若者たちのニュース

森山直太朗「若者たち」”ご本家といっしょ”

dwango.jp news / 2014年08月01日16時44分

1966年当時のオリジナル版「若者たち」を歌ったザ・ブロードサイド・フォー。なんと彼らのステージに森山直太朗がサプライズ飛び入り出演、ご本家との『若者たち』共演が実現した。ザ・ブロードサイド・フォーの黒澤久雄氏は直太朗の母、森山良子の学校の先輩で、森山良子がフォークソングを歌うきっかけを作った人物。直太朗とも幼い頃から親交があり、今回ドラマ主題歌として『若 [全文を読む]

フジテレビ「若者たち2014」に団塊世代「安易過ぎる」と苦言

NEWSポストセブン / 2014年07月16日16時00分

* * * 7月9日に大注目の中で始まったフジテレビ開局55周年記念ドラマ「若者たち2014」(水曜午後10時)。妻夫木聡、瑛太、満島ひかり、柄本佑、野村周平、長澤まさみ、蒼井優……豪華キャストがそろい踏みの「兄弟たちの青春群像劇」。 1966年に時代を魅了した伝説のドラマ「若者たち」の再来と鳴り物入り。事前PRも、ひと味違った。その生真面目さが異彩を放 [全文を読む]

リアル浦島太郎! マシュー・マコノヒー、アザラシの赤ん坊を助ける

サイゾーウーマン / 2014年04月28日21時20分

米大手タブロイド紙「ナショナル・エンクワイアラー」によると、マシューはマリブビーチでサーフィン中、海岸で10代の若者たちが棒で赤ん坊アザラシをつついているのを発見。若者たちはアザラシが動かないため、生きているのか死んでいるのか、ケガをしているのかを判断するために棒でつついていたのだが、そんなことをしてはアザラシが傷ついてしまうと懸念したマシューは急いで若 [全文を読む]

バングラデシュ・レストラン襲撃人質テロ事件から、まもなく1年。講座『グローバル化時代のバングラデシュの若者たち』を7月7日(金)に開催します。

PR TIMES / 2017年06月28日09時10分

-SNSを通じた社会運動と、邦人7人が犠牲になったテロ事件を巡って-認定NPO法人国境なき子どもたち(KnK)【本部:東京都新宿区/会長:寺田朗子】は、7月7日(金)に、渋谷区恵比寿において、『グローバル化時代のバングラデシュの若者たち -SNSを通じた社会運動と、邦人7人が犠牲になったテロ事件を巡って-』と題してバングラデシュの若者たちの未来について考え [全文を読む]

SNS投稿を「わざとズラす」、若者の深層心理 卒業式の写真をあえて4月に投稿する人も

東洋経済オンライン / 2017年06月21日08時00分

最近の若者たちは、どうやら「皆で」「一斉に」「同時に」という行動が嫌いになってきており、周りの人たちと「ずれた行動」をとることが多くなってきているようです。……と書くと、集団意識の強い日本人が欧米人化してきた、と思うかもしれませんが、今回の趣旨はそうではありません。つねに自己主張をする人が多い欧米人のように変貌したのではなく、今の若者たちは、あくまで「日本 [全文を読む]

思想教育を聞き流してダンスに熱中…北朝鮮「いまどきの若者」事情

デイリーNKジャパン / 2017年05月26日06時44分

北朝鮮には、「チャンマダン世代」と呼ばれる若者たちがいる。 かつての北朝鮮では、質や量は十分でなくとも無償で教育、医療、食料の配給が得られ、人々は国家に依存して暮らしていた。 ところが、1990年代後半に「苦難の行軍」と呼ばれる大飢饉が起きたことで、様相は一変する。上記のような無償・配給システムは崩壊し、チャンマダンと呼ばれる市場でモノを売らなければ生きて [全文を読む]

