本田技研工業のニュース

【自動車メーカーに関するアンケート調査】将来性を感じる自動車メーカー、4位の「スバル」は2011年調査時より増加。トップ3は減少

PR TIMES / 2014年04月16日09時53分

最も乗ってみたいメーカーでは「BMW」が4位■『将来性を感じる』では「スバル」が2011年調査時より増加、上位3位は減少───────────────────────────────────────────◆信頼性・安心感がある、品質・技術が優れている自動車メーカー信頼性・安心感があると思う自動車メーカーは「トヨタ自動車」(71.1%)がトップ、「本田技研 [全文を読む]

【自動車メーカー】他社牽制力ランキング2015トップ3はトヨタ、日産、ホンダ

DreamNews / 2016年05月30日11時00分

集計の結果、2015年に最も引用された企業は、トヨタ自動車の7,554件、次いで日産自動車の3,751件、本田技研工業の3,224件となりました。 1位トヨタ自動車の最も引用された特許は、3年連続で「電動車両へのワイヤレス給電」に関する特許(特許第4453741号)で、後発の特許9件の審査過程で拒絶理由として引用されています。企業別にみると、半導体エネル [全文を読む]

郵便配達のカブも電動に? ホンダと日本郵便が検討へ

ZUU online / 2017年03月24日16時50分

日本郵便と本田技研工業 が郵便配達に使われるバイクを電動化する検討に入ると発表した。また充電ステーション等社会インフラ整備に向けた協議も進めてるとしている。国内ではまだ市場規模の小さい電動二輪市場が活気付く可能性を秘めている。■電動二輪導入と充電インフラ整備を検討両社の発表によると、協業に向けた主な検討内容は2点。まずは郵便配達業務での電動二輪車の導入であ [全文を読む]

ホンダを世界企業に育てたヒューマニズムとロマンチシズム

まぐまぐニュース! / 2015年08月24日03時30分

技術への飽くなき探究心で産業立国ニッポンを牽引してきた本田技研工業。静岡の一町工場が世界的な大企業にまで成長した秘訣は、本田宗一郎と藤沢武夫という「経営オンチと技術オンチ」の2人が守りぬいたある約束と、そこから生まれた企業文化にありました。無料メルマガ『戦略経営の「よもやま話」』に詳しく記されているホンダ・ストーリー、感動的ですらあります。 ホンダ技研工業 [全文を読む]

【自動車メーカー】他社牽制力ランキング2014トップ3はトヨタ、日産、ホンダ

DreamNews / 2015年05月25日12時00分

集計の結果、2014年に最も引用された企業は、トヨタ自動車の7,932件、次いで日産自動車の4,259件、本田技研工業の3,368件となりました。 1位トヨタ自動車の最も引用された特許は、昨年に引き続き「電動車両へのワイヤレス給電」に関する特許(特許第4453741号)で、後発の特許22件の審査過程で拒絶理由として引用されており、昨年の13件から大幅に増 [全文を読む]

【自動車メーカー】他社牽制力ランキング2014トップ3はトヨタ、日産、ホンダ

DreamNews / 2015年05月25日12時00分

集計の結果、2014年に最も引用された企業は、トヨタ自動車の7,932件、次いで日産自動車の4,259件、本田技研工業の3,368件となりました。 1位トヨタ自動車の最も引用された特許は、昨年に引き続き「電動車両へのワイヤレス給電」に関する特許(特許第4453741号)で、後発の特許22件の審査過程で拒絶理由として引用されており、昨年の13件から大幅に増 [全文を読む]

第2回「お子さん/お孫さんに勤めてほしい企業」調査結果を発表

@Press / 2013年12月27日16時30分

次いで「全日本空輸(ANA)」が2位(同8.3%)、「本田技研工業(ホンダ)」が3位(同6.8%)となりました。以下、4位「サントリー」、「三菱商事」(同5.3%)、6位「日本航空(JAL)」、「東日本旅客鉄道(JR東日本)」(同4.8%)、8位「タニタ」(同4.4%)、9位「東海旅客鉄道(JR東海)」(同4.3%)、10位「電通」(同4.1%)と続いてお [全文を読む]

