平凡社のニュース

『高精度マルチレイヤー・ベクトル地図素材 ROOTS 2016(ルーツ)』販売開始

DreamNews / 2016年01月15日12時00分

スキルインフォメーションズ株式会社(代表取締役:杉本浩 本社:大阪市東淀川区)は2016年1月15日(金)から、創業半世紀を超える歴史と実績を持つ、地図製作・地図編集の専門出版社 (株)平凡社地図出版」が開発した、高い精度と品質、そしてカスタマイズ性を提供する本格的ベクトル地図素材集「ROOTS 2016(ルーツ)」の販売を開始致します。スキルインフォメー [全文を読む]

【シゴトを知ろう】地図編集者編 ~番外編~

マイナビ進学U17 / 2017年02月14日12時01分

大学で地図作りを学ぶ傍ら、株式会社平凡社地図出版でアルバイトを始め、2017年からは正社員として地図編集者の道を進む中島さん。大学での研究内容やこれからの目標など、地図に関わる仕事を多方面から見てきた中島さんならではのお話を伺いました。■大学ではデジタル、現場ではアナログの良さを同時期に学べた――中島さんは大学で地図に関して幅広く学んだとのことですが、具体 [全文を読む]

グラスにこだわっておいしく嗜む、大人女子の “家飲み” 作法

Woman.excite / 2015年08月14日12時00分

ただし、お酒がすすみすぎる危険性をはらんでいますが…『江戸な日用品』(平凡社刊)/撮影・喜多剛士うすはりグラスを手掛けているのは、東京は下町・錦糸町の松徳硝子。大正11年に手吹きの電球用ガラス工場として創業。時代とともに、今に受け継がれる手吹きのガラス食器の製造工場へと切り替わりました。電球の製法で培った薄吹き製法に磨きをかけて、新たな商品を生み出していき [全文を読む]

江戸のパワースポットの名をいだく甘酒で夏バテ知らず!

Woman.excite / 2015年08月05日12時00分

『江戸な日用品』(平凡社刊) 撮影/喜多剛士発酵食品である甘酒は、タンパク質分解酵素やでんぷん質分解酵素などの100種類以上の酵素が含まれ、ブドウ糖がたっぷりと含まれるので「飲む点滴」ともいわれています。また麹に含まれるコウジ酸が肌にいいともされて「飲む化粧水」という人もいるほど。さらにほぼアルコール成分は入っていなので、子どもから老人まで安心して飲めるの [全文を読む]

オランダの社会と教育に学ぶ大人のためのシチズンシップ講座 ~グローバルに通用する人材育成と対人関係~

PR TIMES / 2013年04月03日09時12分

公式ウェブサイト:リヒテルズ直子のオランダ通信http://www.naokonet.com/ ■著書: ・「祖国よ、安心と幸せの国となれ」(ほんの木2011) ・「オランダの共生教育---学校が公共心を育てる」(平凡社2010) ・『いま『開国』の時、ニッポンの教育」(ほんの木2009・尾木直樹さんとの共著) ・「残業ゼロ授業料ゼロで豊かな国オランダ-- [全文を読む]

東洋文庫の配信開始より10年で、eBookJapanでの累計売上が1000万円を突破!

PR TIMES / 2013年01月31日11時00分

国内最大級の電子書籍販売サイト「eBookJapan」(http://www.ebookjapan.jp/ebj/)を運営する、株式会社イーブックイニシアティブ ジャパン(本社:東京都千代田区西神田2-5-2、代表取締役社長:小出斉(こいでひとし)、以下eBookJapan)は、2003年より配信開始している株式会社平凡社(本社:東京都千代田区神田神保町3 [全文を読む]

【シゴトを知ろう】地図制作者編 ~番外編~

マイナビ進学U17 / 2017年02月14日12時01分

新しい地図をつくるときには、どのような準備や工程があるのでしょう? アナログ時代と現在のデジタル時代で変わったこと、今後の夢など、株式会社平凡社地図出版で編集長を務める前島さんに気になる地図のいろいろについて伺いました。■毎朝何誌もの新聞をチェックすることが地図製作に深く関わってくる――地図制作の現場ならではのエピソードを教えて頂けますか?新しく地図をつく [全文を読む]

旅、冒険に出たくなるこの1冊、NADiff a/p/a/r/t・スタッフが選ぶ2016年ベストオブブック【vol.3】

FASHION HEADLINE / 2016年12月29日21時00分

『ぼくの道具』石川直樹 (平凡社) 極地から都市まで…世界中を旅する写真家、石川直樹。本書はそんな石川が2015年夏K2長期遠征の際に愛用したものを中心に96点もの道具について綴ったエッセイである。「道具の選択にルールなどない。自分の身体に合わせてその場で選び取るしかないのだ」と語る石川。登場する道具たちは数々の旅での実体験をもとに石川が独自の視点で選ん [全文を読む]

イレズミと性の関係とは? 外国人観光客のタトゥーへの対応はどうすべきか? 【『イレズミと日本人』著者インタビュー 後編】

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月16日06時30分

しかし『イレズミと日本人(平凡社新書)』(平凡社)の著者・山本芳美さんによると、イレズミ=ならず者という視点はそう古いものではないそうだ。では一体、いつごろからそう思われるようになったのだろうか?「江戸から明治の半ばまで、イレズミは町人文化でもありました。『イレズミ=ヤクザ』のイメージが定着してしまったのは、1960年代以降に流行った、任侠映画の影響がある [全文を読む]

プールや温泉の「イレズミ・タトゥーお断り」は正しいのか?【『イレズミと日本人』インタビュー 前編】

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月15日06時30分

しかし『イレズミと日本人(平凡社新書)』(平凡社)著者で都留文科大学教授の山本芳美さんによると、イレズミは人類にとって、もっとも古い身体装飾なのだそうだ。「イレズミの起源をよく聞かれますが、それは定かではありません。しかし人類は割礼や纏足、首の伸長など『身体加工』と呼ばれるさまざまな行為をしてきました。イレズミもそのひとつで、人類が出現して以来、人間は身体 [全文を読む]

フォーカス