清水建設のニュース

エヌ・アンド・シー調べ けんせつ小町のイメージガールになって欲しい 1位「堀北真希さん」

@Press / 2014年12月11日16時00分

(入社したい建設・不動産業界企業 ランキング)◆大学生・院生が選ぶ 入社したい建設・不動産業界企業 ランキング建設業界部門 1位「清水建設」 2位「三井住友建設」 3位「竹中工務店」不動産業界部門 1位「三菱地所」 2位「住友不動産」 3位「イオンモール」全回答者(2,000名)に、建設・不動産業界に就職するなら、入社したい会社はどこか聞いたところ、【建設 [全文を読む]

【ゼネコン業界】他社牽制力ランキング2015トップ3は清水建設、鹿島建設、大成建設

DreamNews / 2016年06月08日10時00分

集計の結果、2015年に最も引用された企業は、清水建設の412件、次いで鹿島建設の326件、大成建設の323件となりました。 1位清水建設の最も引用された特許は、「室奥にまで均一に自然光を届かせることのできるブラインド」に関する特許(特許第3700098号)および「外断熱構法による外壁構造」(特願2000-165108)で、それぞれ後発の特許4件の審査過 [全文を読む]

【ゼネコン業界】他社牽制力ランキング2014トップ3は清水建設、鹿島建設、大成建設

DreamNews / 2015年05月29日11時00分

集計の結果、2014年に最も引用された企業は、清水建設の459件、次いで鹿島建設の352件、大成建設の345件となりました。 1位清水建設の最も引用された特許は、富士化学との共同出願である「基板上に諸機能を有する膜を形成するための無機高分子化合物」に関する特許(特願2000-326435)で、後発の特許5件の審査過程において拒絶理由として引用されており、 [全文を読む]

博多陥没事故の「危険な」大成建設、新国立競技場建設への不安…安倍首相との親密すぎる関係

Business Journal / 2017年03月15日06時00分

経団連の榊原定征会長(東レ相談役最高顧問)は2月6日の記者会見で、建設業界からの副会長起用について、「(経団連では)審議員会の副議長として、山内氏と宮本洋一清水建設代表取締役会長に活躍してもらっている。成長戦略を推進する上でインフラ輸出は重要だ。大成建設は海外でのインフラの取り組みを積極的に進め、大きな案件の実績も上がっている」と述べた。 安倍晋三政権は [全文を読む]

清水建設の“深海未来都市”プランが海外で話題 “日本の技術力なら可能…”

NewSphere / 2014年11月29日11時00分

清水建設は25日、海底都市計画「深海未来都市構想OCEAN SPIRAL」を明らかにした。同社の広報担当は、「まだ青写真に過ぎないが、海底の居住空間を建設する技術を開発する目的だ」と発表している。海外メディアは“現代のアトランティス”と、この壮大な計画を評した。 ◆「深海未来都市構想OCEAN SPIRAL」 計画では、直径500mの「BLUE GARDE [全文を読む]

新国立競技場建設、大成建設に内定か

Business Journal / 2015年10月25日06時00分

さらに旧計画で屋根工区を950億円で受注していた竹中工務店は清水建設、大林組との共同企業体(JV)として応札した。竹中はスタジアム全体を覆うキールアーチを含む屋根を建設する体制を整えていたが、スタンド工事の準備はしていなかった。このため過去にシドニー五輪のスタジアムを建設した経験のある大林組や清水建設と共同事業体(JV)を組む。建築家の伊東豊雄氏、大手設 [全文を読む]

五輪特需期待高まるゼネコン業界、明暗を分けたものとは?正念場迎える竹中工務店

Business Journal / 2013年07月25日06時00分

清水建設も週間で5%値上がりした。 参院選で自公が圧勝したため、これを材料に株価が上放れるようだと、「昨年末の総選挙後にゼネコンの相場であったような大幅高が期待できる」と兜町ではいわれているが、果たしてどうか。上がるとしても、大成建設、清水建設、鹿島建設、大林組のスーパーゼネコン4社は、横並びで大きな差は出ないだろう。石原慎太郎・都知事の時代には「五輪利権 [全文を読む]

