マツダのニュース

トヨタを震撼させたマツダの"弱者の戦略"

プレジデントオンライン / 2017年05月19日08時45分

TNGAの手本は、マツダが編み出した「コモンアーキテクチャー」にある。リーマンショック後の経済混乱の中、フォード傘下から離れたマツダが苦しみ抜いて出した答えこそコモンアーキテクチャーだ。それは、「全車種を縦軸で統一する」という、まったく新しい設計&生産手法だった。 ▼「モノ造り革新」の真実:前編「トヨタとマツダが技術提携に至った"事件"」 http://p [全文を読む]

マツダ、世界最大級のヒストリック・モータースポーツイベント「2015年グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」に参加

JCN Newswire / 2015年07月09日16時25分

Hiroshima, Japan, July 9, 2015 - (JCN Newswire) - マツダ株式会社(以下、マツダ)のイギリス現地法人マツダ・モータース・UK(以下、MMUK)は、イギリスのサセックス州グッドウッドにおいて、2015年6月26日(金)~28日(日)に開催された世界最大級のヒストリック・モータースポーツイベント「2015年グッド [全文を読む]

マツダ、「Be a driver. Experience at Kanazawa」を開催

JCN Newswire / 2015年08月25日15時46分

開発者との同乗試乗など、お客様との直接対話を実施Hiroshima, Japan, Aug 25, 2015 - (JCN Newswire) - マツダ株式会社(以下、マツダ)は、9月11日(金)から9月13日(日)にかけて、「Be a driver. Experience at Kanazawa」を開催します。今年発表した「マツダ CX-3」「マツダ [全文を読む]

トヨタとマツダが技術提携に至った"事件"

プレジデントオンライン / 2017年05月19日08時15分

豊田章男社長は「もっといいクルマづくり」という言葉を連呼しているが、その手本としているのは、実は、マツダのモノ造りだ。転機となったのは2013年の「アクセラ・ハイブリッド」。トヨタのエンジニアを迎えて行った試乗会で起きた、ある“事件”とは……。 ■“世界のトヨタ”がショックを受けた、マツダの手法 トヨタ自動車は世界に燦然と輝くエクセレントカンパニーだ。しか [全文を読む]

【東京オートサロン2015】マツダの開発者自身が監修したこだわりのミニカーが登場!!

Autoblog JP(オートブログ) / 2015年01月11日07時30分

マツダは、2015年1月9日から開催中の東京オートサロン 2015 with NAPACのマツダ・ブースで、普段、市場に出回らないレアなミニカーを展示し販売した。 今回出展されたミニカーは、マツダの子会社であるマツダエースが販売するこだわりのミニカーだ。 マツダエースは、ディーラーの看板やマツダの工場などで使うバス、工場内で販売するお土産品などを企画・販売 [全文を読む]

マツダ、コロンビアにおいて新販売統括会社の営業を開始

JCN Newswire / 2014年05月23日17時01分

コロンビアにおける販売力強化を目指すHiroshima, May 23, 2014 - (JCN Newswire) - マツダ株式会社(以下、マツダ)は、コロンビアにおける販売統括会社「MAZDA DE COLOMBIA S.A.S.」(以下、MCOL)を設立し、本日、営業を開始したと発表しました。マツダは、MCOLを設立することで、車両の輸入・販売やカ [全文を読む]

【試乗記】「さらに素晴らしいクルマになった。特に室内が」 マツダ新型「アクセラ」

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年03月23日16時00分

そんな中にあって、この10年間、例外として存在していたのがマツダの「マツダ3」(日本名:「アクセラ」)だ。マツダ3は競合車よりも常にダイナミックなスリルと感覚に富むフィードバックを与えてくれる。しかしながら、近年ではライバル車たちが著しい改善をみせてきたため、マツダ3は全体的な改良や車載テクノロジー、室内装備を含むいくつかの部分を強化する必要性が出てきた。 [全文を読む]

新型「マツダ アクセラ」を「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2013」に出展

PR TIMES / 2013年10月17日16時17分

「魂動」デザインを全面採用した新型「アクセラ」、「CX-5」、「アテンザ」を特別展示 マツダ株式会社は、「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2013」において、「マツダ 魂動デザイン フィロソフィー展示」ブースを出展します。展示車両は、11月21日(木)発売予定の新型『マツダ アクセラ』、「マツダ CX-5」、「マツダ アテンザ」となり [全文を読む]

マツダファン必見! スカイアクティブ技術の紹介と新型マツダCX-5の試乗会を実施。200名を招待!【ニュース・トピックス:マツダ】

CORISM / 2012年02月12日16時16分

スカイアクティブ技術と新型マツダCX-5を納得いくまで知るチャンス! マツダは2012年3月3日(土)と4日(日)にマツダR&Dセンター横浜(神奈川県横浜市)で「サステイナブル“Zoom-Zoom”フォーラム2012~マツダの環境・安全技術~」を開催する。 このフォーラムは、「SKYACTIV技術」および安全技術の理解を深めると同時に、それぞれの技術の紹介 [全文を読む]

【試乗】ペダル踏み間違い事故が86%減少!マツダの安全追求はまずドラポジから

&GP / 2017年05月07日20時00分

自社が持つ自動車テクノロジー群を“SKYACTIV(スカイアクティブ)”と名付け、見事! 技術力の高さをアピールすることに成功したマツダですが、今度は“i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)”と呼ぶ自社の先進安全技術のアピールを始めました。 これまでも、マツダはエンジン、トランスミッション、サスペンションなど、新しい技術がひとつの車種に搭載され [全文を読む]