ユニセフ事務局長とローマ法王が会談 5年間のパートナーシップを発表 【プレスリリース】

PR TIMES / 2015年04月22日16時25分

【2015年4月21日 バチカン/ニューヨーク発】ローマ法王フランシスコ聖下とユニセフ事務局長 アンソニー・レークは21日にローマで会談し、弱い立場にある若者たちが、自分たちの社会、そして世界の市民として参加するために必要なスキル、情報、知識を得られるよう支援する新しいパートナーシップを結ぶことを発表しました。ユニセフと、法王フランシスコが設立した教育機関 [全文を読む]

そんな教育はしてないのに! 我が国の若者はなぜ日本文化にハマるのか=中国

サーチナ / 2017年08月17日09時12分

アイドルやアニメ、漫画は日本でも多くの若者たちが熱狂するコンテンツの1つだが、それは中国でも同様だ。中国では多くの若者が日本の漫画などの文化に興味を持ち、なかには日本語を学んだり、留学を考えたりする若者もいるほどだ。 中国ではアニメ、漫画、ゲームについて、それぞれの英語表記の頭文字をとって「ACG」と呼ばれている。日本の「ACG」は中国において反日感情さえ [全文を読む]

“インスタ映え”する写真を一緒に撮影し、新たな恋に出会える!『フォトジェニック・コン』を7月29日スタート

PR TIMES / 2017年07月25日13時48分

若者たちに人気の「SNS映え」「インスタ映え」する写真を撮影できるフォトジェニックなイベントです。[画像1: https://prtimes.jp/i/15719/24/resize/d15719-24-197741-0.jpg ]「SNS映え」「インスタ映え」する写真が若者たちに人気!フォトジェニックなメニュー開発する飲食店も。ツイッター、フェイスブック [全文を読む]

<「おしゃピク」って何?>インスタ女子たちの歪んだリア充

メディアゴン / 2017年06月02日07時40分

芸能人でもないのに、多くの若者たちが常に「撮影される」という感覚を持ち、実際に撮影されることにも慣れている。「自撮り」を含め、芸能人ばりに「写ること」へのプロ意識を持つ若者たち。誰もがカメラマンであり、被写体となっている今日、自分がどのように写真に写るのか、またどう見られているかという意識だけがひたすら肥大化している。冷静に考えればこれは異常な現象だ。イン [全文を読む]

<若者いじめの現実を描く>ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』に期待

メディアゴン / 2016年03月02日07時30分

坂元裕二さんがここまで徹底して現代の若者たちが直面する負の現実を描くのなら、このドラマが単なる恋愛ドラマで終わるはずはありません。ですから筆者は、若者たちの「せつない恋の行方」よりも、まるで若者いじめのような現実の中で、坂元裕二さんが若者たちをどう生きさせて行くのか、あるいはどう現実に立ち向かわせて行くのか、これからの物語の行方に強く興味をひかれ、期待して [全文を読む]

高級腕時計は時代遅れか 「趣味で持つものになる」との指摘

NEWSポストセブン / 2015年11月23日07時00分

しかし最近の若者たちから、「自分も高級腕時計が欲しい」という声はあまり聞かれない。携帯電話の登場によって、腕時計をつけない人が増えたとはいえ、“デキる大人”の象徴でもあった高級腕時計への憧れさえもなくなってしまったのだろうか。『恋愛しない若者たち ~コンビニ化する性とコスパ化する結婚』(ディスカヴァー21)を上梓したばかりのマーケティングライターの牛窪恵さ [全文を読む]

橋本愛、正念場は今でしょ!!

NewsCafe / 2014年08月03日18時00分

橋本は今クールのドラマでは「若者たち2014」(フジテレビ系)に出演している。 「その中での演技ならぬ"艶技"で本領を発揮しました」 橋本の役は、妻夫木聡(33)が長男を演じる貧乏一家の四男役・野村周平(20)が通う予備校に在籍する女子高生。「あまちゃん」を彷彿とさせるセーラー服姿でコスプレファンを喜ばせていると聞く。 「肝心なのは服装ではなく役。橋本は [全文を読む]

