責任転嫁のニュース

日本は利用される。突然「一つの中国」を認めたトランプの思惑

まぐまぐニュース! / 2017年02月14日19時00分

「バックパッシング」(責任転嫁)とは、つまり「アメリカが勝つために、中国と日本を戦わせること」を意味します。どうやって? リアリズムの大家ミアシャイマー教授は、その著書『大国政治の悲劇』の中で、「バックパッシングの方法」について触れています。4つ方法がある中で、もっとも「今の日米関係に当てはまる」と思われるのは、以下の方法です。 「4つ目は、バックパッサ [全文を読む]

東電「メルトダウン隠蔽」の背後にもいた、舛添氏の逆ギレ弁護士

まぐまぐニュース! / 2016年06月23日20時00分

ただし、「官邸が…」と声を出すよう、清水社長から広報担当社員へ指示があったとすれば、清水社長が意図的に官邸に責任転嫁した可能性もあり、「記憶がない」で押し通している理由もなんとなくわかる。次ページ>>説明を求める菅元総理に委員会が取った行動とは それにしても、この第三者委は、なんといい加減なことだろう。東電内部のヒアリングで事実関係がはっきりしないのなら [全文を読む]

現実味を帯びてきた、日本が米中「代理戦争」に利用される日

まぐまぐニュース! / 2016年04月20日19時30分

もう1つは、「バックパッシング」(責任転嫁)と呼ばれる方法。これは、自分で戦いを主導せず、「他の国とB国を戦わせる」のです。たとえば、A国がB国をつぶすために、C国やD国を使ってB国を叩かせる。 Mさんが心配されている、「アメリカは、日本を中国や北朝鮮と戦わせるのではないか?」というのは、「アメリカは、日本をバックパッシングするのではないか?」と言い換え [全文を読む]

職場の評価がグ~ンと上昇!「後輩女子から信頼される女性」の特徴3つ

BizLady / 2015年06月16日11時45分

■2:責任転嫁しない 続いて、同ランキングの2位には“責任転嫁しない”ことが挙げられているが、「だって」「でも」と、つい“言い訳口調”が癖になっている人は要注意。 仕事をしていく上でミスや失敗は付き物だが、問題はそれらが起きた時にどう対処するか、である。 自身の責任をシッカリと自覚し、それを行動に移せる女性は、後輩女子からみても憧れの対象となりやすいのだ [全文を読む]

ブログ記事が無断転載され、弁護士を通じて損害賠償を払ってもらった方法について(常見藤代・イスラム通信)

ガジェット通信 / 2017年07月22日16時00分

ライターへの責任転嫁を強化する方向に出た。「問題があればすぐにライターの個人情報を開示する」などの文言が加えられた。 こんなふうに、運営者だけで十分な閲覧数や広告料を稼ぐのは無理だから、外部ライターを使って記事を書かせ、広告費や商材を稼ぐキュレーションサイトとよばれるものは多いらしい。何か問題が起これば、ライターに責任転嫁する。 中川淳一郎氏*6の近著「ネ [全文を読む]

卑屈、逆ギレ、責任転嫁……「今もバイトで怒られてる」サブカル界の新星・トリプルファイヤー吉田靖直とは?

日刊サイゾー / 2017年06月22日15時00分

1回間違えただけで、こんなに怒られるなんて……そっちのほうがおかしくないですか? [全文を読む]


「韓国製品なんて買いたくない!?」ヨーロッパ諸国で嫌われる“メード・イン・コリア”ブランド

日刊サイゾー / 2017年06月18日15時00分

外国人は“KOREA”というと北朝鮮を思い浮かべるから」「外国人はサムスンを韓国企業じゃなくて日本企業だと思っている」などと責任転嫁する意見もあった。 そんな中、自虐的な書き込みも。「韓国が日本のライバルなんて妄言だ。韓国は中国や台湾レベルだろう」「アメリカに住んでいるけど、韓国のイメージがいいわけないよ。韓国を日本と同レベルだと見ている人なんて、ほとんど [全文を読む]


イエメン戦死者と妻を責任逃れに利用したトランプ演説

ニューズウィーク日本版 / 2017年03月02日20時40分

だがトランプは2月28日朝、FOXニュースの番組に出演し、部下たちに責任転嫁する発言をした。米軍の最高指揮官の立場で次のように語ったのだ。「これは私の就任前から計画されていた作戦だ。(将軍たちが)やりたがっていた。私に会いにきてやりたいことを説明した。非常に尊敬されている将軍たちだ。私の将軍たちはこの何十年かで最も尊敬されている。だから信用した。だが、彼ら [全文を読む]

心理カウンセラー直伝、イヤな上司に意見を通す方法

オトコクラス / 2017年02月07日11時00分

20代男性からの相談:「上司の責任転嫁に苦しめられています…!」『現在建築設計事務所に入社して3年目になります。仕事にも少し慣れある程度自分の力で行動できるようになってきました。上司と一緒に仕事をしているのですが、その上司がかなり問題があり、今それで悩まされています。上司の提案で計画を進めていくのですが、その計画に不備・欠陥があると私に責任転嫁してきます。 [全文を読む]

