母子のニュース

離婚してひとり親家庭になるときに考えたいお金のこと 〜Eさん(女)の場合〜

ZUU online / 2017年04月25日17時10分

厚生労働省の『平成23年度全国母子世帯等調査』によると、この25年間で母子家庭は1.5倍の123万8,000世帯に、父子家庭は1.3倍の22万3,000世帯に増えています(母子または父子以外の同居者を含む)。そんな中、5歳の子どもとともに生活をしているEさん(35歳・女性・パート)は、夫と別居中です。離婚を考えており、5歳になる子どもはEさんが育てていこう [全文を読む]

妊娠検査薬で反応あり!すぐ婦人科に行くのは早すぎ?

イクシル / 2015年08月19日11時00分

説明書には「反応が出た場合は、なるべく早く医師の診察を受けるように」と書いてありましたが、実際に妊娠経験のある友人に聞くと、5週目くらいだとまだ心音も聞けないし、確認できなければ母子手帳の交付もないので、たぶん帰らされると思うとのことでした。実際どれくらいで婦人科に通い始めるのがいいのでしょうか。(30代・女性)』 やはり早めの受診が正解 検査薬で反応が出 [全文を読む]

エムティーアイの「電子母子手帳」が、東京都子育て応援ファンドのモデル事業に!

PR TIMES / 2015年02月12日10時13分

ネット&リアル連携で、全国自治体から多くの妊産婦への普及を目指し、モニター検証開始 女性の健康情報サイト『ルナルナ』を運営する(株)エムティーアイは、東京都が実施する「平成26年度東京都子育て応援ファンドモデル事業」の事業者として採択され、2月16日(月)より、都内在住の妊産婦100名を対象に、「電子母子手帳」サービスのモニター検証を行います。 本モデル事 [全文を読む]

前橋市「ICTしるくプロジェクト」で、エムティーアイが実証事業を開始!

PR TIMES / 2015年02月02日12時34分

~新たな健康管理ツールとして、マイナンバーカード連携の母子健康情報サービスを提供~女性の健康情報サイト『ルナルナ』を運営する(株)エムティーアイは、総務省のICT街づくり推進事業で、前橋市をはじめとする7自治体が、市民の教育・医療環境の充実を目指して実施する「ICTしるくプロジェクト※1」において、妊産婦や子育て世代に向けた母子健康情報サービスの実証事業を [全文を読む]

母子家庭の貧困率50%超え、背景と求められる支援策

JIJICO / 2015年05月21日18時00分

ひとり親家庭の貧困率が50%を越える ひとり親家庭の貧困率が50%を越え、特に母子家庭の状況は深刻です。総所得の平均は234.4万円で、児童がいる世帯の平均673.2万円に比べれば確かに低い数字です。しかし、母子家庭には手厚い公的サポートが施されているのも事実。そこで、母子家庭の収入がなぜ増えないのか、その背景と今後の対応策について考えていきます。 母子[全文を読む]

映画「ひまわりと子犬の7日間」試写会に70名様をご招待

PR TIMES / 2012年12月28日15時08分

山下由美著『奇跡の母子犬』を原案に映画化された感動の物語! PHP研究所では、山下由美著『奇跡の母子犬』を原案に映画化される「ひまわりと子犬の7日間」(2013年3月16日より全国ロードショー)の公開に先立ち、特別試写会を実施し、合計70名様をご招待いたします。 『奇跡の母子犬』は、宮崎県中央動物保護管理所に収容された母子犬をめぐる20日間の記録。この本を [全文を読む]

父親不在が子どもの向上心を阻害し、無気力にさせる? 子どもに父親が必要な理由

ダ・ヴィンチニュース / 2015年06月23日11時30分

このような状況で、母子の結びつきがますます強まっている。父親は、長時間労働やたび重なる出張、単身赴任などの激務で家庭での存在感を失い、外で生活費を稼いでくるだけの存在となり果てている。密着した母子関係から排除される父親。『父という病』(岡田尊司/ポプラ社)は、そんな傾向に警鐘を鳴らしている。【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら 本書によると、そもそも父 [全文を読む]

