吉本興業のニュース

台湾に新拠点、吉本興業・大﨑社長が明かすアジア戦略

Forbes JAPAN / 2017年06月10日12時00分

台湾の台北市に、吉本興業のお笑いやアートなどのコンテンツを発信する拠点、「華山Laugh&Peace Factory」がオープンする。その記者発表が行われることを聞きつけた現地の報道関係者と、情報通のブロガーたちが詰めかけたのだった。ブロガーたちにはメディアよりも前列の席が用意され、イスの背に貼られた紙には「VIP」の文字。台湾ではフェイスブックを使う割合 [全文を読む]

<フジテレビ「ENGEIグランドスラム」の無駄遣い>なぜ「ナインティナイン」は漫才をやらないのか?

メディアゴン / 2015年06月04日07時20分

<2>出場者寸評[ブラックマヨネーズ](吉本興業)彼らが優勝した2005M-1決勝のネタ。使い回し。吉田は、やっぱり肌が思った以上に汚い。笑いに落とし込めるレベルじゃなく汚い。それは、人前に露出する芸人としては致命的なので、可哀想なのだが。[オードリー](ケイダッシュステージ)筆者は見たことのないネタだったが、オードリーの漫才はこの1種類しかない。何をやっ [全文を読む]

「吉本芸人の“紳助復帰希望発言”は会社の指示?」の証言

NEWSポストセブン / 2012年01月06日16時00分

1月4日、吉本興業の大崎洋社長(58)は、創業100周年記念イベントの発表記者会見で、昨年芸能界を引退した島田紳助(55)について「いつの日か吉本興業のもとに戻ってきてもらえるものだと信じております。これは私たち全社員、全タレントの思いでもあります」と発言した。その後、吉本興業所属のパンクブーブー、あべこうじ、板尾創路らが、別の記者会見にて、大崎社長と同様 [全文を読む]

吉本だらけの「M-1グランプリ」の漫才は昭和に回帰する?

メディアゴン / 2016年12月09日07時30分

優勝は銀シャリ(吉本興業)であった。決勝進出の和牛(吉本興業)もスーパーマラドーナ(吉本興業)もマンザイはとてもうまく、その実力差は僅差であったと思われる。しかしながら、気になることをいくつかあった。最後にステージにいた司会の今田耕司、審査員のオール巨人、中川家・礼二、博多大吉、松本人志、そして決勝進出の3者すべて吉本興業である。違う事務所は審査委員の上沼 [全文を読む]

“逸材不在“で潤っている!? 吉本興業がつぶれないワケ

tocana / 2015年06月10日08時00分

明石家さんま、ダウンタウン、ナインティナインなど、テレビ番組でメインMCを張る芸人を数多く擁する吉本興業。しかし、島田紳助の引退や劇場収入の減少、各タレントの番組出演減少などにより、経営危機まで叫ばれたこともある。一体、現在の吉本興業の懐具合はどのようなものなのか、業界関係者に話を聞いた。 「吉本興業はかつてのダウンタウン最盛期だったころに比べれば、タレン [全文を読む]

島田紳助氏「復帰まだキツイ…」引退突きつけた吉本社長が語る、吉本の裏歴史と真実

Business Journal / 2013年07月11日06時00分

吉本興業・大崎洋社長の『笑う奴ほどよく眠る 吉本興業社長・大崎洋物語』(幻冬舎/常松裕明)だ。 大崎社長は関西大学社会学部卒業後、吉本興業に入社。1980年に上司であった“ミスター吉本”木村政雄氏と共に東京支社に異動。80年代の漫才ブームを支え、その後、ダウンタウンと出会い一時代をつくる。新人タレント養成所である吉本総合芸能学院(NSC)、心斎橋筋2丁目劇 [全文を読む]

吉本興業が2018年度の新卒募集スタート! エンターテインメント業界で裏方の星を目指せ

ガジェット通信 / 2017年03月28日11時30分

吉本興業が2018年度の新卒募集を開始した。 吉本興業と言えばダウンタウンや西川きよしなど6000人以上のタレントを抱える、お笑いにかけては日本最大の総合エンターテインメント企業。 エンターテイメント業界ではタレントの存在がクローズアップされがちだが、彼らの活躍もそれを支えるマネージャーや運営スタッフら裏方があってこそ。 吉本興業においても創業者の吉本せい [全文を読む]

