東京女子大学のニュース

斎藤工&窪田正孝のサプライズ登場に女子大生が歓喜!

Smartザテレビジョン / 2016年01月15日18時44分

日本テレビ系で1月17日(日)よりスタートする新ドラマ「臨床犯罪学者 火村英生の推理」(毎週日曜夜10:30-11:25※初回は夜10:30-11:40)の第1話特別試写会が東京・杉並の東京女子大学で行われ、斎藤工と窪田正孝がサプライズで登場した。 東京女子大学はドラマのロケ地として一部使用されていることもあり、同校の生徒と学校関係者が招待され特別試写会が [全文を読む]

えっ?「汚名挽回」、「雪辱を『晴らす』っておかしいの!? 『マンガで気づく間違った日本語』3月12日発売! (発行 主婦の友インフォス情報社 発売 主婦の友社)

PR TIMES / 2014年03月07日14時27分

電話対応や接待、謝罪など社会人あるあるエピソードを通して、慣用句だけではなく、敬語の使い方や和製英語など、200以上の身近な誤用を東京女子大学教授の篠崎先生が詳しく解説します。 アイドルが大好きな編集長や、”鬼の副長”と呼ばれる副編集長、100年に1人の歌姫・SALA、著書が1500万部を超える大ベストセラー作家など、個性豊かなキャラクターが登場し、ストー [全文を読む]

JIYU アフタースクール開校記念講演

PR TIMES / 2012年06月25日19時16分

当スクールの開校を記念し、東京女子大学教授石井恵理子氏による「多文化社会を生きる子どもたちの教育を考える」と題した特別講演を、2012 年6 月30 日(土)13:30 より自由学園記念講堂にて開催いたします。講演会当日は、昨今問題視されている子供たちの放課後の過ごし方に焦点を当て、どうすればより良い生活環境を整えることが出来るか、子供たちにより充実した、 [全文を読む]

方言はモテ要素 茨城の“ぺ”山形の“のぅ”はかわいい印象に

NEWSポストセブン / 2017年04月24日07時00分

東京女子大学現代教養学部教授で『出身地(イナカ)がわかる方言』(幻冬舎刊)の著者・篠崎晃一さんが言う。 「方言は、地域社会の人間にとっては普通の生活語でありながら、その言葉に劣等感を持つ時代もかつてはありました。ですが、時代と共に価値観が変わり、今は自分のアイデンティティーであり、地域の文化だとプラス思考に変わってきている。他の地域にはない独自色を持つ言 [全文を読む]

【『PHPのびのび子育て(4/18発売)』の『「教育費」計画をしっかり立てよう!』にエフピーウーマン代表の大竹のり子が登場しております。

DreamNews / 2017年04月19日11時00分

東京女子大学文理学部を卒業後、金融専門書籍・雑誌の編集者を経て2001年にファイナンシャルプランナーとして独立。正しいお金の知識を伝えることで多くの女性の人生を支援したいという想いから、2005年4月に「女性のためのお金の総合クリニック」として株式会社エフピーウーマンを設立。現在、経営の傍ら、講演、雑誌、テレビなど多くのメディア出演を通じ、女性が正しいお金 [全文を読む]

【『InRed(3/7発売)』の『働くオンナの給与明細』にエフピーウーマン代表の大竹のり子が登場しております。

DreamNews / 2017年03月08日11時00分

東京女子大学文理学部を卒業後、金融専門書籍・雑誌の編集者を経て2001年にファイナンシャルプランナーとして独立。正しいお金の知識を伝えることで多くの女性の人生を支援したいという想いから、2005年4月に「女性のためのお金の総合クリニック」として株式会社エフピーウーマンを設立。現在、経営の傍ら、講演、雑誌、テレビなど多くのメディア出演を通じ、女性が正しいお金 [全文を読む]

『シリーズ〈本と日本史〉(3) 中世の声と文字 親鸞の手紙と『平家物語』』(大隅和雄著/集英社新書)が1月17日に発売!

