イエローカードのニュース

<サッカー>日本を再び襲った「不可解ジャッジ」に中国人も不満!=問題の主審は中国とも因縁が…―中国メディア

Record China / 2016年09月07日11時50分

2016年9月7日、新浪体育は、サッカー日本代表の選手の“好意”があだとなり、イエローカードを受けたと伝えた。 6日に行われたワールドカップ(W杯)アジア最終予選第2戦、アウェーでタイと対戦した日本は、原口元気と浅野琢磨のゴールにより2−0で勝利を収めたが、思わぬ判定でイエローカードをもらう場面があった。 前半に日本が1−0とリードした状況で、DFの森重真 [全文を読む]

“飼い犬税”導入? 大阪・泉佐野で「放置ふんGメン」がフン闘中

週プレNEWS / 2013年03月17日12時30分

Gメンの仕事ぶりを見て、『放置しても、あの人たちが回収してくれるから大丈夫や』と考える飼い主が多かったようです」(環境衛生課担当者) そこでGメンたちは新たに渦巻きうんこのイラストに禁止マークが入ったイエローカードを作成。放置ふんのそばに重しやピンで固定し警告する作戦に乗り出した。 「毎日の散歩コースが辺り一面イエローカードだらけになれば、マナー違反の飼い [全文を読む]

AKB小嶋「SNSのあざとい写真」を、メンバー猛批判

日刊大衆 / 2017年02月28日18時05分

実際にツイッターに投稿した、ストッキングが伝線したと報告しつつ美脚をアピールする写真が紹介されると、小嶋は必死に言い訳したのだが、他のメンバーから嘘だとツッコまれてしまい、いとうから2枚たまると退場させられるイエローカードを出されてしまった。 さらに、いとうが「すっぴんのように見える写真を投稿する人もNG」と語ると、中西が「あんりん(入山)のすっぴん姿は、 [全文を読む]

【六川亨の日本サッカー見聞録】今シーズンの判定基準で難しいのはホールディングの判断

超ワールドサッカー / 2017年02月24日11時00分

▽昨シーズンの傾向として、ラフプレーによるイエローカードが増えたこと、昨年夏に導入されたPKの際に、守備側がボールへのアタックから反則を犯した場合は、これまではレッドカードだったのがイエローカードに変更されたものの、GKは認識していたがフィールドプレーヤーは認識が不十分な選手がいたこと、ヘディングの際に手を使う選手が増えたので今シーズンは注意した、とのこ [全文を読む]

さんま「MVPはレフェリー」で、サポーターからの信頼回復?

日刊大衆 / 2016年12月22日21時00分

この試合では、すでに1枚イエローカードをもらっているレアルのセルヒオ・ラモス選手(30)が、後半終了間際に鹿島の金崎夢生選手(27)を倒し、ファールとなる場面があった。レフェリーは一瞬イエローカードを取り出すような動きを見せたものの、結局ラモスに2枚目のイエローカードを出さずじまい。そのまま試合は継続され、鹿島は敗北。レアルに退場者が出ていれば戦況も変わっ [全文を読む]

南アフリカの選手が“不気味な足技”でイエロー受ける

ゲキサカ / 2016年10月28日01時20分

南アフリカ1部リーグ(PSL)の選手が足技を見せただけでイエローカードを受ける珍事が発生した。英『ザ・サン』が伝えている。 事件が起こったのは、23日に行われたバロカとプラチナムの一戦だった。後半36分、左サイドでボールを持ったフリーのバロカFWシポー・モエティが内股で両膝を折り曲げるようにしてボールをストップ。さらに奇妙なステップでボールの上をまたぐよう [全文を読む]

4点を奪った松本、9人の讃岐に快勝《J2》

超ワールドサッカー / 2017年04月29日20時16分

李栄直は既にイエローカードを1枚受けていたため、このプレーで退場となってしまうに。これで得たPKを高崎が冷静に流し込んで、松本が追加点を決める。 ▽しかし、讃岐の悲劇はこれだけでは終わらなかった。67分、エブソンがボックス手前で石原を倒してしまう。直前にイエローカードを受けていたエブソンはこのプレーでもイエローカードを提示され退場。讃岐は残りの時間を9人で [全文を読む]