極楽とんぼ・山本圭壱、新たに“ヤバい過去”が浮上する? 大騒動に発展する可能性

tocana / 2016年08月14日09時00分

だが、番組内ではそのまま『めちゃイケ』に復帰するわけではなく、かつ吉本興業への復帰もないことが打ち明けられている。放送後、10年経っても山本が完全復帰とはいかない理由を業界関係者が打ち明けてくれた。 「事件から10年も経ち、和解も済んでいるために禊は十分という声も多いのは事実です。さらに山本の相方である加藤浩次は帯番組『スッキリ!!』(日本テレビ系)のMC [全文を読む]

吉本興業社長が核心激白「紳助の復帰」(1)突発引退の舞台裏では…

アサ芸プラス / 2013年04月26日10時00分

本誌はその核心を知る吉本興業社長を直撃。紳助の“引退劇の舞台裏”から“極秘復帰交渉”の全てが明らかとなった。 紳助の引退は、僕にとっても本当に苦い出来事でした。正直、寂しい思いもあります。確かに紳助は“お茶の間の顔”として許される一線は越えてしまったのかもしれません。だからこそ自分で芸能界を引退する決断をしたわけです。ただ、紳助は決して法を犯したわけではな [全文を読む]

大阪府警「暴」刑事が語り尽くした山口組と芸能界(2)ほんま警察むかつきますね

アサ芸プラス / 2013年03月13日09時58分

それが何らかの形で吉本興業にもたらされた、と祝井たちは見る。 裁判は渡辺らに一審無罪、高裁で逆転有罪となる。メール記録の流出、さらに紳助の引退会見は、まさしくこの高裁判決の時期と重なるのである。そこに謎解きのヒントがあるかもしれない。 一方、大阪府警の祝井たちは、紳助と同じ吉本興業グループの漫才師、中田カウスの関係捜査もしてきた。吉本興業で権勢を振るってき [全文を読む]

島田紳助「日テレ独占復帰」密約をスッパ抜く(1)紳助の番組を継続させる

アサ芸プラス / 2012年01月24日10時56分

吉本興業トップが堂々と復帰希望を口にした波紋は広がるばかりだが、すでに「独占契約」に動いているテレビ局まであるというのである。 テレビ各局では、4月の番組改編に向けてスタッフたちが動き回っている。 芸能界に島田紳助(55)が在籍していた時代の看板番組「行列のできる法律相談所」と「人生が変わる1分間の深イイ話」を放送する日本テレビも例外ではなかった。 事情を [全文を読む]

吉本興業社長 身勝手な都合を臆面もなくゴリ押しするコツ

NEWSポストセブン / 2012年01月13日16時00分

それからわずか5か月弱の今年1月4日、吉本興業の大崎洋社長が、イベントの発表記者会見で、紳助さんについて、「いつの日か吉本興業のもとに戻ってきてもらえるものだと信じております。これは私たち全社員、全タレントの思いでもあります」と発言しました。 あのとき、今思えば妙にあっさり引退させていましたが、最初から「ま、ほとぼりが冷めたら復帰させればいいし」と思ってい [全文を読む]

吉本社長の会見契機に紳助と暴力団の捜査本格化するとの予測

NEWSポストセブン / 2012年01月09日16時00分

誰もが驚いた、吉本興業社長の「紳助復帰」発言。芸能界と暴力団の関係を追っている捜査関係者も、「紳助の暴力団との絶縁が確認されていない段階で復帰を語るとは、コンプライアンス意識の欠如としか言いようがない」と語っているという。さて、警察はどう出るか。危機管理専門家であるリスク・ヘッジ代表の田中辰巳氏が解説する。* * *年明けの1月5日、暴力団の犯罪被害者や警 [全文を読む]