清水建設の創業家企業である清水地所が米国シリコンバレーFenox VCのファンドに出資

PR TIMES / 2017年01月17日10時19分

この度、米国シリコンバレーに拠点を置くFenox Venture Capital(本社:米国カリフォルニア州、以下Fenox VC)は、清水建設株式会社(本社:東京都、以下清水建設)の創業家企業である清水地所株式会社(本社:東京都、以下清水地所)を新たに投資家LPとして迎えました。既にFenox VCファンドに出資している投資家LPの皆様とともに、シリコン [全文を読む]

なぜ日本のスーパーゼネコンは同族経営ばかりなのか

NEWSポストセブン / 2016年12月31日07時00分

スーパーゼネコンと呼ばれている建設会社は、鹿島建設、清水建設、大成建設、竹中工務店、大林組の5社。このうち大成建設を除く4社は創業家による経営関与が続いている。建設業界に詳しいジャーナリストの千葉利宏氏が解説する。 「建設業というのは基本的に請負の仕事なので、個人の業績が見えづらく、社内で権力闘争が起きると揉めやすいのです。だから、オーナー家の人間を御輿 [全文を読む]

リニアより「新国立競技場」の工事が人気。働きたいゼネコン1位は清水建設。「i-Construction」より「週休2日」に期待。

PR TIMES / 2016年12月26日14時16分

アンケート結果のサマリー「リニア中央新幹線」より「新国立競技場」の工事が人気!期待できる政策は「i-Construction」よりも「完全週休2日制」働きたいゼネコンは、1位清水建設、2位鹿島建設、3位竹中工務店【調査概要】調査期間:2016年12月1日~15日調査対象:『現場の神様』の登録会員(施工管理技士を中心とした建設技術者有効回答者数:150名調査 [全文を読む]

日本初のLEED-Healthcare版・ゴールド認証を取得

PR TIMES / 2016年10月12日12時21分

エコホスピタル・順天堂医院B棟(新病院) 学校法人順天堂(理事長:小川秀興)と清水建設株式会社(社長:井上和幸)は、このほど、世界に誇れるエコホスピタルを目指して計画した順天堂医院B棟(文京区本郷、2016年4月竣工)について、その証となるLEED-Healthcare版・ゴールド認証を取得しました。LEED-Healthcare版の認証取得は、国内では順 [全文を読む]

「人手が足りない…」悩むドボク業界、「ロボ手」を開発―重さ200kgの鉄筋を運ぶ

インターネットコム / 2016年09月20日06時00分

清水建設、アクティブリンク、エスシー・マシーナリの3社は、国土交通省の施策に沿って、人間の腕のように働く怪力のロボットを開発した。人間と一緒に働き、重さ200kgまでの鉄筋を所定の取り付け位置に配置していく機能があり、名前は「配筋アシストロボ」という。 すでに東京外環自動車道大和田工事で、稼働試験をしている。従来6~7人が必要だった作業を、無理なく3人で [全文を読む]

巨大帝国セブン&アイ、異常すぎる鈴木会長独裁帝国が完成…深刻な後継者不足露呈

Business Journal / 2016年02月18日06時00分

清水建設 清水建設は4月1日付で取締役専務執行役員の井上和幸氏が社長に昇格する。社長の宮本洋一氏は代表権のある会長に就く。社外取締役を除く序列で10人抜きだ。宮本氏は井上氏を社長に起用した理由を「顧客の評判が高く、多くの人から愛される点が決め手だった」と述べた。 [全文を読む]