【海外発!Breaking News】突然死した母親のそばで2週間 餓死した自閉症男児に近隣住民の悲しみ広がる(英)

TechinsightJapan / 2017年06月10日22時13分

母子の遺体が発見された時、男児は母の遺体を腕で包み込むようにして亡くなっていたという。「助けてあげることができていたら」と孤独な親子の死を知った近隣住民は涙しているようだ。 昨年10月20日、コンゴ人の母子の遺体がハックニーのアパートで発見された。10月1日か2日頃、母親であるエスター・エケティ=ムロさんは突然のてんかん発作を起こしたことが原因で息を引き取 [全文を読む]

浮気妻が「DVでっちあげ離婚」。本物の探偵が事件現場を生レポート

まぐまぐニュース! / 2015年09月12日00時00分

ベテラン調査員のゲンさんは、手配したワゴン車に乗り込み、母子をしばらく安全な場所へ移動する手伝いをしていた。母子が座る座席にビニールシートを貼り、タオルを敷いた。稀に安堵感などから漏らしてしまったり、吐いてしまうケースがあるから、そのための対策であった。 安全を完全に確保するために、夫には監視チームがつき、駅近くでパチンコに興じている様子が、下山には逐一 [全文を読む]

妊娠5カ月で飛行機に乗っても大丈夫?注意点は?

イクシル / 2015年09月11日11時00分

(20代・女性)』 12週から27週の間は飛行機に乗っても大丈夫 17週目ということや、母子の健康状態などを総合的に考えて、医師が大丈夫という判断を下したのであれば、安心して出かけても問題なさそうです。航空会社に妊娠している旨を伝えておきましょう。 『かかりつけの先生がおっしゃるように飛行基も特に問題の無い時期です。一般的には12週目から27週目の期間は飛 [全文を読む]

占わなければ必要なし!? 自分が生まれた時刻「知らない」6割

NewsCafe / 2015年08月12日12時00分

【アリ…42.4%】■母子手帳を見せてもらったことがあるので。■臍の緒が入ってた箱に書いてあった。■アルバムに記載されている。■生年月日と時刻の数字がすべて揃うように狙って産んだそう。■母子手帳と母親の育児日記の両方に書いてあったからね。■親から夜中の12時に産まれて大変だったと聞いた。■朝6時2分、雪がちらつき始めた頃だったそうです。名前に雪はない。■自 [全文を読む]

「産んだ女性が母親」は変わらず?法的解釈の今後

JIJICO / 2015年07月05日18時00分

そもそも、民法772条1項の「妻が婚姻中に懐胎した子どもは、夫の子と推定する」という規定は、懐胎し出産した女性が出生した子の母であり、母と嫡出子との間の母子親子関係は懐胎、出産という客観的な事実により当然に成立することを前提としたものだと解されています。母とその非嫡出子との母子関係についても、同様に理解されていました。 血縁的要素と出産という外形的事実の [全文を読む]

本日は5月の第2日曜日で「母の日」、Googleロゴが母の日を記念するアニメーションに!

ITライフハック / 2015年05月10日10時00分

本日のアニメーションロゴは、テーマが母子になっており、再生ボタンをクリックすると白鳥の母子から、チーターの母子、うさぎの母子、最後の人間の母子へと変化するようになっている。気を取り直して、本日は母の日である。1年に一度の母の日、皆さん思うことはいろいろとあるでしょうが、今日ばかりは、母親に優しい言葉をかけてあげるなり、外食に連れて行ってあげるなど、多少の親 [全文を読む]

篠原一之 胎児虐待を防ぐために「胎児期から乳幼児の子どもの発達」ついて講演長崎大学大学院教授篠原一之((株)マザー&チャイルド代表兼任)は、2015年3月3日子どもの虹情報研修センターにて講演を実施。

