大関のニュース

【大相撲初場所】待望の「日本人横綱」誕生なるか

デイリーニュースオンライン / 2015年01月23日06時50分

相撲人気復活の一方で不甲斐ない大関陣 大相撲の人気が復活の兆しを見せている。東京・両国国技館で開催中の大相撲初場所(一月場所/1月11日〜1月25日)が、東京場所としては18年ぶりに一場所全15日間「満員御礼」となることが21日にわかった。これは、若乃花・貴乃花兄弟の「若貴フィーバー」が続いていた1997年の初場所以来で、東京場所以外を含めても2001年の [全文を読む]

<白鵬はまた取材拒否>成長続ける新大関・照ノ富士の名古屋場所に注目

メディアゴン / 2015年05月30日19時07分

照ノ富士は春場所白鵬に土をつけて千秋楽まで優勝争いに踏みとどまる活躍で、夏場所が始まる前には成績次第で大関と言われて注目が集まっていた。夏場所初日、その照ノ富士は強引な取り口で墓穴を掘って佐田の海に寄り切られた。一方、白鵬は逸ノ城に立ち合い一瞬の突き落としで敗れた。照ノ富士、白鵬ともに黒星発進で“荒れる春場所”ならぬ“荒れる夏場所”の予感がした。一度は消え [全文を読む]

2017年6月14日にベルギー・ブリュッセルにて優秀味覚授賞式が開催される 国際味覚審査機構(iTQi)で「超特撰 大坂屋長兵衛 大吟醸」他2商品が 優秀味覚賞「三ツ星」を受賞!!

DreamNews / 2017年06月08日10時00分

大関株式会社(社長:長部訓子/兵庫県西宮市)は、国際味覚審査機構(iTQi)に出品し、3商品が優秀味覚賞の最高位「三ツ星」を受賞いたしました。●受賞商品について(優秀味覚賞「三ツ星」受賞)□超特撰 大坂屋長兵衛 大吟醸正徳元年(1711年)、西宮の今津村に創醸した大関初代当主 大坂屋長兵衛。その創業者の名を冠した大関の代表酒です。当時から受け継がれてきた酒 [全文を読む]

2017年4月7日に世界が認めた味わいの純米大吟醸「超特撰 十段仕込 700ml瓶詰」 2017年モンドセレクション初出品で金賞受賞!! 他6商品も連続で金賞受賞

DreamNews / 2017年04月14日10時00分

大関株式会社(社長:長部訓子/兵庫県西宮市)は、パーカーポイントで92点を獲得した純米大吟醸「超特撰 十段仕込 700ml瓶詰」を国際品評会2017年モンドセレクションに初出品し、酒類部門において金賞を受賞いたしました。また他6商品も酒類部門において連続で金賞を受賞いたしました。2017年4月7日に2017年度モンドセレクション受賞速報にて受賞商品が公表さ [全文を読む]

日本出身力士 琴奨菊であろうと今後の活躍期待できぬ現状

NEWSポストセブン / 2016年02月03日07時00分

大関・琴奨菊が2016年初場所で初優勝。メディアは「10年ぶりの日本出身力士の優勝」と絶賛、「次は若乃花以来18年ぶりの日本人横綱誕生か」とお祭り騒ぎをした。確かに次は、琴奨菊にとって綱取りがかかった大事な場所である。しかし現実は甘くなさそうだ。 初場所千秋楽、NHKで大相撲中継の解説をしていた元横綱・北の富士氏は、 「失礼だけどこれまでまったく優勝候補に [全文を読む]

日本人横綱誕生なるか?大相撲九州場所は「混戦模様の土俵」

しらべぇ / 2016年11月16日10時00分

(画像は日本相撲協会公式サイトのスクリーンショット)大相撲九州場所は、大関豪栄道の綱取りが期待されている。今年に入り、「久々の日本人横綱誕生」の話題が叫ばれてきた。これは今年初場所の琴奨菊優勝がきっかけだが、残念ながらあとが続かなかったのだ。琴奨菊と稀勢の里、どちらも大いに期待されながらも綱取りの可能性を皆無にしてしまった。だからこそ、豪栄道にはすべての不 [全文を読む]

市川紗椰が語る大相撲愛 「豪栄道の優勝を見るために予定より早く海外から帰国しました(笑)」

週プレNEWS / 2016年10月22日11時00分

今回は“相撲女子”でもある彼女が、大相撲秋場所で初優勝した大関・豪栄道への思いを語った! * * * 大相撲秋場所で、大関・豪栄道(ごうえいどう)が初優勝を果たしました! おめでとうございます!! 実は私は豪栄道の大ファンで、知り合いからも「おめでとうメール」をたくさんもらいました。こんなに祝福してもらったのは人生で初めてだったので、思わず「ありがとう! [全文を読む]