ANA×AKB48共同プロジェクトがスタート

JCN Newswire / 2013年04月10日16時07分

『Challenge for ASIA by ANA×AKB48』プロジェクトを開始し、アジア地域の若者たちの挑戦を応援しますTokyo, Apr 10, 2013 - (JCN Newswire) - ANAとAKB48は、日本を含めたアジア地域で活躍する若者たちを応援する共同プロジェクト 『Challenge for ASIA by ANA × AKB [全文を読む]

マルチ商法に参入する若者たちに「目を覚ませ」では何も解決しない

週プレNEWS / 2012年06月20日10時00分

底なしの不況で雇用状況も悪化するなか、「マルチ商法(マルチレベルマーケティング=MLM)」に参入する若者たちが増えている。だがMLMは、安定とはほど遠い世界のはず。なぜ、彼らは参入してしまうのか。 社会学者の鈴木謙介氏は、「MLMそのものがいいか悪いかという議論はあえておいておきますが」という前提で、次のように指摘する。 「接客業などのサービス業は、労働生 [全文を読む]

米国の薬物乱用による10代若者の死者数、16年で倍増

Forbes JAPAN / 2017年08月19日10時00分

そうした中で、10代後半の若者たちによるこれらの薬物の過剰摂取とそれによる死者数が、1999~2015年の間に倍増していたことが分かった。1999年にオピオイド系薬物の過剰摂取で死亡した15~19歳の若者は人口10万人当たり1.6人だったが、2007年には同4.2人に増加。その後、2007~2014年の間には26%減少、同3.1人となったが、2015年には [全文を読む]

余命宣告を受けた大林宣彦監督の戦争映画が12・16公開

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年08月18日17時35分

本作は、檀一雄の小説「花筐」に基づき、1941年の佐賀県唐津市を舞台に戦禍を生きた若者たちの青春群像を描く物語。絢爛豪華なヤマと呼ばれる巨大な山車を曳き回す唐津の祭り「唐津くんち」の全面協力を得て製作された。 主人公・榊山俊彦に『その日のまえに』(2008)、『野のなななのか』(2013)などで大林監督と組んだ窪塚俊介、俊彦が憧れを抱くたくましい美少年・ [全文を読む]

留学が日本を救う オールジャパンで日本を変える国家プロジェクト「トビタテ!留学JAPAN」(後編)

NewSphere / 2017年08月14日09時00分

しかし、今の若者たちの「内向き思考」と、長く続く景気低迷のあおりを受け、日本の若者の留学実績は、諸外国に比べて低水準で推移しているという。 そんな状況を打破しようと、2014年に始まった「トビタテ!留学JAPAN」という官民共働の国家プロジェクトをご存知だろうか?高校生や大学生が自分で立てた留学計画を、民間企業の寄付金で全面的にバックアップするというプロジ [全文を読む]

話題のカーアクション映画『ベイビー・ドライバー』主演アンセル・エルゴート登場! 『GQ JAPAN』2017年9月号(7月24日発売)

PR TIMES / 2017年07月21日11時00分

特集では、クルマ好きな若者たちをフィーチャー。ミレニアル世代はクルマにどんな理想を描くのか? 別冊付録は三越ワールドウオッチフェアに連動した「“明日”のヴィンテージ時計」。 [画像: https://prtimes.jp/i/930/383/resize/d930-383-169254-0.jpg ] ■【COVER STORY】話題のカーアクション映画『 [全文を読む]

窪田正孝&間宮祥太朗ら「DISH//」とユニット結成!「僕やり」イベントでライブも

CinemaCafe.net / 2017年07月06日08時00分

高校生のトビオたちは、何事も“そこそこ”で生きていければいいと思っている、イマドキの若者たち。しかし平穏だった日常は、とある事件をきっかけに激変する。ある日、通っている学校の向かいにあるヤンキー高校の不良たちに、仲間をボコボコにされてしまったトビオたちは、ちょっとしたイタズラ心で、復讐を企てる。「ちょっとビビらせてやろう!」そんなつもりだったはずが…計画実 [全文を読む]

フォーカス