バルセロナ、シミュレーションから警告を受けたネイマールのカード取り消しを訴える

超ワールドサッカー / 2017年01月21日13時51分

▽バルセロナがブラジル代表FWネイマールのイエローカード取り消しを求めて競技委員会に訴えたようだ。スペイン『アス』が報じている。 ▽バルセロナは19日、コパ・デル・レイ準々決勝1stレグでソシエダと対戦。敵地での一戦は21分にネイマールが獲得したPKを自ら決めてバルセロナが先制する。迎えた54分、再びボックス内でGKとの接触から倒れたネイマールだったが、レ [全文を読む]

波紋呼ぶ疑惑の判定…C・ロナウドとS・ラモスが主審の“寸止めイエロー”を嘲笑?

ゲキサカ / 2016年12月20日10時21分

ザンビア人のジャニー・シカズ主審は、胸元から一度はイエローカードを取り出そうとしながらも、それをポケットから出すことはなかった。この判定に鹿島側は猛抗議。GK曽ヶ端準も主審に詰め寄っていた。 この場面で『ミラー』は、「クラブW杯決勝で審判が2枚目のイエローカードを出さなかったことにクリスティアーノ・ロナウドとS・ラモスが笑っていた」とスペインメディアが主張 [全文を読む]

バーディ退場のレスター、未勝利アウェー戦で0-2から追いつき勝ち点1掴み取る

ゲキサカ / 2016年12月18日02時00分

その後、球際で激しくいったが、ことごとく主審に止められ、レスターはPKを献上したシンプソンを含めて前半だけで5枚のイエローカードを受けた。 余裕の試合運びをみせるストークは前半アディショナルタイム3分、右サイドのPA手前でFKを獲得すると、DFグレン・ジョンソンが横に蹴り、後方から走り込んだMFジャネリ・インビュラが左足シュート。ニアを狙ったシュートは右ポ [全文を読む]

「絶対に試合に絡む」麻也&森重が累積リーチのCB陣、植田と丸山が決意の始動

ゲキサカ / 2016年10月02日23時22分

ハリルホジッチ監督は9月29日のメンバー発表会見で「我々のDFはすでに3人がイエローカードをもらっているので、その準備もしておかないといけない」と説明。最終予選は累積2枚で次戦が出場停止になるが、9月1日のUAE戦(1-2)でDF酒井宏樹とDF吉田麻也、同6日のタイ戦(2-0)でDF森重真人とGK西川周作が警告を受けており、センターバックは吉田と森重のレ [全文を読む]

旅人必見!世界を旅するバックパッカー・旅人の生態がわかる用語15選

TABIZINE / 2016年05月28日07時30分

イエローカード 一般的に「イエローカード」というとスポーツの試合での「警告」のことですよね。でもバックパッカーの世界では違います。バックパッカーにとっての「イエローカード」とは、黄熱予防接種の国際証明書のこと。南米やアフリカを中心にこの証明書がないと入国できない国があるため、日本や接種費用の安いタイなどで予防接種を受けておくのが一般的です。 LCC 「L [全文を読む]

寿人に6年ぶりイエローカード…スタンドどよめく

ゲキサカ / 2015年11月07日19時24分

[11.7 J1第2S第16節 G大阪-広島 万博] サンフレッチェ広島のFW佐藤寿人が、7日に行ったガンバ大阪戦の前半33分にイエローカードを貰った。佐藤はMF井手口陽介との競り合いの中でファウル。飯田淳平主審は迷わずイエローカードを掲示した。 佐藤がイエローカードを受けたのは2009年10月25日、J1第30節の川崎F戦の後半36分に受けて以来、実に6 [全文を読む]