~8月7日を「花泡香(ハナアワカ)の日」に制定~ 8月7日は花泡香の日!花泡香フォトキャンペーン

DreamNews / 2017年06月08日10時00分

大関株式会社(社長:長部訓子/兵庫県西宮市)は発売以来、ご好評いただいております「花泡香」のクローズドキャンペーンを実施いたします。●8月7日が何故「花泡香の日」?2002年の発売から15年の今年、商品名の「花泡香」を語呂あわせで8と7 (8=ハ、7=ナ)。ちょうど夏真っ盛りの時期に、スパークリングタイプの日本酒「花泡香」の爽やかな泡が、乾いた喉を潤すのに [全文を読む]

「日本人横綱」は、いつになったら現れる!?

日刊大衆 / 2016年12月15日12時00分

「思い返せば、今年は日本人大関にとって“大勝負”の連続でしたね。ただ、綱取り挑戦の機会が幾度もあったものの、悲願達成とはなりませんでした。ファン待望の“日本人横綱の誕生”は、いつになることやら……」(スポーツ紙記者) それは今年の初場所、大関・琴奨菊が3横綱を破り、日本出身力士として10年ぶりの優勝を決めたところから始まった。しかし、「綱取り場所となった春 [全文を読む]

手のひらサイズのかわいさに詰めた~夏の夜空を彩る光の華~ 期間限定「ワンカップミニ 花火ラベル100ml瓶詰」新発売

DreamNews / 2017年06月13日10時00分

大関株式会社(社長:長部訓子/兵庫県西宮市)は、定番のワンカップより手軽で、手のひらにスッポリ収まる「かわいらしさ」が好評のワンカップミニシリーズから「ワンカップミニ 花火ラベル100ml瓶詰」を期間限定で新発売いたします。●商品について定番のワンカップより手軽に、手のひらにスッポリ収まる「かわいらしさ」が好評のワンカップミニシリーズから「ワンカップミニ [全文を読む]

~ ONE CUP OZEKI×日本酒マニアック博 in 滋賀 ~ 「クリエイターズ・デザイン・ワンカップ」限定発売

DreamNews / 2017年05月08日10時00分

大関株式会社(社長:長部訓子/兵庫県西宮市)は、「 I・LOVE SAKE 日本酒マニアック博 in 滋賀」とのコラボレーション企画 「クリエイターズ・デザイン・ワンカップ」を展覧会会場限定で展示・発売いたします。大阪、東京で大好評のうち閉幕され「I・LOVE SAKE 日本酒マニアック博」が、滋賀に上陸。滋賀・大津パルコでマニアックな視点で集められた日本 [全文を読む]

「花泡香(ハナアワカ)250ml瓶詰」ワイングラスでおいしい日本酒アワード2017スパークリング部門最高金賞受賞!4月18日の表彰式に出席いたします。

DreamNews / 2017年04月04日10時00分

大関株式会社(社長:長部訓子/兵庫県西宮市)は、『ワイングラスでおいしい日本酒アワード2017』に「花泡香 (ハナアワカ)250ml瓶詰」を出品し、スパークリング部門にて最高金賞を受賞。 2017年4月18日(火)にアカデミーヒルズ(東京都港区六本木)で開催されます表彰式&入賞酒お披露目会に出席いたします。●花泡香(ハナアワカ)250ml瓶詰について愛され [全文を読む]

琴奨菊のビールケース椅子 来場所で姿消すか関係者注目

NEWSポストセブン / 2017年04月04日07時00分

東の支度部屋では奥の正面に正横綱の白鵬がまず陣取り、向かって右側に張出横綱の日馬富士が、左側を東の大関・豪栄道が占めるといった具合に、番付の高い順に奥から陣取っていく。 「力士が東西どちらの支度部屋を使うかは、その日の取組によって移動する場合もある。番付表で同じ東方にいる力士同士が対戦する時は、番付の低い方が反対側の支度部屋へ移動する決まり。関係者の間で話 [全文を読む]

愛され女子“絶賛”の「花泡香(ハナアワカ)」が『FOODEX美食女子』グランプリ2017にて金賞受賞

DreamNews / 2017年03月15日10時00分

大関株式会社(社長:西川定良、所在地:兵庫県西宮市)が製造販売する「花泡香(ハナアワカ)250ml瓶詰」が、2017年3月7日に『FOODEX美食女子』グランプリ2017・ドリンク部門で金賞を受賞いたしました。■商品について「花泡香(ハナアワカ)」は、発売から15年を迎える(2002年発売)アルコール分7%のスパークリングタイプの日本酒。人気女性誌のweb [全文を読む]