清水建設にワークフローシステム「AgileWorks」を導入 段ボール約30箱分の管理コスト&月平均1,200時間の書類作成時間を削減

@Press / 2015年08月25日10時30分

株式会社エイトレッド(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:林 宗治)は、清水建設株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:宮元 洋一、以下 清水建設)に大手・中堅向けワークフローシステム「AgileWorks(アジャイルワークス)」を導入し、ペーパーレス化を加速させ、業務効率化と大幅なコスト圧縮を実現いたしました。 <清水建設の導入事例> https [全文を読む]

エヌ・アンド・シー調べ イクメンが多いと思うゼネコン 1位「清水建設」

@Press / 2015年03月24日14時30分

(業界関係者が携わりたかったプロジェクト、携わりたいプロジェクトは?)◆「東京スカイツリー建設」に携わりたかった 業界関係者の3人に1人◆プロジェクトに携わりたい! 「新国立競技場建設」は約4割、「リニア中央新幹線」は3割半◆土木では「北陸新幹線の建設に携わりたかった」4割強、「リニア中央新幹線の建設に携わりたい」半数 [全文を読む]

水深3,000mの海底に清水建設が壮大な夢を描く

FUTURUS / 2014年11月30日11時11分

清水建設が先頃、深海が秘める無限の可能性を利用して地球再生を図る深海未来都市「OCEAN SPIRAL(オーシャン・スパイラル)」構想を発表した。 地球表面の70%が海洋であり、その80%を占める深海には無限の可能性が秘められている。 同社は深海が地球生命圏を正常に循環させる大きなポテンシャルを持っているものの、そのポテンシャルをまだ活かしきれていないこと [全文を読む]

【インドネシア】清水建設、最高層のオフィスビル建設工事を受注=総額約180億円

Global News Asia / 2014年10月23日16時20分

2014年10月20日、清水建設は、インドネシア地元企業とのJV(共同企業体)により、自動車の製造・販売業を主体とするインドネシア最大の複合企業アストラ・インターナショナル社から、同国で最も高層となる高さ261.5メートル、地上47階建ての超高層ビルの建設工事を受注、近く請負契約を締結すると発表した。 受注金額は約180億円で、竣工は2018年1月を予定し [全文を読む]

清水建設と前田建設工業、ベトナムのホーチミンで地下鉄1号線工事を受注

Global News Asia / 2014年08月04日12時44分

2014年7月30日、清水建設と前田建設工業の共同企業体(以下、JV)は、ベトナム初の地下鉄工事となるホーチミン地下鉄1号線CP1B工区の受注契約を、ホーチミン市人民委員会都市鉄道管理機構と締結した、と発表した。 ホーチミン地下鉄1号線は、ホーチミン市中心部のベンタンと同市東北部のスオイティエンを結ぶベトナム初の都市鉄道で、総延長19.7キロ、ベンタン駅か [全文を読む]

建設業界、なぜ東京五輪バブル期待外れで低調?人材不足、資材高騰、消費増税が足かせに

Business Journal / 2013年12月11日01時00分

清水建設は10月10日に473円まで買われた。五輪決定直後の9月10日に年初来高値の536円を付けたあと、450円前後に反落していたが、再び上昇した。宮本洋一社長が10月8日付日本経済新聞の取材で、東京五輪の開催効果によるインフラ工事などで「3、4年後に1500億円程度の増収が見込める」「受注額は今期(14年3月期)比1500億円増の1兆2000億円に達 [全文を読む]

代々木競技場建設した清水建設 20年東京五輪の関連受注期待

NEWSポストセブン / 2013年09月10日07時00分

日本インタビュ新聞社代表で経済評論家の犬丸正寛氏は、「清水建設」(東証1部・1803)に注目している。 * * * 今年前半のアベノミクス相場を引っ張ったのは、円安メリットを受ける、いわゆる国際優良株だった。しかし、トヨタの決算に端的に表われているが、国際優良株の増益分は円安メリットでほぼ説明がつき、本格的な業績回復からは遠い。為替相場の円安トレンドも一服 [全文を読む]

フォーカス