「いつも僕だよ」判定に抗議のJ・アルバが連続イエローで退場

ゲキサカ / 2015年04月26日13時43分

9試合負けなし(8勝1分)となり、UEFAチャンピオンズリーグ、コパ・デル・レイを含めた3冠へ突き進むバルサだが、後半9分にはDFジョルディ・アルバが立て続けにイエローカードを受け、退場するアクシデントに見舞われた。 後半9分、左サイドをオーバーラップし、ゴールライン際からクロスを上げようとしたジョルディ・アルバだが、DFに寄せられ、ボールはそのままゴー [全文を読む]

ブラジルの“クラシコ”で大乱闘…イエロー11枚に、驚きの4選手同時退場

ゲキサカ / 2015年03月23日17時44分

しかし、前半だけでイエローカードが4枚出ていた試合は、後半に入ると荒れに荒れまくる。 後半に入りイエローカード7枚が乱れ飛ぶと、試合終盤に荒れた試合を象徴する出来事が起きた。カウンターを仕掛けたバスコの選手が背後からフラメンゴの選手に倒されると、両チームが入り乱れる大乱闘に発展する。 そして乱闘が収まると、試合を裁いていたジョアン・バチスタ主審は、フラメン [全文を読む]

ブラン監督がイブラのタトゥーパフォに苦言「代償としてイエローカードを受けた」

ゲキサカ / 2015年02月18日07時21分

しかし、イエローカードを受けることとなったこのパフォーマンスを、パリSGのローラン・ブラン監督は快く思っていない。「彼がWFPと提携していることは知っていた。何人かのタトゥーを入れたことまでは知らなかったけどね」と、フランス人監督は「スカイスポーツ」に語り、苦言を呈した。 「タトゥーを見せるという目的は、達成できただろう。世界中のどのウェブサイトでも、一 [全文を読む]

アギーレ監督、8分間に渡って選手を褒める

ゲキサカ / 2015年01月18日20時45分

指揮官は、イラク戦でホールディングのファウルを取られ、イエローカードを受けたMF清武弘嗣とMF今野泰幸の件についても言及した。 アジアサッカー連盟(AFC)の公式サイトによると、イエローカードの対象となったファウルの中でホールディングとシミュレーションには罰金を科しており、ホールディングは2000ドル(約23万5000円)、シミュレーションは4000ドル [全文を読む]

長友が試合壊す…監督は最下位相手の大敗を謝罪「ファンに申し訳ない」

ゲキサカ / 2014年09月29日11時17分

長友は今季初めてキャプテンマークを巻いてピッチに立ったが、前半27分にこの日2枚目のイエローカードを貰ってしまい、退場処分を受けた。 長友が試合を壊してしまった。1失点目にも絡んだ長友は、前半25分にまずは相手のユニフォームを引っ張ったとしてイエローカードを受ける。さらに2分後の27分、FWアンドレア・コッスに対しチェックを入れると、主審は迷わず長友にこの [全文を読む]

ワールドカップ決勝戦、ドイツがアルゼンチンを1-0で破り6大会ぶりの王者に!

インフォシーク / 2014年07月14日04時00分

アルゼンチンはこれで3人の交代枠を使い切る 後半36分:アルゼンチン、左サイドから展開し中央でメッシ受けパスもアグエロがピッチに足をとられ転倒 後半36分:ドイツ、右サイドからのクロスに中盤から飛び出してきたトニ・クロースがミドルも枠の外 後半35分:ドイツ、CKから波状攻撃もアルゼンチン必死の守り 後半33分:アルゼンチン、メッシがドリブルで仕掛けるもパ [全文を読む]

ワールドカップ3位決定戦、ブラジルvsオランダ戦は後半アディショナルタイムにオランダがダメ押しの3点目を奪い3位に。

インフォシーク / 2014年07月13日04時00分

ブラジルはこれで3人の交代枠を使い切る 後半24分:オランダ、ブリンとの負傷退場でヤンマートに交代 後半23分:ブラジル、オスカルがPA内で倒されるもシミュレーションと判定されイエローカード 後半18分:ブラジル、マイコン倒されPAの前でFK。ダヴィド・ルイスのキックはキーパー正面 後半14分:ブラジル、ラミレスのシュートは枠を外れる 後半11分:ブラジル [全文を読む]

フォーカス