和食が生活に根付いた県「静岡」の郷土料理に合うワンカップ登場!!~地元の食に精通したプロの監修を受けて味わいを決定したOneCup for 地元メシ~「上撰 ワンカップ 静岡仕立て180ml瓶詰」発売

DreamNews / 2017年03月02日10時00分

大関株式会社(社長:西川定良、所在地:兵庫県西宮市)は、和食が生活に根付いた県「静岡」の郷土料理の様々な味わいに合う「上撰 ワンカップ 静岡仕立て 180ml瓶詰」を発売いたします。●商品コンセプト世界遺産に登録された「和食」は、海外では広く認知されるされるようになり世界各地に広まっています。一方、日本国内では家庭で和食を食べるシーンが減りつつあるのが現状 [全文を読む]

ご当地グルメの宝庫「名古屋メシ」に合うワンカップ登場!!~地元の食に精通したプロの監修を受けて味わいを決定した OneCup for 地元メシ~「上撰 ワンカップ 名古屋仕立て 180ml瓶詰」発売

DreamNews / 2017年03月02日10時00分

大関株式会社(社長:西川定良、所在地:兵庫県西宮市)は、ご当地グルメの宝庫「名古屋メシ」に抜群に合う「上撰 ワンカップ 名古屋仕立て 180ml瓶詰」を発売いたします。●商品コンセプト世界遺産に登録された「和食」は、海外では広く認知されるされるようになり世界各地に広まっています。一方、日本国内では家庭で和食を食べるシーンが減りつつあるのが現状です。食生活が [全文を読む]

大物喰い力士に注目 隠岐の海、勢、嘉風、宝富士、逸ノ城ら

NEWSポストセブン / 2017年02月25日07時00分

昨年は3場所で2ケタ勝利をあげて三役昇進を果たしたものの、九州場所は6勝9敗の成績で大関獲りは白紙に戻っていた。 「それが、前頭筆頭だった初場所で2横綱2大関に勝って11勝。平幕ながら初場所の懸賞獲得数では3位(1位白鵬、2位稀勢の里)に入った。再び大関候補に浮上している」(古参力士の一人) 4横綱時代(白鵬・日馬富士、鶴竜、稀勢の里)を迎えたことで、“大 [全文を読む]

豪栄道以外も!? 「将来の日本人横綱」大予測!!

日刊大衆 / 2016年10月05日18時00分

「鬼の居ぬ間」ならぬ「白鵬の居ぬ間」とばかりに、綱取りに挑んだ大関・稀勢の里(30)は、その白鵬本人から、「このチャンスをものにしてほしいね」とエールを送られたものの、序盤で2敗する波乱の展開となり、11日目に大関・豪栄道(32)に3敗目を喫して今場所後の綱取りは絶望的になった。 3横綱、1大関をモンゴル人力士が占める中、日本人横綱の誕生は大相撲ファンの悲 [全文を読む]

琴奨菊 遅咲き男の“がぶり寄り”秘話!(1)師匠・琴櫻と重なる大躍進

アサ芸プラス / 2016年02月01日01時56分

ベテラン大関・琴奨菊(31)=佐渡ヶ嶽部屋=の勢いが本物だ。大関として決して満足な成績をあげてきたわけではない、遅咲きの大変身。その理由を探ると、意外な秘話ががぶり寄ってきた。「琴奨菊の活躍は先代師匠の琴櫻を彷彿させますね。琴櫻は大関32場所を務めた力士。72年の初場所では、前の山の張り手に脳震盪を起こした一番が無気力相撲だとして協会から注意を受けた。同じ [全文を読む]

女子高生起業家、ネックウェア会社4年目の岐路~ファッションで女性の社会進出を促す?

Business Journal / 2014年02月10日14時00分

2010年、当時女子高校生だった大関綾氏がネクタイメーカー、ノーブル・エイペックスを起業し、「女子高生起業家」として多くのメディアを賑わせた。斬新なアイディアと逆転の発想で、低迷するネクタイ業界に乗り込んだ大関氏が、近日中に楽天市場で商品の取り扱いを開始、また3月には、現在に至るまでの苦労や今後の展開などをまとめた本を上梓予定と、さらに活躍の場を広げようと [全文を読む]

フォーカス