています。その原動力は、最新の家庭用ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」と、そのデザインに内在するプラットフォームとしての商機への注力です。この注力は、任天堂に大きな見返りをもたらしてくれるでしょう。任天堂の株価はこの数カ月で記録的な高値にまで上昇しましたが、その急騰ぶりは2016年夏の『ポケモン [全文を読む]

ついにキタ!?任天堂がスマホを発売?謎のリーク画像が話題に

16 / 2015年07月20日14時02分

任天堂がようやく重い腰を上げた「スマートフォン」事業。DeNAと業務提携を発表したからには本気でとりかかってくるはずですが、既にマリオなどはパズドラとコラボしているという点から案外スムーズに出てくるのではないかと思われますが、任天堂はそんなものでしょうか。出すからにはソフトではなくハードから開発するのではないかと期待はしちゃいます。リークにしてはしっかりと [全文を読む]

プレステ4日本発売を前に、任天堂が最新情報を一挙公開! 「Nintendo Direct 2014.2.14」情報総括

13 / 2014年02月14日23時00分

任天堂の岩田聡・代表取締役社長の挨拶の後、トップで報じられたのは2014年内に発売予定の『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U』(任天堂)の最新情報。ここでは往年のファミコンソフト『パンチアウト!!』の主人公、リトル・マックの参戦が発表された。 続いて、『ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス』(アトラス/6月 [全文を読む]

任天堂のアプリ事業進出に海外では賛否両論! 百家争鳴の反応

12 / 2015年03月28日20時00分

今月17日、任天堂とディー・エヌ・エー(以下、DeNA)が業務・資本提携の共同記者発表会を開催。任天堂の新型ゲーム機、開発コードネーム「NX」発表に加え、同社がゲームアプリ分野へ進出することがアナウンスされ、周囲を驚かせたのは、ゲームファンならご存知の通り。このビッグニュースは、国内はもちろんのこと、海外でも大きく取り上げられてさまざまな反響を呼んでいる。 [全文を読む]

“円安で延命”任天堂決算、海外紙厳しい評価 岩田社長の戦略、限界と指摘

12 / 2015年01月29日18時58分

任天堂は、2015年3月期の営業利益予想を400億円から200億円に下方修正したと発表した。当期の純利益は300億円と見ており、以前の予想の200億円からアップし、前年度の232億円の赤字から急転換する見込みだ。 ◆円安が貢献 イギリスのガーディアン紙は、「円安で延命」の見出しをつけた記事で、任天堂が抱える問題を指摘している。 同紙は、任天堂はソニーやマイ [全文を読む]

任天堂“宮本イズム”伝承者たちが語る「ファミコン黄金時代という高い壁、そして新たな黄金時代のつくり方」

12 / 2014年01月08日06時00分

ファミコン30周年を迎えた2013年、任天堂が記念イヤーの締めくくりにリリースしたのがWii Uのダウンロードソフト『ファミコンリミックス』だ。 これは『ドンキーコング』や『ゼルダの伝説』『スーパーマリオブラザーズ』といった、1983年から86年、つまり“ファミコン黄金時代”(初期)の大ヒット作16本の名シーンや、それらに現代風のスパイスを加えたものを20 [全文を読む]

セガは任天堂を相手に善戦したことがあった ゲームの未来を変えた覇権戦争の内幕

11 / 2017年04月08日17時00分

PS4とSwitchが盛況な現代だけれども、かつてはセガと任天堂が覇権をめぐり争っていた日々があった。日本視点でみるとあまり印象が強いわけではないが、メガドライブ(北米版はジェネシス)がアメリカでは任天堂のシェアを上回るなど、互角の戦いを繰り広げていた時代があるのだ。本書『セガ vs. 任天堂――ゲームの未来を変えた覇権戦争(上)』はそうしたハード戦争にお [全文を読む]

任天堂、焦らしに焦らした肝いり新型ゲーム機の全容発表→即失望広まり株価急落の惨状

11 / 2016年12月13日06時00分

任天堂は12月15日から順次、人気ゲーム「スーパーマリオ」シリーズの新作「スーパーマリオラン」を、米アップルのスマートフォン(スマホ)「iPhone」やタブレット「iPad」向けに151の国と地域で配信する。スーパーマリオシリーズでは初のスマホ向け作品。一部は無料で遊べ、日本では1200円払うと追加料金なしですべてのゲームが楽しめる。 大ヒット中のスマホゲ [全文を読む]

『マリオカート8』初週販売本数が120万本突破 Wii Uの販売台数も666%増とけん引

10 / 2014年06月03日18時43分

先月29日に発売された任天堂の『マリオカート8』が、5月29日から6月1日の4日間(初週)で、世界累計120万本以上を販売した、と任天堂が発表した。 英調査会社GFKチャートトラックによると、イギリスのWii Uタイトルでは売上1位。今年の販売記録も更新した。さらに、『マリオカート8』とのセット販売効果で、Wii Uの売上は、前週比666%増という驚異的な [全文を読む]

任天堂、20億ドルの“金のなる木”との提携チャンス見逃し 世界的ヒット『スカイランダーズ』開発元が暴露

10 / 2014年04月18日18時51分

発売元のアクティビジョンは、同シリーズについて、当初、任天堂に提携を申し込んだが、断られたのだという。 【経緯】 複数の海外メディアによれば、開発元トイズ・フォー・ボブのフレッド・フォード氏は、2011年に発表されることになるスカイランダーズ・シリーズの第1作『スパイロの大冒険』のパートナーを精力的に探していた。任天堂が最適だと考えた同氏は、米国任天堂のオ [全文を読む]

フォーカス