DreamNews / 2017年01月13日17時00分

東京女子大学名誉教授。1964年東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退。網野善彦との共編著『大系 日本歴史と芸能』(平凡社・日本ビクター)で毎日出版文化賞特別賞を受賞。著書に『愚管抄を読む』『事典の語る日本の歴史』(講談社学術文庫)など多数。2016年にノーベル生理学・医学賞を受賞した、東京工業大学・大隅良典栄誉教授の実兄。【お問い合わせ】集英社 広報部 [全文を読む]

「私らしさ」ってなんだろう? 自分と誰かを比べて「自分を好きになれない」あなたへ…

ダ・ヴィンチニュース / 2016年12月11日11時00分

東京女子大学文理学部心理学科卒業。大学卒業後は株式会社リクルートに入社し、『ゼクシィ』『HOT PEPPER Beauty』などの事業戦略・ブランドプロモーション戦略・マーケティングに従事。その傍ら「女性が豊かに自由に生きていくこと」をコンセプトに講演やイベントを行う。会社退職後、2014年に株式会社OMOYAを設立。女性向け事業・ブランド・商品・サービス [全文を読む]

2016年入社新人女子アナが見せてしまったあられもない姿のすべて!

アサ芸プラス / 2016年10月06日17時59分

日テレの新人・佐藤真知子アナは準ミス東京女子大学に輝いた正統派の美人。「超☆汐留パラダイス」の「アナパラ」に登場すると、衣装の下に着たキャミソールのヒモをチラリ。目撃した人も「真っ白なヒモは清純なイメージの彼女にぴったりで、とても興奮しました」と喜びを爆発させた。 10月4日発売の「アサ芸シークレットVol.42」では、これら新人女子アナのハプニングに加 [全文を読む]

『ミヤネ屋』のお天気お姉さん 目標は信頼されるキャスター

NEWSポストセブン / 2016年06月13日07時00分

東京女子大学卒業後、気象予報士資格を取得。東日本放送の気象キャスターなどを経て、現在は『情報ライブ ミヤネ屋』(月~金曜、13時55分~)の木曜気象キャスターを務めるほか、『CS日テレNEWS24』にも出演中。 ●撮影/橋本雅司 ※週刊ポスト2016年6月17日号 [全文を読む]

ミヤネ屋お天気キャスター・奈良岡希実子が美脚を披露

NEWSポストセブン / 2016年06月07日07時00分

東京女子大学在学中から試験を受け、卒業後に合格。その後、東日本放送の気象キャスターなどを務め、今年の4月から『情報ライブ ミヤネ屋』の木曜日を担当。 撮影■WEST ※女性セブン2016年6月16日号 [全文を読む]

LINEとNHK、場をなごませ、悪口が飛びかう空気を変える“おたすけスタンプ”を配布

ITライフハック / 2016年03月16日15時00分

1月に開催された選考会には、高橋みなみさん、番組に出演する中高生6名に加え、専門家の視点として国立大学法人静岡大学教育学部塩田真吾准教授と東京女子大学現代教養学部人間科学科心理学専攻前川あさ美教授、当社スタンプチームマネージャー渡辺尚誠が参加した。選考会では、「中高生がLINEを利用する主な時間が夜であることを踏まえ、トークの雰囲気が悪くなった時に“とりあ [全文を読む]

“人気の街・賃貸編”トップ3は荻窪、目黒、武蔵小杉。王者「吉祥寺」がまさか圏外!?

PR TIMES / 2016年01月19日20時51分

また、15分程度で東京女子大学や一橋大学、明治大学へ、20分程度で成蹊大学や東京医科歯科大学、上智大学へと通学可能であり、学生ニーズも高い。駅前には商業施設や商店街、24時間営業のスーパーなどがあり、近くには大田黒公園という紅葉のライトアップが有名な日本庭園や、区立図書館などがある。また上位3駅のなかでは3LDK以上の物件の家賃相場が最も安く、ファミリー層 [全文を読む]

ヘミングウェイ研究家今村楯夫さん同行!『老人と海』の足跡をたどるキューバの旅7日間、発売

PR TIMES / 2015年10月01日14時40分

<今村楯夫さんプロフィール> アメリカ文学者、東京女子大学名誉教授。1992年に日本ヘミングウェイ協会を設立、2001年同会長。現在は同顧問。論文や著書を多数出すなど、ヘミングウェイ研究において幅広く活躍している。 <商品概要> [画像2: http://prtimes.jp/i/5912/650/resize/d5912-650-986323-1.jp [全文を読む]

