おとぎ話のニュース

アンデルセンもニルスもムーミンもここから生まれた!『北欧の挿絵とおとぎ話の世界』刊行のお知らせ

8 / 2015年11月16日12時23分

株式会社パイ インターナショナル(豊島区)は、2015年11月22日(日)に、書籍『北欧の挿絵とおとぎ話の世界』を刊行いたします。[画像1: http://prtimes.jp/i/12505/100/resize/d12505-100-699478-0.jpg ]金髪のお姫さま、妖精トロール、バイキング…深い森やみずうみ、フィヨルドなど美しい自然に囲まれ [全文を読む]

カネコアヤノ、対バン企画でおとぎ話と熱演

7 / 2015年10月01日11時30分

カネコアヤノの対バン企画「カネコアヤノのてんごくツーマン~おとぎ話編~」が、9月29日(火)に下北沢SHELTERで開催された。これは今年6月に行なわれた同イベントの第2弾で、第1弾はHomecomings、今回はおとぎ話と、いずれもカネコアヤノ自身がリスペクトの念を持つアーティストを招いてきた。【その他の画像】おとぎ話超満員の会場でまずステージに登場した [全文を読む]

夢を与えるものか、教訓を与えるものか、おとぎ話の役割とは

7 / 2015年06月03日11時51分

海外ドラマ『ワンス・アポン・ア・タイム シーズン2』ブルーレイ&DVDリリースを記念して、おとぎ話に期待する役割についてアンケート調査を実施古くから語り継がれてきた数々のおとぎ話について、残酷な描写が含まれる作品もあるが、本来どう語り継がれるべきなのか等、10代を含む女子221名に価値観を聞いてみた『アナと雪の女王』『マレフィセント』『イントゥ・ザ・ウッズ [全文を読む]

「ストレス解消」効果も!大人が夢中になる『おとぎ話のぬり絵ブック』発売10日で緊急増刷!

7 / 2015年02月27日16時30分

株式会社パイ インターナショナル(東京都豊島区)は、おとぎ話の名場面を楽しく塗れる本『おとぎ話のぬり絵ブック』を1月26日に発売いたしました。大変好評につき発売10日間で増刷を決定いたしましたので、ご案内申し上げます。[画像1: http://prtimes.jp/i/12505/11/resize/d12505-11-850028-0.jpg ]発売1カ [全文を読む]

なぜ魅かれる? “人類滅亡の危機”系マンガに共通する要素

6 / 2015年12月05日15時00分

実は継人は吉備津彦命(きびつひこのみこと)こと、日本では知らぬ者はいないおとぎ話の主人公・桃太郎の子孫なのだ。桃太郎はおとぎ話で語られている通り、宝刀「布都御魂剣(ふつのみたまのつるぎ)」を振るって鬼たちを征伐した。そしてその血を引く継人は、鬼に対抗できる武器「レガリア」のひとつである「布都御魂剣」を扱える唯一の人間なのである。 誰もが慣れ親しんだおとぎ話 [全文を読む]

「ジャックと豆の木」の起源は5千年以上前だった! 童話の起源が大幅に見直される!

5 / 2017年01月17日11時00分

おとぎ話や童話、寓話は世界中で親しまれており、美女と野獣やシンデレラ、白雪姫など特に有名なものは国を問わず人気がであるのはご存じの通りである。だが日本でもなじみ深いイソップ寓話(15世紀)、グリム童話(19世紀)、アンデルセン童話(19世紀)のように、出版されて広く親しまれている物語のルーツは実はかなり曖昧なものであった。■6000年前の青銅器時代にさかの [全文を読む]

もう悲惨すぎ!有名な「おとぎ話の恋愛」を真似しちゃ絶対ダメな理由5つ

5 / 2013年12月17日20時00分

女性なら誰でも、小さい頃から読んできたおとぎ話がありますよね。“そしてお姫様は王子様とずっと幸せに暮らしました”という締めくくりで終わるストーリーに憧れて、秘かに「私もいつかきっと白馬に乗った王子様と幸せになるんだ!」と夢見てきた女子はきっと多いはずです。 しかし、実際に有名なおとぎ話の恋愛パターンをよくよく分析してみれば、真似をしたらとんでもないことにな [全文を読む]

子どもにちゃんと伝えられてる?「三匹の子豚」から本当に学ぶべきコト

4 / 2015年11月28日21時31分

子どもに読み聞かせることが多い“おとぎ話おとぎ話って大人になった今読んでも「奥が深いな」と感じることはありませんか? 話の1つ1つには、“後世に伝えたていきたい教訓”が盛り込まれています。でも、その教訓、しっかり子どもに伝わっていますか?そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が『三匹の子豚』から”学べる教訓”つい [全文を読む]

神田沙也加「アナ雪とはまた違う魅力がある」

4 / 2015年03月11日21時58分

同作は、シンデレラ、ラプンツェル、赤ずきんなど願いを叶えたはずの“おとぎ話の主人公たち”を待ち受けていた驚くべき運命を描く、大人のための“アフター・ハッピーエンド”ミュージカル。おとぎ話の主人公が一堂に会す注目のミュージカル映画だけに、その音楽にも期待が寄せられている。 ◆神田沙也加が同作の音楽の魅力を語る 神田は「映画の最初からメインテーマでもある『In [全文を読む]

おとぎ話の主人公が一堂に「イントゥ・ザ・ウッズ」の魅力を神田沙也加が語る

4 / 2015年03月11日20時00分

同作は、おとぎ話の主人公が一堂に会す注目のミュージカル映画だけに、音楽も注目されている。映画公開よりも先に11日に発売される『イントゥ・ザ・ウッズ オリジナル・サウンドトラック』に関し、映画宣伝ナビゲーターを務める神田沙也加が音楽の魅力、そして映画の楽しみ方を改めて語った。「映画の最初からメインテーマでもある『Into the Woods』のミュージカル音 [全文を読む]

フォーカス