欧州連合のニュース

金融のプロ向け個別銘柄分析レポート『Sharewise Weekly Report』世界配信を開始

4 / 2015年11月10日20時03分

・NASDAQ Stock Market (ナスダック/アメリカ)・New York Stock Exchange(ニューヨーク証券取引所/アメリカ)・Euronext Amsterdam(ユーロネクスト - アムステルダム/オランダ他欧州連合、アメリカ)・Euronext Brussels(ユーロネクスト - ブリュッセル/ベルギー他欧州連合、アメリカ) [全文を読む]

欧州委員長の「EU軍」構想、NATO存在するのになぜ? 秘められた独首相の米国への警告とは

4 / 2015年03月26日06時30分

3月8日に欧州連合(EU)のユンケル委員長は、「欧州連合軍」の創設を提案した。それにメルケル首相や次期首相候補の噂のあるフォンデアライエン国防相も賛成したという(スペインのエル・ムンド紙)。 EUメンバー国は既にNATOに加盟している。それと任務が重複する可能性の強い「欧州連合軍」を創設する意味は薄い、というのが誰もが考える共通した見方である。ではなぜ、ユ [全文を読む]

ウエストロー・ジャパン(株)、フランス(EUを含む)の法律関連文献データベースを発売開始

4 / 2012年03月06日10時17分

また、フランスの欧州連合(EU)の加盟に対応する、欧州連合の法令・判例についても収録され、フランス国内での法律関連情報を立体的に調査・把握することができる製品です。迅速な情報と更新、検索の正確さ、信頼性の高い編集、すばやいナビゲーションなどフランス国内の法律専門家から高い支持を得ています。大阪大学大学院法学研究科で国際私法/国際民事訴訟法を担当し、フランス [全文を読む]

「他言語を学ばなくてもいい日」は来ない。言語と機械翻訳を改めて考えてみる | アルゴリズム編

3 / 2017年06月23日18時02分

パターン性が高いものは翻訳しやすい文章であり、統計的機械翻訳はこれに適している 欧州連合が採用している機械翻訳「MT@EC」(Machine Translation at European Commission)は、書式が統一された文書を欧州連合の24の公式言語(とノルウェーの書き言葉)のどのペアとも翻訳できる。MT@ECはMOSESという統計的機械翻訳 [全文を読む]

中央大学がEUポスター展とEUクイズを開催 -- 「日・EUフレンドシップウィーク2017」の一環

3 / 2017年05月17日08時05分

5月9日の「ヨーロッパ・デー」(EU創設記念日)前後を皮切りに、駐日欧州連合代表部と全国のパートナー機関・団体の協力のもと、日本各地で開催される。 国内18大学に設置されている「EU情報センター」のひとつである中央大学国際機関資料室もこの催しに参加しており、今年は「EUポスター展」と「EUクイズ」の2つの企画を実施。いずれも参加費無料で誰でも参加できる。 [全文を読む]

日本にとって好都合。米英の再接近が中国にもたらす「大打撃」

3 / 2017年02月02日16時00分

習主席はシェークスピアを引用し、中国が欧州連合(EU)との関係を深める上での英国の「積極的な役割」を力説した。 イギリスと中国は、「黄金時代」だそうです。そして、最後の一文 習主席はシェークスピアを引用し、中国が欧州連合(EU)との関係を深める上での英国の「積極的な役割」を力説した。 がとても大事ですね。中国にとってイギリスの「役割」は、「中国とEUの関係 [全文を読む]

「大胆な離脱作戦」EU離脱主導のボリス・ジョンソン氏が外相に…メイ首相の意図とは?

3 / 2016年07月20日11時49分

6月下旬にブレグジット(イギリスの欧州連合離脱)で揺れたイギリスで7月13日、与党保守党が新たな党首を選出し、テリーザ・メイ新首相が誕生した。同時に新政権を発表したが、外相には、ロンドン前市長のボリス・ジョンソン氏が就任した。ジョンソン氏は、ブレグジットに先立つ国民投票でEU離脱運動を先導し、残留派だったキャメロン前首相が離脱決定後に辞任を表明した際、次期 [全文を読む]

【年表】イギリスがEUを離脱するまで(1952-2016)

3 / 2016年06月24日19時30分

(写真は6月23日、ロンドンで勝利を喜ぶEU離脱派の支持者) イギリスで6月23日、EU(欧州連合)からの離脱の是非を問う国民投票が行われ、離脱支持は52%、残留支持は48%を得票。事前の世論調査でも拮抗していたが、EU離脱が確実となった。報道によれば、開票直後、残留派を率いていたデービッド・キャメロン英首相が辞意を表明した。 イギリスのみならず、欧州、ひ [全文を読む]

時事通信が選ぶ、海外10大ニュース

3 / 2015年12月28日14時00分

欧州連合(EU)は加盟国全体で16万人を分担して受け入れることを決めたが、既に100万人以上が欧州入りし、対策は追い付いていない。11月のパリ同時テロでは、一部の容疑者が難民に紛れて欧州入りしたことが判明し、テロリスト流入対策の不備が顕在化した。欧州各国は国境審査を相次いで強化しており、欧州統合の柱である「域内移動の自由」も揺らいでいる。第3位 COP2 [全文を読む]

【ドル円週間見通し】ギリシャと国際支援団の交渉行方に注目

3 / 2015年02月08日16時00分

* * * 今週のドル・円は、ギリシャ反緊縮政権と国際支援団との交渉、G-7財務相・中央銀行総裁会議、欧州連合(EU)首脳会議などを見極める展開となる。2月末のギリシャ金融支援プログラムの期限に向けて、ギリシャ反緊縮政権による緊縮措置の緩和、債務減免交渉が決裂した場合、ギリシャのデフォルト(債務不履行)懸念、ギリシャのユーロ離脱への懸念が高まることになる [全文を読む]

フォーカス