DreamNews / 2015年03月23日09時00分

定員150名を超える専門職の方々に参加いただき、五感を通じた母子間のコミュニケーションを学ぶことで、胎児期から乳幼児期の子育ての大切さ、養育環境や発達上のリスク要因について講演を行いました。乳幼児虐待に加え、表立っては見えない子の虐待と言われる薬物中毒や妊婦検診の未受診などによる胎児虐待の予防のために、児童虐待に携わる専門職の方々と共に、胎児期から周産期の [全文を読む]

プレママ・ママ必携の母子健康手帳 副読本がスマホアプリになってさらに便利に

PR TIMES / 2014年10月14日17時37分

『ルナルナ』のエムティーアイが“母子衛生研究会”に全面協力!女性の健康情報サイト『ルナルナ』を運営する(株)エムティーアイは、10月14日(火)より配信される、公益財団法人“母子衛生研究会”発行の「母子健康手帳 副読本」のスマートフォンアプリの作成に全面協力しました。母子健康手帳副読本は、全国の自治体が母子健康手帳交付時に配布する、年間約100万人の妊婦が [全文を読む]

『創業手帳』が「地方創生 創業支援パッケージ」の提供を開始

DreamNews / 2017年04月24日13時00分

会社の母子手帳『創業手帳』(http://sogyotecho.jp/)を運営するビズシード株式会社は4月24日より地方創生に向けた創業支援に取り組む自治体や金融機関、公的機関へ「創業支援パッケージ」の提供を開始、『創業手帳』の創業支援ツールやノウハウを提供します。会社の母子手帳『創業手帳』(http://sogyotecho.jp/)を運営するビズシード [全文を読む]

離乳食と一緒に子供の成長を学ぶ講座が開催

イクシル / 2017年03月21日12時02分

母子栄養協会による「離乳食アドバイザー養成講座」 3月9日に、一般社団法人母子栄養協会が、「離乳食アドバイザー養成講座」の開催を発表するとともに参加者の募集を開始しました。 同講座は、生後5か月から1歳半までの離乳食について詳しく学習することができる講座となっており、同時に小児の発育や口腔からみる離乳食期の発達を知ることができる講座です。 離乳食講座を開催 [全文を読む]

母子家庭の「8割」元夫からの養育費なし・・・弁護士が教える「不払い」対策

弁護士ドットコムニュース / 2016年03月15日10時11分

母子家庭の8割が、離婚した夫から養育費の支払いを受けていないーーそんな母子家庭の厳しい状況を伝える朝日新聞の報道が話題となった。厚労省の2011年度の全国母子世帯等調査によると、養育費の取り決めをしているのは母子世帯の4割に満たず、実際にお金を受け取っているのは2割に満たなかった。取り決めなかった理由は「相手に支払う意思や能力がないと思った」が5割近く、「 [全文を読む]

初産が帝王切開、次は自然分娩できる?専門家の見解

イクシル / 2015年06月29日18時00分

(産婦人科看護師)』 『逆子など胎児の位置や、胎盤の位置、微弱陣痛や破水しても陣痛が起こらない場合、予定日を2週間過ぎても陣痛が起こらない場合など、母子ともに危険性があるときや、分娩の進行に緊急を要される時には帝王切開が優先されます。(産婦人科看護師)』 『帝王切開をされた場合は、子宮に傷ができています。自然分娩でいきむと、その傷から子宮が裂けてしまうこと [全文を読む]

福島原発・県外自主避難者への支援打ち切りで追い詰められる「母子避難者」

週プレNEWS / 2015年06月25日08時30分

こうした中、難しい局面に立たされているのが「母子避難者」だ。夫を福島県に残し、母と子は県外で暮らすという二重生活を続ける家族や離婚を経て県外で自主避難を続ける母子もいる。支援打ち切りの発表に肩を落とす、逃げ場のない母子避難者たちの窮状を聞いた。 【ケース1】五十川理沙さん(仮名)。長女(14歳)、次女(13歳)と福島県郡山市から新潟県に避難中 尋常ではな [全文を読む]

フォーカス