リスクモンスター、第1回「独創性を感じる日本企業」アンケート調査結果を発表

@Press / 2013年05月28日10時30分

次いで「本田技研工業(ホンダ)」が2位(同16.9%)、「ソニー」が3位(同16.6%)となっております。上位3社の顔触れは、先月発表した「世界に誇れる日本企業」アンケート調査結果(1位トヨタ、2位ソニー、3位本田技研工業(ホンダ))と同様となりました。以下「ファーストリテイリング(ユニクロ)」(同15.5%)、「任天堂」(同13.7%)、「タニタ」(同1 [全文を読む]

【中年名車図鑑】80年代を席巻した偉大な“トールボーイ”

citrus / 2017年05月02日17時00分

実はこの時点で本田技研工業は新しいエントリーカーのリリースを決定しており、随時開発を進めていた。集められた技術陣は平均年齢27歳の若手メンバーたち。若者層を中心ターゲットに据えたコンパクトカーを創出するための、首脳陣の英断だった。 ■斬新なデザインの“トールボーイ”。モトコンポもあった! シティ「ターボ」。82年に登場したホンダ量産四輪初のターボモデルだ1 [全文を読む]

第3回「100年後も生き残ると思う日本企業」調査 上位4社は自動車2社と鉄道2社で昨年と同じ企業に!

@Press / 2016年09月30日13時30分

次いで「本田技研工業(ホンダ)」が2位(同14.2%)、「東日本旅客鉄道(JR東日本)」が3位(同13.5%)となり、以下「東海旅客鉄道(JR東海)」(同12.4%)、「日清食品」(同12.3%)、「日産自動車」(同11.6%)、「味の素」(同11.0%)と続きました。(図表A)業種では、自動車製造業3社(トヨタ自動車、本田技研工業(ホンダ)、日産自動車) [全文を読む]

居眠り運転防止関連技術、特許総合力トップ3はトヨタ自動車、デンソー、本田技研工業

DreamNews / 2015年09月16日11時00分

その結果、「総合力ランキング」では、1位トヨタ自動車、2位デンソー、3位本田技研工業となりました。 総合力1位のトヨタ自動車は、眠気が見られる運転者に仮眠を促し、その仮眠の質を上げる技術の特許が高い注目度となっています。総合力2位のデンソーは力学系の計算技術により算出した運転特徴量からドライバー運動能力を判定する技術、3位本田技研工業は、冷熱グリルの温度 [全文を読む]

リスクモンスター、第2回「100年後も生き残れると思う日本企業」のアンケート調査結果を発表

@Press / 2015年07月31日10時30分

次いで「本田技研工業(ホンダ)」が2位、「東日本旅客鉄道(JR東日本)」が3位となり、以下「東海旅客鉄道(JR東海)」、「パナソニック」、「日産自動車」、「日立製作所」、と続きました。(図表A)業種としては、自動車製造業3社(トヨタ自動車、本田技研工業(ホンダ)、日産自動車)、電気機器製造業3社(パナソニック、日立製作所、キヤノン)、飲食料品製造業4社(味 [全文を読む]

金属空気電池関連特許 特許総合力ランキングトップ3は本田技研工業、EVEREADY BATTERY、トヨタ自動車

DreamNews / 2014年07月17日12時00分

その結果、「総合力ランキング」では、1位 本田技研工業、2位 EVEREADY BATTERY、3位 トヨタ自動車という結果となりました。 1位本田技研工業の注目度の高い特許には、「(正極材料としてYとMnとを含む複合酸化物からなる)金属酸素電池」などが挙げられます。同社は、有効特許26件のうち、早期審査請求で既に22件が権利継続となっており、自社権利化 [全文を読む]

