地殻のニュース

日本列島を縦断する「フォッサマグナ」に異変が起こっている

6 / 2014年04月28日16時00分

そして“何かの拍子”にフォッサマグナの地殻内部で圧力が強まれば、閉じ込められた水が火山マグマと同じく地殻を破壊し、地震やスロースリップを引き起こし、場合によっては地表へ噴出する。そうした特殊な地殻構造を持つ一帯、それがフォッサマグナなのだ。 道路脇の斜面に亀裂が見つかり、現在、片側通行で対応している上信越自動車道、佐久IC~碓氷軽井沢IC間も、まさにこの [全文を読む]

驚異の的中率『MEGA地震予測』が指摘する「2017年ここが危ない」

5 / 2017年03月12日22時00分

なにより地震が多い日本という国にとって、とても有益な研究になるのではと思い、“じゃぁ死ぬまでの間、この研究に打ち込もう”と決めました」(村井教授・以下同) 村井教授が着目したのは、地震発生と地殻変動との相関関係。そこで、過去に起きた162件のM6以上の大きな地震について改めて検証を行ってみたところ、すべての地震発生時において、事前に何らかの異常が現れている [全文を読む]

【ネパール大地震】前兆現象は起きていた!! 日本でM7.0以上の大地震が続く可能性も!?

5 / 2015年05月01日10時00分

しかも、直前には前兆現象とみられる動物の異常行動や、地殻変動も記録されていたようだ。今回は、それらを紹介した上で、気になる"日本の地震との関係"についても考察してみたい。【その他の画像と動画はこちらから→http://tocana.jp/2015/05/post_6315.html】■異変は起きていた! 英国・ケンブリッジ大学地質学部の地震学専門家ジェーム [全文を読む]

伊予灘地震的中させた学者が3か月以内の南海トラフ地震予測

5 / 2014年03月21日07時00分

その彼が注目しているのは、人工衛星で観測される地殻の動きだ。 「日本には全国に1270か所設置された電子基準点と呼ばれる装置があり、衛星からの電波を受信することで、絶えず国土地理院に正確な位置情報を送り続けています。過去に発生したM6以上の大規模な地震と、発生前後の周辺の地殻の位置情報を検証したところ、そこに相関関係があることを突き止めたのです」(村井氏、 [全文を読む]

不気味なほどの的中率。村井教授のMEGA地震予測が支持されるワケ

4 / 2017年04月09日22時00分

村井教授は、専門の測量工学が地震予測に応用できるのではないかと考え、地殻変動と地震発生の相関関係を調べたところ、過去に発生したM6以上の地震162件のうちのすべてで、発生前に「地殻変動の異常」があることを突き止めました。村井教授は、地震の多い日本に「地震予測」は欠かせないものであると考え、2013年1月に「JESEAジェシア(地震科学探査機構)」を立ち上げ [全文を読む]

【大地震】恐怖! 南海トラフで“163年分のひずみ”の蓄積が観測される!! 東大教授「いつ起きても不思議ではない」

4 / 2017年03月15日07時00分

「ANNnews」が3月7日報告したところによると、南海トラフ周辺の地殻で強い“ひずみ”が溜まっていることが観測されたというのだ。 海上保安庁は海底の動きを直接観測するため、9年前から南海トラフの15カ所に観測機を設置していた。その観測データによると去年の1年間で、宮崎県日向灘沖で2センチ、さらに高知県沖では5.5センチの地殻変動が確認されたというのだ。こ [全文を読む]

長野地震の現場付近で地磁気異常が発生中、ついに富士山噴火カウントダウン?

4 / 2014年12月03日06時00分

日本列島の真ん中を走る強大な地殻変動の圧力が地磁気をゆがめ、カーナビの心臓部=GPS機能を狂わせるらしい。 これと同じ現象が新たに糸魚川静岡構造線の北端でも起き始め、22日夜の地震発生後も続いている。つまり、この神城断層地下には未解放の強大な地震エネルギーが残っているのだ。23日に招集された「地震調査委員会」では、この地震の4日前から3日前にかけて、ほぼ同 [全文を読む]

浅間山近辺で“ゆっくり型地震”スロースリップが起こっている!

4 / 2014年04月21日16時00分

つまり、浅間山の南に位置するこの地域では、ここ半年ほどの間にゆっくりと、しかし確実に大きな地殻変動が起きていると推測されるのだ。 はたしてこれは、昨冬の記録的豪雪による地下水量の増加が原因なのだろうか? これに対し、琉球大学名誉教授の木村政昭博士は、「スロースリップ現象のひとつと見ていいと思います」と語る。 ここで「スロースリップ」について簡単に解説しよう [全文を読む]

テスラの期待値がGMを上回った本当の意味 日本の自動車産業に求められる人材獲得

3 / 2017年05月04日08時00分

■自動車業界で“地殻変動“が起きている今年4月10日に米国の電気自動車(EV)メーカー、テスラモーターズの終値が312.39ドルと過去最高を更新。時価総額が508億8700万ドルとなり、ゼネラル・モーターズ(GM)の508億8600万ドルを抜き、米国の自動車業界首位となりました。販売台数では、昨年のテスラモーターズの台数が7万6000台なのに対し、GMは1 [全文を読む]

熊本地震から1年 南海トラフ地震カウントダウンで再び注目の「週刊MEGA地震予測」

3 / 2017年04月11日08時52分

熊本地震で特徴的なのは、周囲の5つほどのエリアで地殻がまったく異なる動きをしていること。ある地域では非常に隆起しているのに、ある地域では沈降している。水平方向の動きを見ても、熊本や城南は北東に動いているのに、すぐ近くの長陽では正反対の南西に動いている。熊本地震で動いた地殻の境界の部分に、相当な歪みが溜まっている。つまり、地震で地殻が動いたことによって、今度 [全文を読む]

フォーカス