「常にピストルを携行して…」新朝ドラ主人公モデルの素顔

WEB女性自身 / 2015年09月22日06時00分

古川さんは東京女子大学文学部卒業後、国立国語研究所に数年在職し、都内の私立高校の国語教師になったころ、分厚い『大日本女性人名辞書』のなかの、「運命の14行」に出合う。《実業家。三井高保の妹。嘉永二年京都油小路出水に生れ、十七歳で大阪の加島屋広岡信五郎に嫁いだ》《家運傾かんとするや自ら立って難局に当り、(中略)鉱山の経営に当った時など、時に坑夫等と起臥を共に [全文を読む]

「常にピストルを携行して…」新朝ドラ主人公モデルの素顔

WEB女性自身 / 2015年09月22日06時00分

古川さんは東京女子大学文学部卒業後、国立国語研究所に数年在職し、都内の私立高校の国語教師になったころ、分厚い『大日本女性人名辞書』のなかの、「運命の14行」に出合う。《実業家。三井高保の妹。嘉永二年京都油小路出水に生れ、十七歳で大阪の加島屋広岡信五郎に嫁いだ》《家運傾かんとするや自ら立って難局に当り、(中略)鉱山の経営に当った時など、時に坑夫等と起臥を共に [全文を読む]

福島県×JA全農福島 桃太郎侍の娘、高橋真麻さんも登場する『ふくしまの“桃”開き』宣言in有楽町 2015年7月28日(火)開催

@Press / 2015年07月23日17時30分

東京女子大学卒業後、2004年、フジテレビに入社。2013年3月、フジテレビを退社しフリーとなる。以後、テレビ、雑誌、イベントなど多方面で活躍中。現在、『有吉弘行のダレトク!?』(フジテレビ)、『スッキリ!!』(日本テレビ)、『ソレダメ!』(テレビ東京)、『おとなの基礎英語』(NHK Eテレ)、『真麻の部屋へようこそ!』(NOTTV)にレギュラー出演中。【 [全文を読む]

話題の「方言翻訳。」 再生回数10万回超えの大阪弁フレーズは

NEWSポストセブン / 2015年05月25日11時00分

最近、若者たちの間でも方言を使う人が増えていると、『出身地(イナカ)がわかる方言』(幻冬舎)著者で、東京女子大学教授の篠崎晃一さんは言う。 「昨年、缶コーヒーのCMでAKB48のメンバーが各自の出身地の言葉で話し話題になりましたが、『あまちゃん』の能年玲奈など、若い世代が方言を話す違和感が新鮮に映り、親しみやすさが増したようです」(篠崎さん) ヤフー・ジャ [全文を読む]

話題の「方言翻訳。」 再生回数10万回超えの大阪弁フレーズは

NEWSポストセブン / 2015年05月25日11時00分

最近、若者たちの間でも方言を使う人が増えていると、『出身地(イナカ)がわかる方言』(幻冬舎)著者で、東京女子大学教授の篠崎晃一さんは言う。 「昨年、缶コーヒーのCMでAKB48のメンバーが各自の出身地の言葉で話し話題になりましたが、『あまちゃん』の能年玲奈など、若い世代が方言を話す違和感が新鮮に映り、親しみやすさが増したようです」(篠崎さん) ヤフー・ジャ [全文を読む]

【書評】ヌード作品読み解き日本と時代を裸にする楽しい一冊

NEWSポストセブン / 2014年12月26日16時00分

東京女子大学卒業。川村学園女子大学大学院博士後期課程修了(文学)。大学非常勤講師。専門は日本近現代女性史。著書に『「帝国」の映画監督 坂根田鶴子』(吉川弘文館刊)など。 【評者】鈴木洋史(ノンフィクションライター) 本書は、日本の近現代に、美術、映画、写真などで制作されたヌード作品から日本とその時代を読み取る試みである。取り上げるのは、明治末期、男性の股間 [全文を読む]

フォーカス