韓国で51人死傷の商業施設火災、警報器鳴らず「人災」と指摘相次ぐ=韓国ネット「責任転嫁よりまずは再発防止」「国民の防災意識が低いから…」

Record China / 2017年02月06日17時10分

まずは再発防止の代案を作ることが大切」と責任転嫁の風潮への批判コメント、「韓国では、火災報知器が鳴っても、救急車が通り過ぎても誰も驚かないことが多い。そんな国だから事故はなくならない」など国民の防災意識に警鐘を鳴らすコメントも寄せられている。(翻訳・編集/松村) [全文を読む]


朴大統領がついに辞意表明、国民に「100回でも謝罪する」と発言も、ネットの怒りは増幅「また責任転嫁」「弾劾するならしてみろ、という意味だ」

Record China / 2016年11月29日16時20分

それが国民の意思だ」 「つまりは国会に責任を押し付けて、決まるまでは辞めないということじゃないか」 「また責任転嫁してるね」 「国民はもうくたびれたよ」 「談話要約:弾劾するならしてみろ」 「6回目のろうそくデモ招集令だな(ソウル中心部では大統領退陣を求める大規模デモがこれまで5回行われた)」 「とにかくすぐに辞めろ」 「もう遅いよ」 「任期の短縮って、辞 [全文を読む]

豊洲問題で石原慎太郎が「文藝春秋」に責任転嫁の言い訳手記を発表! 一方「週刊文春」は石原とゼネコンの癒着指摘

リテラ / 2016年11月19日22時00分

昨日18日、小池百合子東京都知事は、築地市場の豊洲移転は早くて来年の冬になると発表した。一方、騒動の発端となった「盛り土」問題は、今月1日に第2弾となる自己検証報告書を公表。盛り土ではなく地下空間への方針が決まったのが2011年8月の中央卸売市場の新市場整備部の部課長会であるとし、当時の市場長である中西充副知事ら幹部8人の処分を発表したが、これはトカゲの尻 [全文を読む]

デキるビジネスマンの気分を味わう5つの方法

NEWSポストセブン / 2016年11月19日16時00分

「デキるビジネスマン気分」を味わう5つの方法その1 上司や会社の悪口に精を出すその2 「近ごろの若者」を批判するその3 ビジネス書の受け売りをするその4 武勇伝を盛り気味に披露するその5 「大物」との関係を自慢する●その1 上司や会社の悪口に精を出す「デキるビジネスマン気分」を味わう上で効果的なのは、責任転嫁です。自分が売り上げを伸ばせないのも、いい企画を [全文を読む]

選挙結果にみる米国民の「精神状態」、トランプ選出は警鐘か

Forbes JAPAN / 2016年11月10日15時30分

非難、責任転嫁、苦悩、憎悪、カナダに向けた国外脱出──米国人の精神状態の悪さを表す言葉を数えたら、どれだけ挙げられるだろうか。ここ数十年、精神的健康に関する指標は、全てが悪い方向を示してきた。うつと診断される米国民は、1980年代から増加しており、抗うつ剤を服用している人の数は、そのころと比べて2倍になっている。不安障害と診断される人や、治療薬の使用者も増 [全文を読む]

12星座【責任転嫁】ランキング 蟹座は最終手段・泣き落としで逃げる!

i無料占い / 2016年10月24日12時00分

そんなピンチの場面で、ついつい自分のせいじゃないと逃げてしまったり、自分以外の悪者を探してしまったりすることはないでしょうか? 今回は、そんな責任転嫁しやすい星座を、ランキング形式で紹介します。■第1位 蟹座……最終兵器は泣き落とし とても繊細な心の持ち主である蟹座は、怒られたり責められたりすることが大の苦手です。そのため、ミスをしてしまったときや、トラブ [全文を読む]

子供が問題を起こすのは親のせい?責任転嫁する人の特徴

しらべぇ / 2016年10月05日08時00分

■過去にいじめたことのある人ほど親に責任転嫁か調査を進めていく中で、気になる結果が得られたので最後に紹介したい。過去に他人をいじめたことのある人では、約6割もの人が「子供の不祥事は親の責任」と考えているようだ。つまり、親の教育のせいで自分はいじめっ子になった、と論じる人もこの中にはいるのだろうか...?必ずしもそうとは言えないが、本調査より何か問題を起こし [全文を読む]

北朝鮮核問題の“中国責任論”は米国の責任転嫁、緊張化招く日米韓の行為に反対―中国専門家

Record China / 2016年09月12日11時30分

こうした論調に対して遼寧社会科学院の呂超(リュー・チャオ)研究員は、「北朝鮮の核問題が取り上げられるたびに中国に責任を押し付ける論調が見られるが、これは本末転倒で責任転嫁でしかない。北朝鮮の核問題は、米朝の対立を根源としており、米韓の軍事訓練が北朝鮮の軍事的な脅威となっていることは事実だ。米国は武力によるけん制がうまくいかなかったために、その責任を中国に [全文を読む]

フォーカス