中田敦彦の松本人志批判騒動、吉本が否定…「社長が謝罪命令の事実ない。問題視せず」

Business Journal / 2017年05月30日20時00分

お笑い芸人の中田敦彦(オリエンタルラジオ)が、5月28日放送のラジオ番組『らじらー! サンデー』(NHKラジオ第1)のなかで「(吉本興業の)幹部と社長に、いま僕は『謝れ』と言われている」と発言したことが話題を呼んでいる。 謝罪指示は、中田が先輩の松本人志(ダウンタウン)を暗に批判する発言をしたことに対してなされたとされている。 2月に脳科学者の茂木健一郎氏 [全文を読む]

NTTぷらら×吉本興業の新・映像配信サービス 関西の放送局と連携した「大阪チャンネル」の提供開始について

PR TIMES / 2017年04月18日14時30分

劇場公演の独占ライブ配信も!~株式会社NTTぷらら(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:板東浩二、以下NTTぷらら)と吉本興業株式会社(本社:大阪府大阪市中央区、代表取締役社長:大崎洋、以下吉本興業)は、2017年4月25日(火)より、関西の放送局と連携した映像配信サービス「大阪チャンネル」の提供を開始します。[画像1: https://prtimes.j [全文を読む]

近大、吉本興業、オムロン、NTT西日本が共同で行う 「笑い」の医学的検証研究がスタート 「笑い」のストレスマネジメント開発をめざす

PR TIMES / 2017年02月15日17時20分

近畿大学(大阪府東大阪市)、吉本興業株式会社(大阪府大阪市、以下吉本興業)、オムロン株式会社(京都府京都市、以下、オムロン)、西日本電信電話株式会社(大阪府大阪市、以下、NTT西日本)は、「笑い」の医学的検証を行い、「笑い」の測定方法と、「笑い」の習慣が身体や心理的健康に与える効果を解明するため、共同で研究を行うことになりました。 近畿大学と吉本興業は平成 [全文を読む]

中居正広はやっぱり吉本入り!? 中居独立説の信憑性は?

tocana / 2016年12月07日08時00分

さらに別の報道では移籍先として吉本興業の名前も挙がっている。これらの報道を受けて業界関係者に中居正広の今後を聞いた。「本気で独立を目指すならば権利放棄はあり得る話です。これまでに比べれば減るものの、カラオケ印税やCD印税などのお金が事務所には入るので、それを手切れ金として受け取ることでジャニーズ事務所が中居さんの独立を認める可能性はあります」(芸能プロダク [全文を読む]

桂文枝 20年不貞関係の“何を今さら”女性遍歴(2)師匠が女性を落とすテクニック

アサ芸プラス / 2016年03月05日17時57分

吉本興業関係者がアキレ顔で語る。「師匠の若い娘好きは有名で、マネージャーに若い女性をつけるのは、吉本での常識です。スタッフの打ち合わせなどの飲食代を気前よく支払うし、フェミニスト。マメで優しいので若い娘から好かれるんですよ」 かつて文枝と関係のあったタレント女性を知る人物が明かす。「彼女は大阪ローカルの文枝のレギュラー番組でエキストラというか、『その他大勢 [全文を読む]

加藤浩次の危機「山本はただの条例違反」“失言”が波紋 情報番組MCの資質欠くとの批判も

Business Journal / 2015年02月11日00時00分

所属事務所の吉本興業が、その責任問題をテレビ局に投げかけているという。 今月7日に放送されたテレビ番組『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)内で加藤は、山本が芸能活動休止に至る原因となった06年の少女淫行事件について「ただの条例違反だよ」と言及。森田哲矢(さらば青春の光)とのやりとりで、森田の相方・東口宜隆が先輩芸人・和田貴志(鬼ヶ島)の妻を寝取るとい [全文を読む]

萩本欽一に泥を塗った元極楽・山本圭壱、芸能界復帰は絶望的か「欽ちゃんがノーリアクションで……」

日刊サイゾー / 2015年01月22日00時00分

かつて山本が所属していた吉本興業の関係者らも、『欽ちゃんが復帰を後押ししている』と、一時騒然となったといいます」(お笑い関係者) 萩本ほどの大物がわざわざ駆けつけたともあれば、本格復帰は円滑に進むだろう。しかし、後に萩本の所属事務所関係者がこれを否定。萩本が劇場を訪れたり、花を贈った事実はなく、それどころか事件以降、一度も山本と接触していないという。 「欽 [全文を読む]

フォーカス