マツダ、業績低迷から一転、過去最高益を招いた「モノ造り革新」 利益率でホンダ凌駕

Business Journal / 2014年05月01日01時00分

こうした主張を筆者はしてきたが、4月25日に発表された本田技研工業(ホンダ)とマツダの決算を取材していてその感をますます強めた。 まず、ホンダの2014年3月期決算(13年4月~14年3月)の売上高は前期比19.9%増加の11兆8424億円、本業の儲けを示す営業利益は37.7%増の7502億円。営業利益率は5.5%から6.3%に上昇した。営業損益段階の増益 [全文を読む]

【マツダとフィアットが新型ロードスターをベースに協業!】マツダが生産、2015年アルファロメオへ供給予定【ニュース・トピックス:マツダ】

CORISM / 2012年05月23日21時21分

アルファロメオを広島の本社工場で生産開始予定! マツダとフィアットは、次期「マツダ ロードスター(海外名:Mazda MX-5)」のFRアーキテクチャをベースに、マツダおよびフィアット傘下のアルファロメオ向けのオープン2シータースポーツカーの開発・生産に向けた協議を開始することで合意したと発表した。 マツダは国内生産比率が高く、超円高などで4期連続の赤字。 [全文を読む]

マツダ、伊藤忠商事と南アフリカにおける新販売統括会社の合弁化に合意

JCN Newswire / 2015年01月16日16時50分

Hiroshima, Jan 16, 2015 - (JCN Newswire) - マツダ株式会社(本社:広島県安芸郡府中町、代表取締役社長兼CEO:小飼 雅道 以下、「マツダ」)は、伊藤忠商事株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:岡藤 正広 以下、「伊藤忠商事」)と、南アフリカにおける販売統括会社を合弁化することで合意したことを、本日発表しました [全文を読む]

マツダ、台湾に販売統括会社を設立し営業開始

JCN Newswire / 2014年07月01日17時19分

台湾における販売力を強化Hamamatsu, July 1, 2014 - (JCN Newswire) - マツダ株式会社(以下、マツダ)は、台湾における販売統括会社「MAZDA Motor Taiwan」(以下、MMT)を設立し、本日、営業を開始したと発表しました。今後は同社が主体となってブランド戦略や販売戦略などを立案・実行することによって、台湾にお [全文を読む]

【SEMAショー2013】北米マツダがカスタムした「アテンザ」&「アクセラ」!

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年11月10日19時30分

マツダは、11月5日から8日までアメリカ・ラスベガスで開催されたSEMAショーに、「マツダ3(日本名:アクセラ)」と「マツダ6(日本名:アテンザ)」をベースとした3台のカスタムカーを出展。北米マツダのデザイン・チームが手掛けた軽めながら元気の良いチューニングをご紹介しよう。 「モータースポーツとマツダは切っても切れない関係。それは陰と陽であり、エンドウ豆と [全文を読む]

【ビデオ&フォト】マツダ、魂動デザインとSKYACTIVを全面採用した新型「アテンザ」を発表!

Autoblog JP(オートブログ) / 2012年08月29日13時40分

マツダは、29日より開催されるモスクワ・モーターショーで、新型「Mazda6」(日本名「アテンザ」)を世界初公開。ついにその全貌とスペック(取り敢えずロシア仕様のみではあるが)が明らかになった。 2011年の東京モーターショーに出展されたコンセプトカー「雄(Takeri)」を具現化した量産モデルとして、新型アテンザは間もなく発売される。全体的なプロポーショ [全文を読む]

マツダ、市販されているSUVの中でトップの燃費を誇る「CX-5」を発売!

Autoblog JP(オートブログ) / 2012年02月16日19時00分

Filed under: SUVs, 日本, クロスオーバー/ CUVs, マツダ, ディーゼル, ニューモデル マツダは、次世代技術「SKYACTIV」を全面的に採用した新型SUV「CX-5」を16日に発売。クリーン・ディーゼル・エンジン搭載モデルは、日本国内で販売されているすべてのSUV(ハイブリッド車や軽自動車も含む)の中でトップの燃費性能を誇るとい [全文を読む]

トヨタの環境車技術、世界中のメーカー間で争奪戦か

Business Journal / 2015年08月19日06時00分

5月13日、トヨタ自動車とマツダの包括的な技術提携が発表された。具体的な内容はこれからということで、メディアの扱いは軽かったが、両社による技術の相互補完は、実はかなり前から進められている。 その証拠に、すでにマツダのアクセラハイブリッドには、トヨタのハイブリッドシステムが搭載されている。トヨタは同システムを提供する代わりに、マツダのディーゼルエンジンを採用 [全文を読む]

「マツダ ロードスター」をベースとするフィアットの新型スポーツカーは11月のLAショーで発表!?

Autoblog JP(オートブログ) / 2015年04月30日10時30分

マツダの新型「ロードスター」とプラットフォームを共有するフィアットの新型2シーター・スポーツカー「124スパイダー」は、11月17日に開幕するロサンゼルス・オートショーで発表されるだろうと、ベルギーの自動車情報サイト『Autofans.be』が伝えている。 記事によれば、この情報は彼らが「アバルト 695 ビポスト」を南イタリアで試乗した際に、フィアット・ [全文を読む]

マツダ、「マツダ アテンザ」と「マツダ CX-5」を大幅改良し発売

JCN Newswire / 2014年11月20日17時20分

マツダの最新のクルマづくりの考え方・技術を反映させ、あらゆる領域を熟成、深化Hiroshima, Nov 20, 2014 - (JCN Newswire) - マツダ株式会社(以下、マツダ)は「魂動(こどう)デザイン」や「SKYACTIV(スカイアクティブ)技術」*1が高く評価されている「マツダ アテンザ」および「マツダ CX-5」を大幅改良し、全国のマ [全文を読む]

フォーカス