ドアウェザーストリップ関連技術 特許総合力ランキングトップ3は豊田合成、西川ゴム工業、本田技研工業

DreamNews / 2014年07月09日10時00分

特許の質と量から総合的に参入企業の競争力を見た「特許総合力ランキング」を集計した結果、1位 豊田合成、2位 西川ゴム工業、3位 本田技研工業となりました。 1位豊田合成の注目度の高い特許には、「ドアの閉状態において、長時間にわたり圧接された部位が屈曲し、変形してしまうことを抑制する技術」などが挙げられます。 2位西川ゴム工業の注目度の高い特許には、「性質の [全文を読む]

第1回「100年後も生き残ると思う日本企業」調査結果を発表

@Press / 2014年07月07日09時30分

次いで「本田技研工業(ホンダ)」が2位(同22.7%)、「日産自動車」が3位(同18.0%)となり、以下「パナソニック」(同15.3%)、「東日本旅客鉄道(JR東日本)」(同14.9%)、「日立製作所」(同14.2%)、「東海旅客鉄道(JR東海)」(同13.9%)と続きました。(図表A)業種としては、自動車製造業3社(トヨタ自動車、本田技研工業(ホンダ)、 [全文を読む]

第2回「独創性を感じる日本企業」調査結果を発表

@Press / 2014年06月02日09時30分

次いで「本田技研工業(ホンダ)」が2位(同16.6%)、「ソニー」が3位(同13.9%)となり、以下「ファーストリテイリング(ユニクロ)」(同12.9%)、「任天堂」(同12.8%)、「ヤマト運輸」(同9.8%)、「キヤノン」(同9.4%)と続きました。(図表A)業種としては、自動車製造業3社(トヨタ自動車、本田技研工業、日産自動車)、電気機器製造業5社( [全文を読む]

第2回「世界に誇れる日本企業」調査結果を発表

@Press / 2014年04月28日11時30分

次いで「ソニー」が2位(同40.6%)、「本田技研工業(ホンダ)」が3位(同40.5%)となり、以下「パナソニック」(同36.6%)、「日産自動車」(同31.1%)、「キヤノン」(同29.0%)、「任天堂」(同26.5%)と続きました。(図表A)業種としては、自動車製造業3社(トヨタ自動車、本田技研工業、日産自動車)、電気機器製造業7社(ソニー、パナソニッ [全文を読む]

第3回「この企業に勤める人と結婚したいランキング」調査結果を発表

@Press / 2013年12月03日09時30分

以下、4位「三菱商事」(同5.3%)、5位「三菱東京UFJ銀行」(同4.9%)、6位「本田技研工業(ホンダ)」(同4.6%)、7位「タニタ」(同4.3%)、8位「アップル(Apple)」(同4.1%)、9位「伊藤忠商事」(同4.0%)、10位「グーグル(Google)」(同3.8%)と続いております。(図表A)業種としては、製造業が7社(トヨタ自動車、サン [全文を読む]

第5回「世界に誇れる日本企業」調査 1位はトヨタ自動車で変わらず!技術力や品質が重視される結果に

@Press / 2017年05月29日09時30分

■調査結果(1) 世界に誇れる日本企業の1位はトヨタ自動車!ランキング1位は「トヨタ自動車」(回答率53.5%)で、次いで「ソニー」が2位(同29.0%)、「パナソニック」が3位(同26.4%)となり、以下「本田技研工業(ホンダ)」(同25.9%)、「任天堂」(同24.4%)、「日産自動車」(同23.0%)、「キヤノン」(同21.6%)、「全日本空輸(AN [全文を読む]

Hondaモータースポーツ体制発表「一生懸命、モースポしてます。」今年も、勝ちに行く 2輪編

Autoblog JP(オートブログ) / 2017年02月14日07時00分

なので、今年は勝ちにこだわったチーム体制で行く」のだと、本田技研工業のモータースポーツ部部長の山本雅史氏は強く語る。 現在、この「鈴鹿8時間耐久レース」や、「スーパーバイク世界選手権」、「MFJ全日本ロードレース選手権」については、「ワークス」としての参戦はしていない。しかし、そろそろ考えていかなくてはならないタイミングに来ているとして、本田技研工業とHR [全文を読む]

フォーカス