本堂のニュース

至高のペアが拝見できる!国宝の「塔とお堂」が並び建っている寺7つ

17 / 2017年03月13日19時00分

■2:室生寺五重塔&灌頂堂(本堂)(奈良県) 室生寺五重塔&灌頂堂(本堂)(撮影/佐竹敦)室生寺は『女人高野』として名高い山岳寺院です。灌頂堂(本堂)の脇を抜けると奥ノ院へと続く登り階段があり、五重塔はその階段を登り切った場所に建っています。この階段から見上げる塔の姿は室生寺の代名詞ともなっていて、五重塔自身が光を解き放っているかのように神々しい景観です。 [全文を読む]

「清水の舞台」が覆われてる... 京都・清水寺「平成の大改修」で、いましか見れない景色に

8 / 2017年06月06日11時00分

「清水の舞台」で知られる世界遺産・清水寺(京都市東山区)の本堂が2017年2月から、「平成の大改修」の真っただ中にある。 提供:夷(ゑびす)@有頂天家族2舞台探訪?(@ye_bi_su)さんのツイッター 本堂の屋根は修復工事中、「素屋根」と呼ばれる覆いで隠れており、本堂から遠く離れた場所から、「清水の舞台」などを眺められないようになった。屋根の工事は196 [全文を読む]

トランプの腹心が「赤ネクタイで浅草寺」を訪問した意味

8 / 2017年04月22日11時15分

何かヒントはないかと探しながらお参りをして、ふと横を見たら、本堂の横にひときわ大きな人だかりができていました。やはり海外の人が多いですが、日本人も混じっています。黒光りした銃を携帯した制服警官も立っていて、かなり厳重な警備ぶり。上空にはヘリも飛んでいます。ただ事ではありません。 群衆の中にいたおじさん(日本人)に「誰が来るんですか?」と聞いたら、「トラン [全文を読む]

泣ける京都の桜物語。京で愛される桜に隠された5つの感動エピソード

8 / 2016年03月17日19時00分

次ページ>>「おかめ桜」の悲しい名前の由来とは? おかめ桜 千本釈迦堂 image by:京都フリー写真素材 千本釈迦堂の正式名は大報恩寺(だいほうおんじ)といい京都市内最古の本堂で有名です。その本堂前にあるしだれ桜が「おかめ桜」です。鎌倉時代、本堂を建てた大工の棟梁・長井飛騨守高次(ながいひだのかみたかつぐ)の奥さんの名前が、お阿亀(かめ)さんです。お [全文を読む]

南禅寺の紅葉ライトアップを楽しむベストコースはこれ!

7 / 2016年10月11日18時14分

本堂は柿茸屋根の建物で、枯山水の本堂東庭と、池泉回遊式の書院南庭の2つの庭園がライトアップされる。緑と紅葉のコントラストは、時を忘れるほどの美しさだ。 本堂や書院がある天授庵の境内は小さめで、風情ある2つの庭園は堂内に腰かけてじっくりとその美を感じたい。日没前に訪れて、南禅寺の三門や水路閣などの名所で、昼の紅葉とともに、幻想的な紅葉ライトアップを楽しむため [全文を読む]

【15分のお遍路】ちょっと怖いけど悟りへの道が開ける?「玉川大師玉眞院」に行ってみた

6 / 2016年12月25日12時00分

地下霊場に向かう前にすべきこと (C)あやみ まずは本堂にいらっしゃる方に“初めてなんです”と声をかけ参拝の仕方を教えてもらいます。「本堂の来日如来様をはじめ、各仏様に順番に手を合わせましょう」とのことで、本堂の仏様に順番に手を合わせていきました。本堂中央の大日如来様の前には紐が垂れ下がっていて、それを両手のひらで挟んでお祈りします。 ちょっぴり怖い!大 [全文を読む]

新納骨堂「時と灯しびの間」完成

6 / 2016年11月24日10時57分

~開山より401年、萬年山 勝林寺~臨済宗 妙心寺派 萬年山 勝林寺(東京都豊島区、十九世住職 窪田充栄)は、平成28年10月21日に完成した新本堂「拈華堂(ねんげどう)」の地下に、納骨堂「時と灯しびの間」を新設いたしました。「人と暮らしの間にあるお寺」を目指す、勝林寺の新納骨堂は、悠久の時の流れを照らす光の灯し火で包まれる、心安らぐ空間です。[画像: h [全文を読む]

修学旅行にもオススメ! 見どころたくさんの東京下町浅草旅行 ~浅草寺編~

6 / 2016年05月12日09時49分

今回は浅草の有名観光スポット「浅草寺」の魅力を下町育ちの読者モデルのりょーがくんが案内します!前編はこちら⇒修学旅行にもオススメ! 見どころたくさんの東京下町浅草旅行~仲見世通り編~■浅草寺の歴史について平安時代以前は東京湾の入江の一漁村にすぎなかった浅草でしたが、信徒が増すにつれ発展し、平安初期には、慈覚大師円仁(じかくだいしえんにん)により本堂が謹刻さ [全文を読む]

【動画あり】『ニコニコ生放送』でも「南無阿弥陀仏」を合掌! 福井・照恩寺「テクノ法要」レポート

5 / 2017年05月12日21時00分

2つのプロジェクターとプロジェクションマッピング用ソフトなどを新たに導入して、お寺の本堂をさらに異次元の空間を現出させることに挑戦。2017年5月3日に正信偈の行譜が行われました。ここではその模様をレポートします。 ※参考記事 【動画】プロジェクター投影&舞台照明で極楽浄土を表現!? 「テクノ法要」実践の福井・照恩寺がクラウドファンディング http:// [全文を読む]

【世界遺産】ふだんは見ることもできない、非公開の京都の寺院に泊まる旅5軒

5 / 2017年02月12日12時00分

朝の自由散策時には、本堂前庭にある紫式部碑を見てみましょう。 <スケジュール>※スケジュールは変更になる場合があります。 【1日目】 13:30 チェックイン 16:00 本堂にて坐禅体験 16:30 本堂にて読経体験 18:00 夕食 【2日目】 7:00 大徳寺境内地の自由散策 8:00 朝食 9:30 茶室にて茶礼 11:30 チェックアウト <施設 [全文を読む]

フォーカス